牛、豚、鶏、羊、鴨、馬、鹿・・・ちょっとずつ、いろんな肉料理が食べられる「肉の聖地」を発見した!

2017年09月08日
カテゴリ
トレンド
  • 神戸
  • ワイン
牛、豚、鶏、羊、鴨、馬、鹿・・・ちょっとずつ、いろんな肉料理が食べられる「肉の聖地」を発見した!
Summary
1.『NIKU SPECIALITE Macra』の2号店が神戸トアウエストにオープン
2.あらゆる肉のうまみを、様々な調理法で、少しずつ! 和モダンな空間も魅力的
3.ソムリエ兼オーナーシェフがおすすめするワインとのペアリングを

扱う肉は牛、豚、鶏、羊、鴨、馬、鹿などバラエティに富んでいる!

黒い縦格子が配された和の趣が漂う店構え。通行人が、何かと気になり格子から中を覗き込んでいる。こちらは神戸トアウエストに2017年6月10日にオープンした『NIKU SPECIALITE Carma.』(ニク スペシャリテ・カルマ)だ。

扉を開けると、寿司屋を思わせるような木製のカウンターが目を惹く。BGMには軽快なジャズが流れ、カウンター越しにワインがそろえられているセラーが鎮座。日常から離れ、洗練された和モダンの空間で、おいしい料理と一緒にくつろぐ憩いのひと時を過ごしたい…、そう願う大人にぴったりの雰囲気だ。

『カルマ』はすぐ近くにある『NIKU SPECIALITE Macra』(ニクスペシャリテ・マクラ)の2号店。「『カルマ』も『マクラ』も思いは同じ。牛、豚、鶏、羊、鴨、馬、鹿などあらゆる肉を、様々な調理法で、ちょっとずつ、いろんなワインと共に味わっていただくことを大切にしています」と語るのは、オーナーシェフの柳政宏さんだ。

柳さんは、東京で約10年のレストラン修業を経て、地元・関西に戻ったのち、1号店の『マクラ』を立ち上げて約4年経過。よりゆっくりとした時間を過ごせるような2号店をオープンさせることになった。ふと胸元を見ると、ソムリエバッジが光り、これはワインへの期待も高まる。

厳選したお肉はビジュアルだけでもおいしそう!

扱っている肉の一部を見せてもらった。写真上は広島県神石牛(じんせきぎゅう)のサーロイン(右)、信州桜井和牛のフィレ(中)、北海道蝦夷鹿のロース(左)。

鹿肉はサシが一切入っていない、これぞ赤身!というビジュアル。宝石のように輝く艶感、持つとやわらかくしなる弾力に、肉質のよさが感じられる。

神石牛は広島県にある『なかやま牧場』で育てられた黒毛和種。高い標高にある牧場は、風通しがよく、ストレスのない環境でのびのびと育てられているとか。トウモロコシが多く配合された飼料により、甘めの肉質が楽しめる。

一方、桜井和牛は、甘みとやわらかさ、さっぱりとした脂が特徴だという。

肉を多彩な調理法で鮮やかにアレンジ

1号店ではアラカルトもそろえるが、2号店の『カルマ』は、おまかせコースのみを扱うのが大きな違い。コースは「龍」と「桜」の2種があり、前菜、握り、揚物、煮物、焼き物、〆などで構成されている。

前菜は「広島県 神石牛 サーロインと生ウニ パルミジャーノ出汁」(写真上)。神石牛のサーロインを約4時間かけて低温でじっくりと火を通したローストビーフの上に、佐賀・唐津産の赤ウニがのせられている。

周りには、パルミジャーノでとっただしに葛でとろみをつけた白いスープがたっぷり。口に入れた瞬間、ローストビーフと赤ウニがとろけ、肉の甘みと芳醇な磯の香りが広がる。

続いて、スープを飲むとパルミジャーノの濃厚な風味が混ざり合い、絶妙なバランスを奏でる。「ホースラディッシュではなくワサビで和風に仕上げましたが、ワインに寄り添うようにチーズのだしにしました」と柳さん。

こちらにはフランス・ブルゴーニュのドメーヌ『レイモン・デュポン・ファン』のシャルドネとどうぞ。「ほどよい樽感、コクがあり、肉の赤身と熟成したチーズの味を引き立ててくれますよ」と柳さん。

広島の「神石牛サーロイン」の握りとキャビアのバランスがたまらない!

