ランチにも大活躍!メディアで話題の東急プラザ銀座・注目のレストラン6選を実食レポート

2016年04月01日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 初上陸
  • 新店
  • 東京
  • 銀座
ランチにも大活躍!メディアで話題の東急プラザ銀座・注目のレストラン6選を実食レポート
Summary
1.銀座数寄屋橋交差点に東急プラザ銀座がオープン!グルメフロアも大充実
2.オーストリアで人気のギリシア料理レストランやシンハーがプロデュースしたタイ料理など話題店がオープン
3.京都の老舗料亭『下鴨茶寮』の新業態や、毎朝北海道からネタが届く寿司など、日本発のグルメにも注目

2016年3月31日(木)、銀座・数寄屋橋交差点に『東急プラザ銀座』がオープン。銀座最大級の大型施設ということもあり、もちろんグルメフロアも大充実。絶対行くべき店舗【グルメ編】をご紹介。ビル全体が「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。~」というコンセプトのもと開発され、飲食エリアでは日本ならではの食材やメニューにこだわったお店が多かった。様々なシーンに合わせて選択できる注目のレストランを早速紹介していこう!

■THE APOLLO(ジ アポロ)

最上階11階にあり、今回のオープンで最も注目されているレストランのひとつがシドニー発・モダンギリシャレストラン『THE APOLLO』。2012年にオーストリア・シドニーにオーナーのsamと、幼なじみで名だたるレストランでシェフを務めてきたJonathanがオープンさせたレストランで、素材を生かした、オリーヴオイルメインの味付けと、新鮮な魚介や野菜をふんだんに使ったギリシア料理(グリークフード)がいただける。

ソムリエでもあるsamがチョイスした、ナチュラルワインをはじめとした約120種のワインやオリジナルカクテルなども味わえる。本国で人気の「グリークサラダ」「ラムショルダー ザジキソースとレモン」などはもちろん、日本限定の飛騨牛やオージービーフを使ったメニューも展開予定だという。
ひらけたガラス窓からは銀座の景色を一望することができ、開放的な空間も魅力的。店内はかなり広々としたオープンキッチンになっていて、活気溢れるレストランを眺めながらカウンターでワインをたしなんで都会のあわただしさからトリップしたい!約180席ほどある店内には、それぞれ8人ほど収容可能な個室と半個室もあり。オフィスランチやデートなど様々なシーンで使えそう。

【基本情報】
店名:THE APOLLO(ジ アポロ)
フロア:11F
営業時間:11:00~23:00(フードL.O.22:00、ドリンクL.O.22:30)
電話番号:03-3572-4200
http://theapollo.jp/

【メニュー価格】
ギリシャ産カラマタオリーブのマリネ 800円
タラマサラータ 1,200円
グリークサラダ 1,600円
ラムショルダー ザジキソースとレモン 3,200円
レモンパイ アポロスタイル 1,600円
※価格すべて税抜

■尾崎牛焼肉 銀座 ひむか

月の出荷頭数わずか30頭。日本で初めて生産者の名前を冠した幻の「尾崎牛」専門の焼肉店『尾崎牛焼肉 銀座 ひむか』が初出店。
尾崎牛は味が圧倒的に強く、余韻が残ることが特徴といわれるため、味付けもシンプルに。おススメはやはり部位に合わせた一番おいしい食べ方が提案されるコースだ。
ランチでは10食限定の「ひむかの宝石箱」がいちおし。その名のとおり、尾崎牛の焼肉が、選び抜かれた根室のうに、三陸のいくらと一緒にご飯の上にちりばめられたキラキラしたお重箱。お米はひのひかり特Aランク、卵は「宮崎県産じどっこの里」ブランドと、すべてにこだわりが。まずは肉をうにといくらと一緒に食べ、次にお好みで温泉卵と一緒に食べるのが正しい食べ方とのこと。融点の低い肉なので、脂はすぐに溶けて旨みへ。溢れ出す肉汁とジューシーさが心地よい旨さだ。

【基本情報】
店名:尾崎牛焼肉 銀座 ひむか
フロア:11F
営業時間:11:00~23:00(L.O. 22:30)
電話番号:03-6264-5255

【メニュー価格】
昼の献立
ひむかの宝石箱(限定10食) 4,500円
ローストビーフ丼 3,800円

おすすめコース 
彩(あや)8,000円
雅(みやび)10,000円
ひむか 18,000円
※価格全て税抜

■下鴨茶寮 のまえ/東のはなれ

京都に本店をかまえる創業160年の『料亭 下鴨茶寮』から、『東のはなれ』と『日本酒バル のまえ』の2業態が出店。本拠地は京都におきつつも、名前の通り「東京にあるはなれ」と、「その、まえ」にある店ということからこの二つの店舗のネーミングがなされたという。
『東のはなれ』では、京都本店での料理をそのまま銀座でも味わえる。個室のほか茶室もあり、大事な商談や接待などにも使えそう。
もう少しカジュアルな『日本酒バル のまえ』では、料亭のワザを生かした料理と、日本の酒のマリアージュを楽しむことができる。「獺祭」や「而今」など、人気の日本酒はもちろん、箕面ビールや志賀高原ビールをはじめとしたクラフトビール、ワイン、ソフトドリンクにいたるまで、すべての飲み物が日本のもので徹底されている。カウンターメインのバルで、京煮込み(おでん)をはじめ料亭の味に舌鼓を打ちながら、爽やかな日本酒で一日を締めくくれば粋な心地になれる。

