ツルッとのどごしが絶品の「うどん」とちょい飲みが最高すぎ! 毎日でも通いたい、高円寺の「うどん酒場」

2018年01月13日
カテゴリ
トレンド
  • 高円寺
  • うどん
ツルッとのどごしが絶品の「うどん」とちょい飲みが最高すぎ! 毎日でも通いたい、高円寺の「うどん酒場」
Summary
1.香川の人気うどん店で修業、約100軒の味を研究して生まれたうどん店が高円寺にオープン
2.ちょい飲みにも便利! サイドメニューや旬の果物を使ったサワーも楽しめる
3.うどんは週替わりメニューも。何度でも訪れたくなる「うどん酒場」

うどんとちょい飲みが楽しめる「うどん酒場」が高円寺にオープン

2017年10月に東京・高円寺にオープンした『うどん酒場 でべそ』。店名の通り、うどんとお酒が楽しめる、新しいスタイルの居酒屋だ。


「僕は元々は営業マンだったんですが、うどんとお酒が大好きで、どちらも楽しめる店を自分で開きたいと思うようになったことが開業のきっかけです」と話すのは、店主の大島泰幸さん。

意を決してサラリーマンを辞め、修業のため香川へ。香川の人気うどん店『カマ喜ri』で研鑽を積み、営業時間が終わると毎日のように他のうどん店に足を運び、味の研究をしていた。その数は半年で約100軒。大島さんのうどんにかける想いが伝わってくる。

東京に戻ってからの2年は、武蔵境の飯°駄(ぱんだ)と阿佐ヶ谷の立ち飲み居酒屋『立呑風太くん』で働きながらうどんに合うサイドメニューを研究。そして2017年10月、満を持して同店がオープンした。

旬の食材を使用したサワーやおつまみも充実

『でべそ』はうどんのおいしさはもちろんのこと、サイドメニューも充実。仕事帰りにちょっと1人で飲みたいときにもピッタリだ。

中でもサワーは、無農薬の梅や旬の果物を使用。まずは、他店ではあまり見かけることのないきんかんサワー(写真上)が登場。薄切りのきんかんが浮かぶ焼酎にサワーを注ぐと、すっきりとした香りが漂う。マドラーできんかんをつぶしながら飲むと、より香りが増し、のどにさわやかな余韻が残る。

サイドメニューは旬の食材を使用するため2、3日ごとにメニューが変わることも。この日は今が旬のあおさのりを使った「あおさのポテサラ」(写真上)がお目見え。あおさの風味が鼻をくすぐり、ほぐしたサバのコクとうまみが、お酒を進ませる。

ツルッとのどごしがたまらない! 飲んだ〆にピッタリな味わい

飲んだ〆にはやっぱりうどんが食べたいところ。うどんは常時「ぶっかけ」(写真上)、「かけ」、「ざる」、「おろししょうゆ」、「釜あげ」、「釜玉」、「釜バター」の7種類を用意する。

見た目も透明感のある麺は、するするとのどを通り過ぎていく。トッピングはネギのみと至ってシンプルながら、麺ののどごしやだし本来のおいしさを最大限に感じることができる。

うどんは単品で味わうのもいいが、サクサクに揚がった天ぷらと合わせるのも醍醐味。中でも「桜えびかきあげ」(写真中央)は厚みがあり、食べごたえは抜群。桜えびの芳ばしい香りと春菊の食感がマッチする一品だ。

定番うどんを制覇したら、週替わりのうどんも楽しもう

前述の7種類のうどんのほか、週替わりのうどんにも注目したい。

これまでに登場したのは「和牛温玉うどん」や「和風タルタルとり天うどん」などがあり、この日の週替わりうどんは「とり天しそ梅うどん」(写真上)。ジューシーなとり天と梅干し、しそのさっぱり感が、絶妙なコンビネーションを発揮している。

日本酒も多数取り揃えており、「根知男山」(写真左)は飲み口はすっきりめで、熱燗で飲むのがおすすめだそう。「夢吟香DREAM」(写真右)はコクがありつつもキリッとした味わいだ。

毎日でも通いたくなる「大衆酒場」を目指して

オープンからまだ2カ月ほどだが、すでにリピーターも多くいるという。
「昼と夜、どちらも利用できるお店なので、1カ月に10回も来てくれたお客さんもいました」(大島さん)。

ランチタイムはうどん店として、夜は居酒屋としても使うことができ、1カ月に10回どころか、毎日でも通いたくなる『でべそ』。うどんは現在週替わりメニューを出しているが、今後はサイドメニューも増やしていく予定だという。

店は入口がガラス張りで店内の様子が見えるため、女性1人でも入りやすい。実際、訪れるお客には女性も多いという。おいしいうどんとお酒、そして店長の大島さんの人懐っこい笑顔が訪れる人の心をほぐしてくれそうだ。

【メニュー】
かけうどん 400円
ぶっかけうどん 400円
桜えびかきあげ 300円
あおさのポテサラ 350円
肉豆腐 450円
厚焼玉子 300円
生レモンサワー 350円
生梅干サワー 350円

うどん酒場 でべそ

住所
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南4-7-1 コーポカトレヤビル 1F
電話番号
03-5929-8913
営業時間
12:00~14:30(L.O.) 、18:00~23:30(L.O.)
定休日
月曜
公式サイト
https://twitter.com/udndebeso1020

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

フレンチ界の偉才 渡辺雄一郎シェフが通う「看板のない酒場」

【腕利き料理人が通ううまい店】世の食いしん坊たちを魅了する腕利き料理人こそ、選ばれし生粋の食いしん坊。好奇心を刺激しに、疲れた身体を癒しに通う店には、間違いない味と心意気がある。料理人から料理人へ、バトンを受け継いでとっておきの一軒を追う。

須永久美
ライター
【2018バレンタイン】大人の“本気チョコ”は敏腕ショコラティエにおまかせ!厳選7店をご紹介
【2018バレンタイン】大人の“本気チョコ”は敏腕ショコラティエにおまかせ!厳選7店をご紹介

1.恋する気持ちを有名ショコラで表現『アンリ・ルルー』、『オリジンヌ・カカオ』、『イルサンジェー』 2.極上の食感『サマーバードオーガニック』、遊び心満載『セバスチャン ブイエ』 3.男性の心を酔わせる『ショコラティエ パレ ド オール』と『BbyB.』

dressing編集部