握りは「広島県 神石牛 サーロインの握り キャビア」(写真上)。店名が焼印で施された特製の桜の板皿で登場。神石牛サーロインを炙り、上には卵黄、醤油、みりんなどで調味した黄身醤油が添えられている。さらに、フィンランド産キャビアがトップでキラキラと輝きを放つ。

サーロインの口でとろけるような繊細な甘さ、濃厚な黄身醤油が引き立て、プチプチとしたキャビアが口の中で弾けて…あぁうまい!

ワインはフランスアルザス地方より、『エミール・ベイエ』のリースリングをチョイス。甘みがあって、握りの肉の甘さと卵の濃厚さと相性抜群。「でもリースリングはすっきりしているので、握りの邪魔をしないですよ」とのこと。

揚物は「牛タンのカツレツ 貴腐ワインとマスタードのソース」(写真上)。アメリカ産の牛タンの表面を炙ったのち、約10時間かけてオーブンでゆっくりじっくり火を入れる。かなり厚みがあるが、時間をかけることでミディアムレアに。中はタンならではのサクサクとした食感も楽しめる。

牛タンにはフランス・ブルゴーニュの『リュシアン・ミュザール』のピノ・ノワールを合わせて。「熟成した香りが、牛タンの香りと好相性です。タンニンは優しく、甘みもあるので、貴腐ワインと合わせたマスタードのソースともマッチしますよ」(柳さん)。

肉の塊を華麗に、香ばしく焼きあげる調理ワザもおいしさを引き立てる

カウンター越しに柳さんが華麗な手さばきで焼き上げ、芳しい香りと共に現れたのは、メインの焼き物「信州 桜井和牛 フィレのステーキ」(写真下)。

霜降りの割合も多い肉質は、ジューシーな甘みが魅力。まろやかなうまみのイギリス・マルドンの塩、またはワサビをつけて楽しみたい。

こちらには、カリフォルニア・ナパバレーの『Sixteen by Twenty』のカベルネ・ソーヴィニヨンをチョイスしよう。「果実味が濃く、渋みが少ない、樽香があり、フィレの繊細な甘みを引き立てます」(柳さん)。

ワインは約70~80種! ペアリングを楽しむのがツウ

ワインは様々な生産国から約70~80種を、『カルマ』の肉料理、構成に合うようラインナップ。グラスワインは常時8~10種あるので、今回ご紹介したように、コースに合わせてペアリングを楽しむのもよさそうだ。

「ちょっとずつ、おいしいお肉を、和モダンな空間で食べていただく。そんな贅沢な時間を過ごしていただけたらと思います」と柳さん。大人だからこそ楽しめる上質な一軒の誕生だ。

(メニュー)
コース 龍 8,500円
コース 桜 5,500円
グラスワイン 1,100円~
※価格は税別


(文・取材/茶野真智子 撮影/前田博史)

NIKU SPECIALITE Carma(ニク・スペシャリテ カルマ)

住所
〒650-0012 兵庫県神戸市中央区北長狭通2-7-12
電話番号
078-599-7523
営業時間
18:00~24:00 ※ランチタイムは予約のみ対応可能
定休日
不定休
公式サイト
https://www.kobe-carma.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

イギリスの名車・ジャガーからのXmasプレゼント! 『レフェルヴェソンス』のディナーという特別な夜
イギリスの名車・ジャガーからのXmasプレゼント! 『レフェルヴェソンス』のディナーという特別な夜

1.マッキー牧元さん、高山都さん、斉藤アリスさんが大人気の名店『レフェルヴェソンス』でいただいたのは? 2.南青山でなかなか予約が取れないこの店のディナーにイギリスの名車・ジャガーがご招待 3.12月5~8日の各日1組限定で1人分の食事代をジャガーが負担。世界からゲストが訪れる生江史伸シェフの料理を

松尾大
くるなびエディトリアルプロデューサー
感動! フランス国家最優秀職人章(M.O.F)シェフの味が気軽に楽しめる「日本流ビストロ」が誕生
感動! フランス国家最優秀職人章(M.O.F)シェフの味が気軽に楽しめる「日本流ビストロ」が誕生

1.フランス国家最優秀職人章の称号を持つシェフが自身の名前を店名にしたこだわりビストロを、新丸ビルにオープン 2.さすがとしか言いようがない! M.O.Fを授与されたシェフの料理は、比類なき異次元の世界 3.ハイレベルな料理とワインを営業時間中いつでもいただける幸せ

高橋綾子
フードパブリシスト