圧倒的な人気をほこる広尾・日赤通りの隠れ家イタリアン『イル テアトリーノ ダ サローネ』

2017年9月4日に特設サイトがオープン、10月11日~24日の約2週間に渡って開催される「TOKYO RESTAURANT WEEK」に参加する人気店の中からdressingが選りすぐったレストランを紹介する。

カテゴリ
トレンド
  • 広尾
  • イタリアン
  • ワイン
圧倒的な人気をほこる広尾・日赤通りの隠れ家イタリアン『イル  テアトリーノ ダ サローネ』
Summary
1.日本国内でも特に評価が高いイタリアングループの東京における旗艦店
2.海外から見た日本を意識しつつも、料理の中身は正統派イタリアン
3.ディナーとまったく同じメニューがランチだとお得に食べられる

横浜の『サローネ2007』をフラッグシップとして、東京、大阪にも展開し、計6店舗全てが高い人気を誇るイタリアン、サローネグループ。東京ではこの『イル テアトリーノ ダ サローネ』の他に『ビオディナミコ』『バカリ ダ ポルタ ポルテーゼ』『ロットチェント』と4店舗あるが、こちらはその中でもっともハイクラスなリストランテとして位置づけられる。

都会の中の隠れ家リストランテ

六本木通りを高樹町の交差点で日赤通りに入り、通り沿いのビルの地下。知らないと通り過ぎてしまうような隠れ家的な場所にこの店はある。店内に入っても、暗めの照明が隠れ家感を強め、昼なのか夜なのかさえわからない、特別な場所にきたという印象を強くする。

「日本」を意識した店内

重厚感のあるインテリアは「ヨーロッパの人々がイメージする日本」がテーマ。木目が目立つテーブルや流木を使ったメニュースタンド。料理の盛り付けも自然の石を使うなどし、日本庭園を意識したものが登場し、皿もほとんどが日本の製品だ。
料理にイタリアで使われていない素材は使わず、食べたらイタリアン以外の何物でもないからこそ、あえて目に入るものは日本を意識している。

新しいシェフの本領が発揮される秋

4月から新しくシェフとなった山口智也さんは、30歳という若さ。ピエモンテを中心にウンブリアなどでも研鑽を積んできた。特に、ピエモンテの修業先は6種類のなかから選べるパスタのうち5種類がラビオリだったという典型的な北イタリアのリストランテであっただけに、少し肌寒くなるこの季節からがシェフの本領が発揮される時季だろう。

イタリアの止め椀?

シェフのおすすめはコースの最後に登場するトルテッリーニ イン ブロード。イタリアでは、セラータと呼ばれる、ボリート・ミストを食べる日のコースの最後に登場するメニュー。現地では、ボリート・ミストの茹で汁にパスタを浮かべ、日本料理における止め椀のような存在。こちらの店では、4種類の肉と野菜をベースとしたブロードにトリュフの入ったトルテッリーニを。クリエイティブな9皿のコースの最後にほっとする一品だ。

また、サローネグループといえば、アッビナメントと呼ばれるワインペアリングが秀逸なことでも知られるが、これも毎月1日のコース内容変更とともに合わせるワインも切り替えられる。料理の高いレベルの味わいに加え、非常に高いホスピタリティが感じられるからこそ人気が持続しているのだろう。

実は、ランチが狙い目

青山や六本木からほど近く、電車の駅こそ遠いがクルマでのアクセスがいいため、隠れ家として使えるので、個室での接待需要も高い。だが、オトクなのは昼。2時間以上かけて出されるコース料理であるため、ビジネスランチには向かないが、ディナーと同じ内容にもかかわらず、リーズナブルに頂けるということで評判。小さな子供を持つ人が子供を預けることが出来る時間に贅沢な時間が過ごせる場として重宝されている。

まずはランチを経験して、その人気の理由を感じ取っていただきたい。
<メニュー>
コースのみ
昼8,500円(税・サ別)、夜12,000円(税・サ別)
ワインペアリングは、9月は8杯(ワイングラスに通常の半分量くらい)で9,000円(税サ/別)

【TOKYO RESTAURANT WEEK とは?】

10年連続で世界で最も『ミシュランガイド』掲載レストランが多い都市であることが裏付けるようにレストランのレベルの高さは世界トップクラスの街・東京。
そんな【食の都 東京】で、より多くの人に素晴らしいレストラン体験をして頂きたいと、2017年からスタートするのが『TOKYO RESTAURANT WEEK』。

『TOKYO RESTAURANT WEEK』は、都内の人気レストラン、予約困難なレストランでの食事を期間限定価格で楽しめるスペシャルイベント。

参加レストランは各分野で活躍中の総勢21名のレコメンダーによって推薦されたお店や、TOKYO RESTAURANT WEEK事務局の選出による、選りすぐりのラインナップとなっている。
旬の食材をふんだんに盛り込んだ開催期間中だけの限定コースなど、渾身の料理の数々を人気シェフたちが披露。

2017年9月4日10:00より特設サイトもオープンしたので、まずはそのラインナップを確認していただきたい。

【TOKYO RESTAURANT WEEK 概要】
エントリー期間:2017年10月3日(火)~10月21日(土)
開催期間   :2017年10月11日(水)~10月24日(火)
対象店    :東京都内のTOKYO RESTAURANT WEEKに参加のレストラン 全63店
参加条件   :一般の方(会員登録不要)
メニュー価格 :ランチタイム  2,000円/3,000円/5,000円
        ディナータイム 5,000円/7,000円/10,000円
予約方法   :TOKYO RESTAURANT WEEK特設サイトよりご希望のレストランにてエントリーください
        エントリー翌日にエントリー結果をご連絡致します
        エントリー期間中のエントリー回数に制限は御座いません
主催     :株式会社 ぐるなび
特別協力   :株式会社 グライダーアソシエイツ「antenna*」
----------

■TRW特設サイトURL
https://jrw.jp/tokyo/

■イル・テアトリーノ・ダ・サローネ
https://jrw.jp/tokyo/area_01/shop_131/

イル・テアトリーノ・ダ・サローネ

住所
〒107-0062 東京都港区南青山7-11-5 HOUSE7115 B1
電話番号
03-3400-5077
営業時間
12:00~16:00(13:00 L.O.)、18:00~23:00(20:00 L.O.)
定休日
日曜・第1・3月曜休

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

パクチー好き必見!史上初・絶品パクチー料理が勢ぞろいのイベントが明日から新宿で開催
パクチー好き必見!史上初・絶品パクチー料理が勢ぞろいのイベントが明日から新宿で開催

1. 「天下夢草の饗宴 東京パクチーPARTY 2017」が9月20日(水)~9月24日(日) の5日間、大久保公園で開催 2.名店10店舗のパクチー料理を心ゆくまで堪能できる、パクチーオンリーのイベント 3.タイ料理、中華料理を中心に、パクチーだらけの絶品メニューが27種ラインナップ

dressing編集部
【注目の日本ワイン】収穫期のワイナリーでワイン造りに参加出来る特別なイベント!
【注目の日本ワイン】収穫期のワイナリーでワイン造りに参加出来る特別なイベント!

1.収穫時期のワイナリーには部外者が立ち入れないことが多いなか、収穫を体験し、日本ワイン造りに参加 2.ワイナリーは『さっぽろ藤野ワイナリー』『宝水ワイナリー』『鶴沼ワイナリー』の3カ所 3.訪れたワイナリー産の日本ワインをもとにペアリングを考えた豪華ディナーも

dressing編集部