パクチスト御用達『パクチーハウス東京』でパクチー狂が選ぶ人気No1メニューとは

2016年02月18日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 経堂・千歳船橋・成城学園前
  • 専門店
  • 東京
  • パクチー
パクチスト御用達『パクチーハウス東京』でパクチー狂が選ぶ人気No1メニューとは
Summary
1.人気メニューはラム肉をパクチーと一緒に食べるさっぱり料理
2.料理だけでなく、デザートまでもがパクチー入り!
3.人気の秘密は、飲食店でありながらもコミュニティスペースのような空間の心地よさ

地元外のパクチストも訪れる話題の店「パクチーハウス東京」

パクチー好き、通称“パクチスト”御用達の「パクチーハウス東京」をご存知だろうか?
場所は新宿から小田急線に乗って10分ほどの「経堂」。都内ではあるが、ターミナル駅でもないし、地元の人が多く訪れているのかと思いきや、ほとんどが地元外からのお客さんらしい。

それほどまでに、パクチストから愛されている「パクチーハウス東京」。

なぜそんなに愛されているのだろうか。
そして、そんなパクチー料理専門店の人気メニューとはいったいどんなメニューなのだろうか。

圧倒的人気メニューは◯◯とパクチーを組み合わせたコレ!

多くのパクチストが注文する人気料理は「ヤンパク」という料理だそうだ。炒めたラム肉をたっぷりのパクチーの上に盛り付けた、見た目も美しいメニュー。

新鮮なラム肉を使用しているので、一切くさみはなく、とてもジューシー。レモンをかければさっぱりとした味になり、ジューシーなお肉とパクチー独特の香りが相性抜群だ。

「パクチーのおかわりがほしい」
そんなときには、“追パク”をやってみてほしい。
追パクとは、パクチーを追加すること。大声で言えば言うほどたくさんのパクチーを追加してもらえる、とてもユニークなシステムだ!

デザートまでパクチー!?

このお店のすごいところは、デザートにまでパクチーを使用していること。今回は、「パク蜜がけ パク塩アイス」いただいた。見た目は普通のアイスだが、なんと上にかかっている「パク蜜」はパクチーの花から採れた蜂蜜!

そして、アイスには刻まれたパクチーの葉と、ミネラルが豊富に含まれた青ヶ島産「ひんぎゃの塩」とフランス産の乾燥パクチーを絶妙な割合で配合した「パク塩」も含まれている!

ほんのりと香るパクチーと塩味がきいていて、アイスの甘さが非常に引き立つ。
食後のデザートとして、パクチストらしく〆られる一品だ!

パクチーを通して交流を楽しむパクチー料理専門店

パクチーを主役とした絶品料理を求めにくるお客さんの中には、ここでの人と人との交流を楽しみにしている人も多いのだとか。先ほどの“追パク”もパクチーを通して会話が生まれるシステム。パクチーハウスではパクチー好きを集めたパーティーや、近隣の飲食店を自由に走って回るソーシャルマラソンなどイベントを多数主催していて、パクチーを通して会話が生まれるような空間やメニューをプロデュースしている。

「相席は強制ですよ(笑)」
そう語るのは、代表の佐谷さんと、店長のうっしぃさん。

パクチスト御用達のお店は、パクチーをフックとしたコミュニティスペースのようなパクチー料理専門店だった。それが、このお店が多くのお客さんから愛されている秘密のようだ。

<メニュー>
・ヤンパク/890円
・パク蜜がけ パク塩アイス/400円
※価格は全て税別
(取材・文/石井久美子)

パクチーハウス東京

住所
〒156-0052 東京都世田谷区経堂1-25-18 2F
電話番号
03-6310-0355
営業時間
18:00〜23:00(L.O. 22:00)
定休日
定休日 不定休
公式サイト
http://paxihouse.com/blog/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。