ニューヨーカーが行列するというトレンド最先端の味噌ラーメン

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

2016年02月01日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • NY
  • ラーメン
  • 連載
ニューヨーカーが行列するというトレンド最先端の味噌ラーメン
Summary
1.ニューヨークの最先端はラーメン?
2.オススメは胡麻タンタン麺
3.西京味噌や八丁味噌を使ったラーメンも

-10℃の幸福な一杯

寒い日は零下10数度まで下がるニューヨークの冬。そんな寒い時に食べたくなるものの1つはラーメンだ。ここ数年、ニューヨークにはラーメン屋さんが急速に増えたが、美味しいラーメンは限られている。そうした中で、11年9月にイーストビレッジにオープンしたラーメン味噌屋は特に美味しく、バリエーションも豊富に揃う。

個人的に特にお勧めなのは、胡麻タンタン麺だ。胡麻と味噌でより健康的。ピリ辛の味付けでさらにからだが温まる。

オーナー兼シェフの西田則光さんによると、最も人気のあるのは米味噌チャーシューラーメン。チャーシューラーメンが一番高いのだが、京都の西京味噌を使った白味噌ラーメンと名古屋の八丁味噌を使った豆味噌ラーメンでも、一番人気のあるのはチャーシューラーメンという。分厚いチャーシューは、バークシャーポークを専用の味噌に漬け込んであぶった、こだわりの自家製だ。

ラーメン味噌屋は、期間限定のラーメンが多いことも楽しみの1つ。この冬は、長崎から直接仕入れた麦味噌を使った麦味噌ラーメンがある。夏は毎年異なる冷やしラーメンを出していて、一昨年は冷やしタンタン麺、去年は柚子味噌冷やしラーメンだった。今年も別の冷やしラーメンを出すそうだが、一昨年の冷やしタンタン麺の人気が高かったので、2種類出す可能性もあるという。

ラーメン以外では、自家製の豆腐が人気。醤油味のつゆに冷奴が浸っているような1品で、おろし生姜、刻みネギ、鰹節がトッピングされている。これも、とっても美味しい。

ニューヨークのラーメン味噌屋は、千葉県に本社をもつ株式会社トライ・インターナショナルと西田さんの会社の合弁だ。トライ・インターナショナルは味噌を扱うフランチャイズビジネスを展開し、アメリカではシカゴ、シリコンバレー、ラスベガスなどにもラーメン味噌屋を出店している。

西田さんによると、味噌や味噌ラーメンについて知識が希薄な人はまだまだ多く、味噌ラーメンを味噌汁にヌードルを入れただけと思っている人もいるとか。13年にミシュランガイドに取り上げられてから、夜はよく行列ができるようになったニューヨークのラーメン味噌屋。今後もますます、味噌の良さを広めていってほしいと思う。

Ramen Misoya NY

住所
129 2nd Ave,New York, NY 10003
電話番号
+1 212-677-4825
営業時間
12:00~24:00、日曜~23:00
定休日
定休日 無休
公式サイト
http://www.misoyanyc.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事