【創業1914年】老舗高級フードストア『ラス&ドーターズ』直営の大人気レストランは行列必至

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

2016年10月01日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • NY
  • カフェ
  • 連載
【創業1914年】老舗高級フードストア『ラス&ドーターズ』直営の大人気レストランは行列必至
Summary
1.創業1914年の高級フードストア直営レストラン
2.予約は取らないこともあり、ニューヨーカーは並んでも食べたい味
3.創業100年を記念してオープンした『ラス&ドーターズ・カフェ』

『ラス&ドーターズ』はマンハッタンのロワーイーストサイド、ハウストンストリート沿いに1914年から店を構える高級グルメフードストアだ。創業者は、1907年に東欧から移り住んだジョエル・ラス。当時その界隈には多くの移民が住んでいたのである。最初は違う店名だったが、ジョエル・ラスの3人の娘たちが2代目となったことから現在の名前に変えた。
今は4代目が経営している。

競争の激しいニューヨークにおいて100年以上にわたって人気を維持しているのは、常に最高品質のスモークサーモン、ニシンのマリネ、キャビアを提供し続けてきたことにあるようだ。

その『ラス&ドーターズ』が100周年にあたる2014年、『ラス&ドーターズ・カフェ』を『ラス&ドーターズ』から徒歩圏内のオーチャードストリートにオープンした。

予約はとらないので、平日でもランチ時は多くの人が外で並んで待つ。週末の忙しい時は、待ち時間は2時間半に及ぶこともあるとか。それでも一度はここで食べてみたいと思えるレストラン。味は美味しいし、インテリアもクリーンで洗練されている。

最も人気の高いメニューはスモークサーモン、100%ナチュラルのクリームチーズ、自家製ベーグルにトマト、玉ねぎ、ケイパーがついたThe Classic Board。

このスモークサーモンはGaspe Nova Smoked Salmonとよばれるもので、『ラス&ドーターズ』で買うと1ポンド(約453g)40ドルする高級品だ。

ポテトパンケーキのPotato Latkesもファンが多い。

アップルソースとサワークリーム、またはイクラとクレームフレーシュが添えられてくる。スモークサーモンとポテトパンケーキがついた目玉焼きのThe Lower Sunny Sideも売れ筋の1つだ。

創業102年となる老舗だが、『ラス&ドーターズ』は近年、積極的にビジネスを拡大している。今年は、アッパーイーストサイドにある「ジューイッシュミュージアム」の中にもレストランをオープンした。ベーグルやライ麦パン、バブカなどのパンとクッキーなど、使用するすべてのベークドフードを用意する新部門『ラス&ドーターズ・ベーグルズ&ベーカリー』も今年スタートした。そして近い将来、ブルックリンのネイビーヤードにラス&ドーターズ・ベーグルズ&ベーカリー独自のスペースを確保し、配送センターもつくることを計画している。

Russ & Daughters Cafe

住所
127 ORCHARD STREET New York, New York 10002
電話番号
212-475-4881
営業時間
10:00~22:00、土・日 8:00~22:00
公式サイト
http://www.russanddaughterscafe.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

金曜日限定の「幻のラーメン」が激ウマ! 行列必至の『潮 くろ喜』のラーメンを一度は食べてみるべし
金曜日限定の「幻のラーメン」が激ウマ! 行列必至の『潮 くろ喜』のラーメンを一度は食べてみるべし

1.都内の”ベストラーメン店”の常連・秋葉原『饗(もてなし)くろ喜』が、金曜日限定で別ブランド『潮 くろ喜』をスタート 2. 四季折々の貝の魅力を盛り込んだ「潮そば」はまさに至極の一杯! 3. 超濃厚なスープと牡蠣のうまみがたまらない「牡蠣味噌スパイスそば」も見逃せない

中村結
ライター
【連載】NYスタイル、進行形
【連載】NYスタイル、進行形

世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家
城南の酒都ムサコ(武蔵小山)はしご酒の終着駅は、帰って来たリアルな『深夜食堂』

【連載】幸食のすゝめ #060 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン