大人女子の理想!キレイと元気をつくるカフェデリをテイクアウト

オフィスで食べるごはんに飲食店のプロの味を。忙しくても自分に満足のいくフードライフを送りたい方に。dressing編集部が都内の飲食店のテイクアウトを実食し、本当においしいと思ったメニューを厳選してご紹介します。

2016年01月05日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • カフェ
  • ヘルシー
  • 中目黒・代官山
  • テイクアウト
大人女子の理想!キレイと元気をつくるカフェデリをテイクアウト
Summary
1.ライフスタイルが注目される人気モデルの梨花がプロデュースする代官山のカフェレストラン
2.ランチはもちろん、食べ歩きや小腹がすいたときに気軽にテイクアウトが可能
3.新鮮な野菜やフルーツを使用したスムージーやパイ、デリなどがラインナップ

ここでしか味わえない!モデルならではこだわりがつまった人気カフェのテイクアウトフード

もはや代官山の名所となりつつある話題のライフスタイルショップ「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」。モデルだけにとどまらずディレクターとしても活躍の場を広げる女子の憧れ的存在の梨花がプロデュースする店だ。
2階にある同ブランドのカフェレストラン「GLOU GLOU REEFUR(グルグル リーファー)」では、広い店内でくつろぎながら食事を楽しむことができる。おしゃべりを楽しみたい大人女子や子ども連れに大人気で、わざわざ遠くから訪れる人も多いのだとか。
こちらでは、産直素材を使用したフードをテイクアウトすることができるので、時間がないけどおしゃれなランチを楽しみたい時や、代官山を街ブラする際のおともに購入してみるのもおすすめだ。

数種類あるデリの中から選んだのは、さっぱりとしていて歯ごたえもある「紫キャベツとツナのレモンマリネ」のデリとバルサミコのほどよい酸っぱさが風味を際立せてくれる「秋ナスとバルサミコ醤油」のデリの2品。
いずれも野菜がたっぷり入っているのがうれしい。
人気のオリジナルパイは、テイクアウトのみの販売で、サクサク食感のなかに餡がぎゅっと詰まっているのが特徴。なかでも人気の鳴門金時のスイートポテトパイは、サツマイモの自然な甘さと香りが魅力的でおやつにもぴったり。
ちょっと飲みすぎた日の翌日やダイエットを意識するときに飲んでほしいのが、オリジナルスムージー。鮮やかな色をしたスムージーは、注文後にミキサーされるので、新鮮でジューシーなものをいただくことができる。
紫色が目を引く”ビューティー”は、マキベリー・パイナップル・日向夏・バナナがミックスされている。一度にフルーツをたくさん摂取できるのがポイント。
ほかにも小松菜・りんご・バナナ・オレンジが入った”デトックススムージー”などもあり、からだの中からキレイになってほしいという女性プロデューサー目線の気遣いを感じることができる。
どれもカロリーが低く野菜やフルーツをストレスなくいただけるメニューばかりなので、女子力をアップさせたい女性だけでなくダイエットを意識する男性もぜひおとずれてみては。

※季節や原材料の状況により、予告なしにメニューや価格が変更になる場合がございます。
※ 取材時点の情報です

Research MEMO

【販売時間】11:00~21:00
【価格】デリ(紫キャベツとツナのレモンマリネ)300円、デリ(秋ナスのバルサミコ醤油)300円、スムージー(ビューティー)750円、鳴門金時のスイートポテトパイ380円 ※すべて税込
【提供スピード】注文後、すぐに受け取り可能
【ボリューム】女性★★★☆☆ 男性★★☆☆☆
【その他メニュー】ベーカリー(250円~300円)、その他デリ(300円~400円)など ※すべて税込
【最寄り駅】東急東横線「代官山」駅
【場所目印】代官山駅正面口を出て左に直進→突き当りのT字路を右に直進→交差点を渡って右に進み左手にある代官山プラザの2階(駅から徒歩1分ほど)

GLOUGLOU REEFUR(グルグル リーファー)

住所
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町24-7 代官山プラザ 2F
電話番号
03-5459-2910
営業時間
11:00~21:00
定休日
定休日:不定休
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/n4pe9wc90000/
公式サイト
https://www.maisondereefur.com/cafe

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

【腕利き料理人が通ううまい店】感動の火入れ技! 至福の赤身肉が味わえるフレンチイタリアン

【腕利き料理人が通ううまい店】世の食いしん坊たちを魅了する腕利き料理人こそ、選ばれし生粋の食いしん坊。好奇心を刺激しに、疲れた身体を癒しに通う店には、間違いない味と心意気がある。料理人から料理人へ、バトンを受け継いでとっておきの一軒を追う。

須永久美
ライター