もはや本場超え?東京で今行くべきピッツァ店まとめ

2016年05月14日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • イタリアン
  • ピザ
  • 下北沢
  • 原宿
  • 新宿
もはや本場超え?東京で今行くべきピッツァ店まとめ
Summary
1.約40種類の具材からオリジナルをカスタム!90秒で焼き上げるアメリカ西海岸育ちのナポリピッツァ
2.底はカリカリ、中はふっくら!山盛りチーズがとろけるヤミツキ必至なピッツァ
3.ナポリの味を日本人好みに徹底追及!本場顔負けのナポリピッツァ

日本人にとってピッツァといえば、生地を薄く伸ばしてシンプルな具材を乗せ、450~500℃の薪窯で一気に焼き上げたイタリアンのピッツァと、いろいろな具をのせて焼いた宅配ピザなどで馴染み深いアメリカンのピザが一般的。中でもピッツァはここ20年ほどの間に日本でも市民権を得ており、その実力はナポリで行われる世界大会のチャンピオンや入賞者などが多数存在するほど。
特に近年、イタリア料理店のいちメニューとしてではなく、ピッツァをメインとし、店の中に専用の焼き窯を構え、高温で一気に焼き上げる本格的なピッツァ店が急増中。
そこで今回は、焼き上げる時のライブ感を売りにしていたり、自分だけのカスタマイズが出来たりと、楽しみ方も多様化してきているピッツァの注目店をまとめて紹介する。

1.アメリカ西海岸で大人気のカスタマイズピッツァ、日本一号店が新宿に!

2016年春、新宿駅南口にオープンした商業施設『NEWoMan(ニュウマン)』の中に店を構えるのが、西海岸発のナポリピッツァ専門店『800°DEGREES NEAPOLITAN PIZZERIA(800 ディグリーズ ナポリタン ピッツェリア)』。こちらは西海岸でいまブームになっている「カスタマイズ」業態の牽引者のひとりと言われているシェフ、アンソニー・キャロン氏が創設した、本格ナポリピッツァを楽しめるカジュアルレストランだ。同店の最大の特徴は、5種類のベースピッツァと40種類以上のトッピングで、自分だけのピッツァを作れる「カスタマイズ制」。

カウンターで具材を見ながらピッツァをオーダーし、華氏800°(摂氏約425度)の高温の中、約90秒でオリジナルのナポリピッツァを焼き上げてくれる。ピッツァ以外にもフリットやサラダなどのサイドメニューのほか、オリジナルのクラフトビールやレモネードもあるため、ナポリピッツァのおいしさをさまざまな組み合わせで楽しむことが可能。
詳しい記事はこちら

2.行列嫌いのイタリア人が並ぶ「切り売りピッツァ」の人気店が日本初上陸

日本におけるピッツァ人気は根強いが、実はまだあまり知られていないスタイルがある。イタリアの街角にある「切り売りピッツァ」だ。中でも最高峰と言われ、行列嫌いなイタリア人をも並ばせるミラノの老舗『PIZZERIA SPONTINI(ピッツェリア スポンティーニ)』の海外進出一号店が、2015年10月東京・原宿に誕生し、同年11月には2号店目となる「渋谷モディ店」も登場した。

2cm以上はありそうな厚い生地は、オリーブ油ではなく大豆油をかけて鉄鍋で揚げるようにして焼くという、これまでのピッツァ観を覆すようなボリューム感のある一品。底はカリカリ、中はふっくらな“カリふわ食感”は、唯一無二の味わいだ。
詳しい記事はこちら

3.注文を受けてから一枚一枚丁寧に焼き上げる、ナポリ生まれ日本育ちのピッツァ

2014年頃から増え始めた、ナポリ仕込みの職人によるピッツァ専門店。本場の味をそのまま再現…という店も多いが、日本人好みの味を追求し、本場を超える美味しさを生み出す名店も出てきている。
下北沢にあるピッツェリア『ダ・オッジ』はその一つ。本場に比べ塩味を3割減らしたり、国産の粉をあえて使ったりと、日本人好みの味をリサーチした上でオリジナルの生地を作っている。

一枚をシェアする日本人の食べ方に合わせ1ピースが均等になるようきれいな円形に生地を整え、こだわりの焼き方で一枚一枚丁寧に仕上げるという、日本人らしい仕事ぶりもリピート客が多い理由だろう。
詳しい記事はこちら

関連記事

世界一有名なピザ店の新業態が日本初上陸! 自由にカスタムできるピザ店『クチノバ』【新宿】
世界一有名なピザ店の新業態が日本初上陸! 自由にカスタムできるピザ店『クチノバ』【新宿】

1.“世界一有名なピッツァ店”と呼ばれる『SBARRO(スバーロ)』の新業態『クチノバ』の日本初上陸店がオープン 2.1,280円の一律料金で、4種類のソース、3種類のチーズ、24種類のトッピングから自由に組み合わせることができる 3.生地は店内で粉から練って作り、オーダー後に手でのばして提供

桑原恵美子
ライター
愛されるピッツェリア 武蔵関『オップラ!』のピッツァがおいしい理由は、食材と心の通いあいにあり
愛されるピッツェリア 武蔵関『オップラ!』のピッツァがおいしい理由は、食材と心の通いあいにあり

1.東京・石神井公園の名店『ピッツェリア・ジターリア・ダ・フィリッポ』が待望の2号店を武蔵関にオープン 2.国産小麦と練馬野菜を使ったナポリならぬ”武蔵野ピッツァ”、一品料理も圧巻のセンス 3.生産者と店とお客の心が通いあう、多方向コミュニケーションのある稀有な空間

Yayoi Shinya
フリーライター
世界2位の名手が送る「揚げピッツァ」に悶絶! 武蔵小山のイタリアンバル『パレルモプラス』
世界2位の名手が送る「揚げピッツァ」に悶絶! 武蔵小山のイタリアンバル『パレルモプラス』

1.ナポリピッツァの名店として知られる武蔵小山の『ラ・トリプレッタ』が姉妹店をオープン 2.本店と同じ生地を使った「ピッツァフリッタ(揚げピッツァ)」は、香ばしくクリスピーな味わい 3.デリも併設しており、店のメニューが自宅でも楽しめる!

桑原恵美子
ライター