「お酒が飲めるスタバ」が想像以上のこだわり!醸造家との共同開発ワインは絶対味わうべき

2016年05月23日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • コーヒー
  • ワイン
  • 丸の内
  • 東京
「お酒が飲めるスタバ」が想像以上のこだわり!醸造家との共同開発ワインは絶対味わうべき
Summary
1.女性がひとりでも気兼ねなく"ちょい飲み"できる空間
2.ワイン×スイーツのマリアージュが新感覚
3.仕事のスイッチをオフしたい大人が集まる『スターバックス』

『スターバックス(STARBUCKS)』の新業態、『スターバックス イブニングス(STARBUCKS EVENINGS)』が、アメリカとイギリスに続き、日本に初上陸。3月のオープン以来、ワインやビールなどのアルコールとともにオリジナルのタルトレットをセットで楽しめることから、『スターバックス』ファンのみならず、多くの人から注目を集めている。

コーヒーみたいに気兼ねなく、仕事後の一杯が楽しめる

日本第一号店の『スターバックス イブニングス』が誕生したのは、オフィスビルが立ち並ぶ丸の内エリア。普通の『スターバックス』と変わらず、ラテやフラペチーノなどの通常メニューも提供しているため、ふらっと立ち寄ることができる。

店内に入るとバリスタと気軽にコミュニケーションをとれるバーカウンターや、大きなテーブル席が。ワインボトルやグラスのイラストが描かれた、オシャレな『スターバックス イブニングス』のロゴが出迎えてくれ、仕事帰りの女性にも気兼ねなくお酒を楽しんでもらいたいという気遣いが感じられる。

17時ごろになると、店内の壁にワインボトルの影を投影。この投影は店内2ヶ所で行われ、イブニングスにふさわしい雰囲気へと変わるのだ。

“コーヒー”とではなく、“ワイン”と楽しむスイーツ

『スターバックス』なのに、ワインも飲めるのが『スターバックス イブニングス』の特長。だからコーヒーだけでなく、ワインにも相当なこだわりがある。

サンドイッチやスイーツがショーケースに並ぶ通常の『スターバックス』と違い、ワインもショーケースに並ぶのだ。中でもおすすめは、ワインをカジュアルに楽しめるようにと考えられた、スイーツとのセットアイテム「タルトレット」。

常時飲むことができるのは、『スターバックス』がサンフランシスコ・ナパバレーの醸造家と共同開発をした赤ワイン、メルローと白ワイン、シャルドネ。そして、スペインにてシャンパーニュ製法でつくられたスパークリングワイン「パラウ カヴァ」。また、数ヵ月ごとに銘柄がかわるグラスワインも赤・白・スパークリングとそろっている。

『スターバックス イブニングス』では、それらのグラスワインと焼き菓子のセット「タルトレット」が一押しメニューとなっている。細長いクッキーのような固めのタルト生地の上に、フルーツやチーズ、チョコレートがミックスされたスイーツを、ワインとともに楽しめるというものだ。

赤ワインに合うのが「カマンベール&ベリーズ」。甘さ控えめで、ビターなチョコレートが味に変化を与えている。

白ワインにぴったりなのが「クリームチーズ&オレンジ」。爽やかな味わいで女性客に人気だ。

スパークリングワインに合わせるなら「ゴーダチーズ&トロピカルズ」を。チーズのしっかりしたうまみとトロピカルな果実の甘みが良く合う。

スイーツは、手作りのタルト生地がどれもサクサクで、サイズ感もワインと合わせるのにちょうどいい。

世界各国のビールも集結!季節ごとに変わるラインナップを楽しみたい

『スターバックス イブニングス』では、世界各国から取り寄せたビールも数多く提供。定期的にセレクトしていくそうで、季節や入荷タイミングによりラインナップが異なるとのこと。

現在セレクトしているビールたち。左から、ベルギーの「ヴェデット エクストラホワイト」、ドイツの「ヴァルシュタイナー」、ベルギーの「リーフマンス」。

リーフマンスは、チェリーを18ヵ月もの間熟成させたビール。ストロベリーやラズベリーなどのベリー類、チェリーのフレッシュジュースをブレンドしているとのことで、見た目にもキュートだ。甘酸っぱくて口当たりがいいので、ビールが苦手な人にもおすすめ。

また、店内で使用されているグラスにも注目したい。松徳硝子とコラボレーションしたワイングラスは、女性が片手でも持ちやすい小さめの作りで、ちょっと気の利いた4種類のメッセージが刻まれている。店内で購入することも可能だ。

仕事モードのスイッチをオフに切り替える、自分時間を楽しめる『スターバックス』

しかし“お酒が飲める『スターバックス』”と言えば、『Neighborhood and Coffee(ネイバーフッドアンドコーヒー)』が存在している。丸の内にできた『スターバックス イブニングス』との違いはなにか、広報の山口さんにうかがった。

「ネイバーフッドは、地元密着型の店。コーヒーやビールを片手にゆっくりと休日を過ごしてもらえるようなスタイルを作っています。一方、『スターバックス イブニングス』は、仕事モードのスイッチをオフモードに切り替えてもらおうというスタイル。ちょっとひと息、自分の時間を過ごしてもらうための空間作りをしています」

そんな『スターバックス イブニングス』では、ネイビーのエプロンがトレードマークの、特別な認定を受けたバリスタが在籍。フレンドリーなスタッフはお酒の質問にも答えてくれる。

今後、他の『スターバックス イブニングス』の店舗も出店が決定。これからは店舗によって軽食メニューなども充実させていく予定とのこと。仕事で疲れた日は、少しだけワインやスイーツを楽しみながら、ゆったりとした自分だけの時間を過ごしてみてはいかがだろうか。

<メニュー>
タルトレット オンレッド カマンベール&ベリーズ 1,200円
タルトレット オンホワイト クリームチーズ&オレンジ 1,200円
タルトレット オンスパークリング ゴーダチーズ&トロピカルズ 1,250円
ヴェデット エクストラホワイト 850円
ヴァルシュタイナー 800円
リーフマンス 850円
※価格はすべて税抜

スターバックス コーヒー 丸の内新東京ビル店

住所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 丸の内新東京ビル
電話番号
03-3216-3552
営業時間
07:00~22:30、土曜08:00~21:00、日曜祝10:00~20:00
定休日
定休日 不定休
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/g763384/
公式サイト
http://www.starbucks.co.jp/evenings/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。