手土産に喜ばれる!フランス産発酵バターが香る、パリ発・ワンランク上の絶品「バターサンド」

2017年09月13日
カテゴリ
トレンド
  • 麻布十番
  • スイーツ
手土産に喜ばれる!フランス産発酵バターが香る、パリ発・ワンランク上の絶品「バターサンド」
Summary
1.フランス発、人気チーズ専門店が日本初上陸
2.パリの名店シェフも御用達、香り高いチーズやバターは極上のウマさ!
3.発酵バター、チーズを使った日本限定スイーツが多数ラインナップ

2017年8月5日、パリをはじめフランス各地に60店舗を構えるチーズ専門店『beillevaire(ベイユヴェール)』が、満を持して日本に初上陸した。

同店は近年、20〜30代のフランスへ旅する女性の間で話題を集めており、隠れファンも多い。フランスの数あるバターのなかでも「ベイユヴェールが一番」とも名高いチーズ専門店なのだ。

そんな『ベイユヴェール』の日本1号店は、国際色豊かな街でありながら、古き良き日本文化も息づく麻布十番の一角にある。

パリにあるブティックと同様の外観は、高級感のある黒をベースに開放的なガラス張りで洗練された佇まい。

一方店内は、創業地のフランスにあるマシュクール村をイメージした天井の古材、パリのハイセンスさを表現した大理石のカウンター、そして東京のアーバンな空気を模すむき出しのコンクリートなどを混在。フランスと日本のカルチャーを織り交ぜた独自の世界観を生み出している。

名だたるシェフが愛用する一級品を、スイーツにアレンジ

『ベイユヴェール』は1980年、酪農家のパスカル・ベイユヴェール氏により、フランス西部のマシュクール村にある一軒の酪農牧場で誕生した。今でも昔ながらの製法にこだわり、ウッドチャンバーと呼ばれる木製撹拌機でバターを製造している。

生産者であり、チーズ職人でもある氏がこだわり抜いてつくる発酵バターやチーズは、フランスの名店シェフや次世代を担うスターシェフにも愛用される、シェフ御用達の一級品なのだ。

今回の出店は、パスカル氏のクラフトマンスピリットが、日本の職人気質と相通じるものがあるとのことで実現。また、フランスのブティックはチーズと発酵バターの専門店だが、それのみでは日本で浸透しにくい。そこで『ベイユヴェール』の製品を使ったスイーツを提案する“パティスリー・エ・フロマージュ”として展開することとなった。

足を運ぶ度に出逢える、個性豊かなチーズの数々

フランスで製造したチーズ(写真上)は、パスカル氏が日本向けにセレクトしたものを輸入。

例えば「フルム・ダンベール」は“高貴な青カビ”と呼ばれるブルーチーズタイプ。マイルドでクセが少なく、優しい味わいが特徴。またアルプスを間近に臨むサヴォア地方で生まれた「ボー・フォール」は、気品あるさわやかな芳香と濃厚な味わいを持つ。

チーズのラインナップは常に変わるため、何度でも通える楽しみもある。チーズ以外には、無塩と有塩2種の発酵バターも販売している。

バターサンドの常識を覆す「サンド・オ・ブール」

『ベイユヴェール』の発酵バターは、クリーミーでコクと余韻が長いのが特徴。またチーク材を使った撹拌機で製造することで、チーク材由来のほのかなキャラメル香が感じられる。

この発酵バターを使ったクリームを、同じく発酵バターを練り込んだサブレ生地でサンドした「サンド・オ・ブール」(写真上)は、これまでのバターサンドのイメージを覆す一品。
バターサンドと聞くと、濃厚で食べ進めると重たくなってくるイメージがあるが、「サンド・オ・ブール」はバターとは思えないほどのミルキー感。またバターの風味とうまみがぎゅっと詰まっていながらも、後味が軽く、食べ飽きないのも魅力だ。

味のラインナップは5種類。写真上・左上から時計回りに、ミモレット、ビターチョコ、ラムレーズン、プラリネナッツ、ピスタチオ&クランベリー。
ポップなロゴマークが目を引くパッケージは、手みやげにもぴったりだ。

低温焼成でうまみをギュっと凝縮!