【基本情報】
店名: 割烹料亭 銀座 下鴨茶寮 東のはなれ 
フロア:11F
営業時間:11:00~15:00/18:00~22:00
電話番号:070-5345-5761
http://www.shimogamosaryo.co.jp/
【メニュー価格】
昼懐石 8,000円
夜懐石 15,000円
(税別・サービス料10%別)

店名:日本酒バル のまえ
フロア:11F
営業時間:11:00~16:00/17:00~23:00
電話番号:03-6264-5264
【メニュー価格】
昼の献立 
季節の御弁当 1,800円~など

夜の献立 
天然鯛と蕪の浅漬け 春菊ソース 1,000円
下鴨フィッシュ&チップス 粉しょうゆ 1,200円
京煮込み 700円~
箕面ビール ヴァイツェン 800円
而今 特別純米 700円~

■SENGDEE TERRACE(センディーテラス)

タイ王室に認められた唯一のビール「シンハービール」を生みだす『SINGHA(シンハ)』がタイビアレストラン『SENGDEE TERRACE(センディーテラス)』をプロデュース。オープン前から絶大な期待が集まっていた。
注目すべきは、店舗オリジナルのクラフトビール生。パクチーやバイマックル(コブミカンの皮)などが効いており、独自の爽やかな味わいが楽しめるビールマニア必見の一杯である。
そこに名物となる鶏料理、タイ・イーサン郷土料理「ガイヤーン」がまたビールとの相性抜群だ。特製のタレに一晩漬け込み焼かれた鶏はジューシーでとにかく旨い。そこに特製の付けダレ(レモンやタマリンド、バイマックルなどの香辛料をあわせたもの)がたまらなく合う。

【基本情報】
店名:SENGDEE TERRACE
フロア:10F
営業時間:11:00~23:00(L.O. 22:00)
電話番号:03-6264-5621

【メニュー価格】
ガイヤーン(ホール)2,880円
センディー(生)オリジナルクラフトビール1603(S)680円
※価格全て税抜

■立食い寿司 根室花まる

寿司の激戦区・地元根室や札幌でも行列ができる回転寿司店初の立ち食いスタイルの店舗。
1貫100円~とリーズナブルで、一番高い雲丹(ウニ)や鱈場蟹(タラバガニ)でも330円という驚きの価格帯。北海道の四季折々の旬な魚を厳選し、その時期にしか食べられない貴重なネタは、毎朝空輸で届くそう。「鱈場外子(タラバソトコ)」や「こまい子」「アブラガレイ」「トロにしん」など馴染みのないネタもあるが、目の前で握ってくれる大将の説明を聞きながら楽しむのも立ち食いならではの醍醐味だ。
おすすめの汁物「花咲蟹の鉄砲汁」は手足だけではなく甲羅も入っていてなかなか豪快。汁にしっかり蟹味噌と身の味が出ていて、ねぎとの相性も抜群。
気楽にひとりでも寄れるので、待ち合わせ前に筋子と根室の地酒でちょっと一杯が銀座で叶う! 
※10Fには「回転寿司 根室花まる」も入店

【基本情報】
店名:立食い寿司 根室花まる
フロア:B2F
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:00)
電話番号:03-6274-6771
http://www.sushi-hanamaru.com/

■フードバル&ワインショップTOKUOKA

ちょい飲みに最適なのが『フードバル&ワインショップTOKUOKA』。日本ではかなり古くからフランスのグランヴァンを扱ってきたワインインポーターだからこそできる、種類豊富な高級ワインの試飲や、チーズや生ハムをつまみながらのちょい飲みが魅力的!
セラーには約300種類のワインが常備され、一部試飲をすることができる。今まで高くて手が出なかったシャトー・ラフィットやシャトー・マルゴーなど1本数万円を超えるようなワインも、1,000円台から試飲できるから、お気に入りのワインが必ず見つかるはず!気に入ったら奮発して1本買うことも可能。
また、チーズや生ハム、オリーヴなどをつまみながら店舗脇のカウンターでちょい飲みもできる。今まで待ち合わせに遅れた友人を待つのはチェーン系コーヒーショップだけだった人も、TOKUOKAのチーズとグラスワインでちょっと一杯、ということも可能なくらい気軽に入れそう!
フードバルも一緒になった新業態での出店は東急プラザ銀座が初とのこと。

【基本情報】
店名:フードバル&ワインショップTOKUOKA
フロア:B2F
営業時間:11:00~23:00
http://www.tokuoka.co.jp/ginza/
【メニュー価格】
・シャトー・ムートン・ロートシルト2005 小売価格(ボトル) 150,000円→10ml 1,200円
・シャトー・ラトゥール1997 小売価格(ボトル) 97,000円→10ml 1,200円
※価格全て税込

関連記事

【9月の新店情報】メディアでも話題! 東京にオープンした話題の新店をまとめてチェック
【9月の新店情報】メディアでも話題! 東京にオープンした話題の新店をまとめてチェック

1. 東京初上陸の「金マグロ」や「黄金アナゴ」を堪能! 田町『KONNE(こんね)』 2. ここに行けばフードトレンド丸分かり! 渋谷ヒカリエ「ShinQs」のフードフロアがすごい! 3. パリ2つ星の味を銀座でも!『ティエリーマルクス』『ビストロマルクス』2店舗同時オープン

dressing編集部