丸の内の肉食派に捧ぐ!バールのできたてステーキ丼

オフィスで食べるごはんに飲食店のプロの味を。忙しくても自分に満足のいくフードライフを送りたい方に。dressing編集部が都内の飲食店のテイクアウトを実食し、本当においしいと思ったメニューを厳選してご紹介します。

2015年11月10日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 丸の内
  • 東京
丸の内の肉食派に捧ぐ!バールのできたてステーキ丼
Summary
・フレンチビストロとイタリアンバールが楽しめる店のテイクアウトランチ
・肉食派をも満足させる和洋折衷のステーキDON
・オーダーしてから作ってくれるので、できたてを持ち帰れる

“肉”気分の舌と胃袋を裏切らない。数量限定 牛ステーキDON きのこジャポネソース980円

オフィス街・丸の内のランドマークタワーのひとつ、新丸ビル。その地下に、肉食派にはぜひ知っておいてほしいテイクアウトメニューがある。フレンチビストロとイタリアンバールが楽しめる『ビストロバール ダパウロ丸の内店』の、ランチタイム限定「牛ステーキDON きのこジャポネソース980円(税別)」だ。

ニンニクの効いたピリ辛の和風ソースが絡みついた、しっかりと噛みごたえのある牛ステーキは、“肉”気分の舌と胃袋を裏切らない。肉汁とソースの旨みエキスを吸ったしめじ、えのき、エリンギなどのきのこたちも、実に名脇役だ。牛肉ときのこの美味の共演に、食べだしたら箸(正確にはフォークだが)を止めることはできないだろう。

+50円(税別)でライスは大盛りにもできるので、男性も充分満足できる。オーダーしてから作ってくれるので、できたてほかほかを持ち帰れるのも外せないポイントだ。

ナイフとフォークで優雅に味わう時間は惜しいが、手軽にがっつりステーキが食べたい…。そんなわがままに、きちんと応えてくれる「牛ステーキDON」。肉食派のテイクアウトランチのレパートリーに、ぜひ加えてみてはいかがだろう。

※数量限定のため、売り切れの場合はご容赦ください。

Research MEMO

【販売時間】月~金 11:00~15:00
【価格】980円(税別) 
【提供スピード】約7分 ※店舗の混雑状況による
【ボリューム】女性★★★★★ 男性★★★★★(ライス大盛りで)
【その他メニュー】自家製デミグラスソースのハヤシライス780円(大盛り+100円)、もち豚の自家製ハンバーグ目玉焼き添え850円(すべて税抜)など
【最寄り駅】JR・地下鉄「東京」駅、地下鉄「大手町」「二重橋前」駅
【場所目印】新丸の内ビルディング地下1階

ビストロバール ダパウロ 丸の内店

住所
〒100-6590 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディングB1
電話番号
050-5787-1870
営業時間
月~日・祝 ランチ11:00~15:00(L.O.15:00)、ティー15:00~16:30、月~土・祝前日 ディナー17:00~23:00(L.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)、日・祝 ディナー17:00~22:00(L.O.21:00、ドリンクL.O.21:00)
定休日
定休日 不定休日あり ※ビルに準ずる
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/a634221/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

早くも本年度フレンチ界最大のニュースに、伝説のあのレストランが街に帰ってきた

【連載】幸食のすゝめ #059 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
今すぐ予約を!世界の美食家が注目する『プジョル』が、期間限定ポップアップレストランとして日本初上陸
今すぐ予約を!世界の美食家が注目する『プジョル』が、期間限定ポップアップレストランとして日本初上陸

1.メキシコで最も影響力のあるシェフ、エンリケ・オルベラ氏がポップアップレストランを4夜限定で開催 2.世界の美食家が注目する『プジョル』のモダンメキシカンを東京で堪能できる 3.開催場所は数々のコラボイベントを実現してきた、食の殿堂「マンダリン オリエンタル 東京」

dressing編集部

今しか食べれられない「限定メニュー」に注目! 『渋谷ヒカリエ』で「プレミアムグルメマーケット」が開催
今しか食べれられない「限定メニュー」に注目! 『渋谷ヒカリエ』で「プレミアムグルメマーケット」が開催

1.2018年4月26日で開業6周年を迎える「渋谷ヒカリエ」で「プレミアムグルメマーケット」が開催 2.ヒカリエ内の飲食店・全28店が自信を持って提供する、期間限定のメニューに注目 3.選りすぐりの「調味料」や「名菓」など、手土産の販売も見逃せない!

dressing編集部