「サンド・オ・ブール」と並ぶ看板アイテムが「ガトー・フロマージュ・ミ・キュイ」(写真上)。

低温でじっくりと焼き上げることで、チーズのうまみがギュッと凝縮されている。食感はレアチーズのようななめらかさを持つ、半生タイプのベイクドチーズケーキだ。チーズの香り、優しい口溶け、口のなかに広がるコクと余韻……。繊細でいながらインパクトを残す味わいに魅了される。

その他にも、ブルーチーズであるフルム・ダンベールを使ったベイクドチーズケーキ「ガトー・フロマージュ・フルム・ダンベール」や、アイスクリーム感覚で楽しめる「スフレ・グラッセ・フロマージュ」など、多彩なチーズケーキに思わず目移りしてしまう。

ボトルスタイルで楽しむ! 新感覚のチーズケーキ

チーズケーキを瓶に詰めた新感覚のスイーツが「ガトー・ヴェリーヌ」(写真上)。瓶の中にはフロマージュクリーム、フルーツソース、フルーツの果肉とクランブルを閉じ込める。甘酸っぱいフルーツソースに負けないほど、芳醇なチーズクリームがベストマッチ。クランブルのザクザクとした食感も楽しめる。

味は左からフランボワーズ、マンゴー、ブルーベリー、アナナス(キウイとパイン)の4種類。本場フランスにはない、日本限定のオリジナル商品だ。

濃厚で香り高い“大人のソフトクリーム”

1年を通して提供するソフトクリーム(写真上)は、プレミアムチーズ、発酵バター、ミックスの3種をラインナップ。口当たりがなめらかで濃厚な味わいに加え、チーズ、バターそれぞれの風味がしっかりと活きている。

ソフトクリームといえば暑い夏に食べたくなることが多いが、その濃厚さはこれからの季節、寒い中で食べるのもまた格別だろう。

ギフトにぴったりの焼き菓子も忘れずに

贈り物として、焼き菓子もおすすめしたい。

「キャトル・カール(5種のチーズとナッツのパウンド)」(写真上)は、パウンドに5種のチーズを練り込み、たっぷりのナッツをのせた見た目にも美しい一品。チーズはフルム・ダンベール、ミモレット、カンタル、ボー・フォール、ムール・ド・ジュラを使用。ナッツの香ばしさが、複数の濃厚なチーズと調和し、うまみをぐっと引き立たててくれる。

現在、国内のフレンチシェフからの引き合いも多く、プロユース向けの展開も開始予定。ゆくゆくは都内数店の他、関西や九州など主要都市にも出店していく考えだ。

大切な人への贈り物はもちろん、自分へのご褒美として、同店の味わい深いチーズやスイーツを堪能してみてはいかがだろうか。

beillevaire(ベイユヴェール)

住所
〒106-0046 東京都港区元麻布3-11-8
電話番号
03-6447-5471
営業時間
10:00〜20:00
定休日
無休(年末年始を除く)
公式サイト
http://www.beillevaire.jp/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

イギリスの名車・ジャガーからのXmasプレゼント! 『レフェルヴェソンス』のディナーという特別な夜
イギリスの名車・ジャガーからのXmasプレゼント! 『レフェルヴェソンス』のディナーという特別な夜

1.マッキー牧元さん、高山都さん、斉藤アリスさんが大人気の名店『レフェルヴェソンス』でいただいたのは? 2.南青山でなかなか予約が取れないこの店のディナーにイギリスの名車・ジャガーがご招待 3.12月5~8日の各日1組限定で1人分の食事代をジャガーが負担。世界からゲストが訪れる生江史伸シェフの料理を

松尾大
くるなびエディトリアルプロデューサー
感動! フランス国家最優秀職人章(M.O.F)シェフの味が気軽に楽しめる「日本流ビストロ」が誕生
感動! フランス国家最優秀職人章(M.O.F)シェフの味が気軽に楽しめる「日本流ビストロ」が誕生

1.フランス国家最優秀職人章の称号を持つシェフが自身の名前を店名にしたこだわりビストロを、新丸ビルにオープン 2.さすがとしか言いようがない! M.O.Fを授与されたシェフの料理は、比類なき異次元の世界 3.ハイレベルな料理とワインを営業時間中いつでもいただける幸せ

高橋綾子
フードパブリシスト