丸の内勤務の方必見!つるとんたんでテイクアウトができた

オフィスで食べるごはんに飲食店のプロの味を。忙しくても自分に満足のいくフードライフを送りたい方に。dressing編集部が都内の飲食店のテイクアウトを実食し、本当においしいと思ったメニューを厳選してご紹介します。

2015年09月14日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • うどん
  • 丸の内
  • 和食
  • 行列のお店
  • テイクアウト
丸の内勤務の方必見!つるとんたんでテイクアウトができた
Summary
・人気うどん店、つるとんたんの丸の内店はテイクアウトができる
・夜もテイクアウトできるので、残業の合間にもぴったり
・うどんの他、おにぎり、丼ものなどラインナップも多彩

出来立てあつあつを持ち帰り!大判きつねのきつねうどん550円(税抜)

大阪と東京で人気のうどん店といえば、昼も夜も行列が続く『つるとんたん』。並ばないと食べられないと思っていた方に朗報が。実は丸の内店ではテイクアウトが可能。
定番のきつねうどんは、讃岐うどんを基本にしたコシのある手打ちうどんに、職人が手造りし、少し甘めに炊き上げた大判のきつねがのっている。きつねは容器に収まりきらないほどの大きさで、薬味のネギとゆずがうれしい。コシのある麺にジュワっとおつゆが染みたふんわりきつねが奥深い味わいで、一言でいうと優しさと美味しさが詰まっている。
メニューは昼と夜で一部異なっており、夜は16種類のうどんのほかに、天丼やかつ丼など丼ものやおにぎりまで持ち帰り可能なので、お腹いっぱい食べたい方はうどんと合わせて注文してみては。
熱いうどんのテイクアウトはコンビニにしか売っていないと思っていた方も多いのでは。これからの寒い季節、ランチはもちろん残業の合間にも食べたくなる逸品。営業時間中(LO22:30)はテイクアウト可能とのことなので、夜のお供にお試しあれ。

Research MEMO

【販売時間】11:00~22:30
【価格】550円(税抜)
【提供スピード】約5分
【ボリューム】女性★★★★☆ 男性★★★☆☆ ※お腹いっぱい食べたい方は、おにぎりや丼ものをセットに。
【その他メニュー】月見のおうどん550円、肉のおうどん780円、カレーのおうどん650円、明太子のおうどん880円、クリームのおうどん880円、おにぎり(明太子・おかか・梅・昆布・金山時味噌)1個150円、かつ丼850円、天丼850円、親子丼750円、他人丼980円(すべて税抜)ほか
【最寄り駅】地下鉄・JR「東京」駅、JR「有楽町」駅
【場所目印】国際フォーラム前、東京ビルTOKIA地下1階

つるとんたん〜東京ビル店〜

住所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA B1
電話番号
050-5787-2626
営業時間
11:00~23:00(L.O.22:30)
定休日
定休日 無
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/g763391/
公式サイト
http://www.tsurutontan.co.jp/shop/marunouchi-udon/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

【目黒】送る日常を祝祭に変える陽気な新星フレンチ『セラフェ』!下町生まれパリ仕込みシェフの凄腕に脱帽
【目黒】送る日常を祝祭に変える陽気な新星フレンチ『セラフェ』!下町生まれパリ仕込みシェフの凄腕に脱帽

【連載】幸食のすゝめ #065 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
 オープン前から超話題! 味を知り尽くした大人のためのイタリアン『リナシメント』オープン
オープン前から超話題! 味を知り尽くした大人のためのイタリアン『リナシメント』オープン

1.オープン前から話題! 数々の有名店出身のシェフとプロデューサーが満を持してオープン! 2.さまざまなジャンルや職種を経験したシェフが21年の料理人生を経て生みだしたイタリアン 3.ランチ4種、ディナー3種のコースにアラカルトもありの自由度満載なメニュー

高橋綾子
フードパブリシスト
外国人への手土産として敬遠されていた○○に今、秘書が注目?!
外国人への手土産として敬遠されていた○○に今、秘書が注目?!

dressing編集部では、様々な大手・IT企業の役員秘書が集うぐるなびネットワーク「こちら秘書室」で開催されているスキルアップセミナーに潜入し、秘書の最前線トレンドをキャッチ。今回のセミナーテーマは、「秘書であれば知っておきたい 日本酒の魅力」。世界へと羽ばたく日本酒の魅力、そこに秘められた新たな可能性をあなたはご存じですか?

dressing編集部

メニューは究極の「とんかつ」だけ! ランチのみ営業、新宿・荒木町の伝説の店『車力門ちゃわんぶ』
メニューは究極の「とんかつ」だけ! ランチのみ営業、新宿・荒木町の伝説の店『車力門ちゃわんぶ』

1.荒木町エリアの超人気店『車力門ちゃわんぶ』クローズから1年半、再開の日が来た! 2.営業はランチタイムのみ! 提供メニューは“とんかつ”一品 3.”ちゃわんぶ”の技法を余すところなく生かした究極のとんかつは肉ラバーでなくても必食の味

佐川 碧
ライター