「ウニのハンバーグ」に「フォアグラのボロネーゼ」! 肉×豪華食材の饗宴に悶絶するレストラン

2016年09月02日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 中目黒・代官山
  • 洋食
「ウニのハンバーグ」に「フォアグラのボロネーゼ」! 肉×豪華食材の饗宴に悶絶するレストラン
Summary
1.鬼盛りのウニに仰天のハンバーグ! なんと中からもたっぷりのウニが
2.肉好きが泣いて喜ぶ! 赤身肉の厚切りローストビーフを2種のソースで
3.贅沢にフォアグラを混ぜ合わせて頂く豪華なボロネーゼに感激

中目黒駅から2分ほど歩いた場所にある『NYU』は、肉にこだわった料理を提供している店。〝NYU″という店名は、肉(N)・野菜(Y)・旨い(U)の頭文字をとったもので、その名の通り肉と野菜を上手に組み合わせた料理を堪能することができる。

店内のカウンター席の上には赤い黒板があり、旬のオススメメニューがズラリと書き込まれている。ウッディなカウンターは一人でもゆったりくつろぐことができ、おひとりさまも多いそう。

各テーブルに置いてあるメニューを見ると、全てのメニューが”肉料理×野菜料理”になっていることに気付く。この店の一番のウリである肉料理に季節の野菜を上手に組み合わせており、中でもシーズンごとに中身がかわる「パテカン(パテ ド カンパーニュ)」が人気。秋には栗入りのパテカンが登場する予定だ。

他では味わうことのできないココだけの”うにく”「雲丹ハンバーグ」

ここ最近、牛肉とウニを合わせた寿司や軍艦が流行しているが、この店では他では味わうことのできない〝うにく″を堪能することができる。肉とウニを組み合わせたオリジナルメニューを2カ月かけて考え、やっと生み出されたのが「雲丹ハンバーグ」。今年6月からの新作メニューで、早くも人気ナンバー1メニューとなっている。

オーナーの及川直人さんは岩手県の出身。そのため地元・岩手のウニを使用しているのだそう。ソースにもウニを使用し、ハンバーグは和牛100%というこだわりぶり。

そしてなんと! ウニはハンバーグの上に乗せられているだけではない。ハンバーグの中にもたっぷりウニが詰まっているのだ。じっくり蒸し焼きにしたハンバーグの中に入ったウニは、まわりに添えられている生ウニより色味が濃くなり、黄色とオレンジの色のグラデーションも鮮やか。生ウニ・蒸しウニ・ウニソースの3つのウニの味を合わせると本当に濃厚な味わいになり、一度食べたらとりこになる人もいるだろう。

「雲丹ハンバーグ」が登場する前まで、人気ナンバー1メニューだったのが「和牛赤身肉の厚切りローストビーフ」。サイズは3段階あり、写真は一番小さ目の150g。一番大きい500gは、はじめは冗談のつもりで始めたそうだが思いのほかオーダーする人が多く、中には1人で食べきってしまう人もいるほど。

赤身肉は、脂がのった霜降り肉よりもさっぱりと食べやすく、最近では低炭水化物ダイエットを試みる女性にも人気のメニューとなっているそう。じっくり火入れをして柔らかく仕上がったローストビーフに、特製グレービーソースとガーリックサワークリームの両方を絡めて頂くガッツリ元気になれる一皿。

ジューシーなフォアグラとたっぷりのひき肉に魅了されるボロネーゼ

昨年登場し、定番メニューとして親しまれ続けている「フォアグラのボロネーゼ」。この店を初めて訪れる人の多くは「雲丹ハンバーグ」と、このパスタをオーダーするという。

インスタグラムにアップされた「フォアグラのボロネーゼ」の画像を見て訪れる人も多く、
実際この料理を目の前にするとフォトジェニックなフォルムにうっとり。

横から見るとフォアグラの厚みがよくわかり、さらに迫力を感じる。驚くのはフォアグラの分厚さだけでなく、パスタが見えなくなるほどたっぷりのひき肉にも圧倒! どこからどのように食べ始めたらいいのか迷ってしまう。 

そこでオススメの食べ方をオーナーの及川氏に尋ねてみると、ひとくちサイズにカットしてパスタと絡めて食べるとおいしいそう。もちろんフォアグラとパスタをそれぞれ別々に食べるのもアリ。

勧められた通り、カットしたフォアグラとボロネーゼを一緒に食べてみると、パスタなのにお肉を頬張っているようにとてもジューシー! 実はフォアグラをロティした時の脂をボロネーゼにかけており、フォアグラの風味がパスタ全体に浸透しているのだ。

『NYU』では今後も肉をメインとしたオリジナルメニューを随時考案予定。10月からは牛肉の生ハムが登場することになっているが、その頃には「雲丹ハンバーグ」が終了するかもしれないとのこと。この店だけの贅沢なハンバーグをぜひ体験してみたいという人は早めの来店をおすすめする。

<写真・文>グルメライター/フードアナリスト/調理師 野山苺摘

<メニュー>
雲丹ハンバーグ 1,800円
和牛赤身肉の厚切りローストビーフ 150g 2,250円
ブッチャーズ フォアグラ ボロネーゼ 1,480円
※価格すべて税抜

NYU

住所
〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-3-20 中目黒ヒルズ2-A
電話番号
050-5787-2359
営業時間
18:00~翌3:00(L.O.2:00、ドリンクL.O.2:30)
定休日
定休日 火曜日
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/gaxd900/
公式サイト
https://ja-jp.facebook.com/%E6%B4%8B%E9%A3%9F%E3%83%90%E3%83%AB-NYU-nakameguro-266494856703142/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

夏は断然「レモンサワー」!合わせる料理に正解はあるの?プロに聞いたおいしさ倍増する最強ペアリング
夏は断然「レモンサワー」!合わせる料理に正解はあるの?プロに聞いたおいしさ倍増する最強ペアリング

1.相性抜群の料理をプロが解説。組み合わせを知ると、レモンサワーをよりおいしく味わえる 2.料理はこの鉄則で選べばOK! レモンサワーとのペアリングで、いっそう美味なる宴に! 3.レモンサワーは日々進化中。ユニークなプロ考案ドリンクを飲食店で楽しもう!

dressing編集部

ハンバーグを豪快に絡めた「ミートパスタ」はリピート確実! 中目黒で超話題の肉イタリアン『ロデオ』
ハンバーグを豪快に絡めた「ミートパスタ」はリピート確実! 中目黒で超話題の肉イタリアン『ロデオ』

1. 肩ひじ張らず、気軽に行ける“平成版イタメシヤ”が中目黒に誕生 2.キーワードは「炭トキドキ薪」。 ゆらめく炎で焼き上げられる絶品料理の数々 3.自慢のハンバーグをパスタに絡めていただく「ミートスパゲッティ」がスペシャリテ

Yayoi Shinya
フリーライター