香りだけでワインがすすむ! 「トリュフ1個半オムレツ」の味とコスパが最強すぎる恵比寿のモダンビストロ

2016年12月26日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 恵比寿
  • ビストロ
  • 新店
  • ワイン
香りだけでワインがすすむ! 「トリュフ1個半オムレツ」の味とコスパが最強すぎる恵比寿のモダンビストロ
Summary
1.「フォワグラ」「トリュフ」が馴染みの料理に大変身
2.コスパ抜群のボリュームと満足度
3.ボトルワインは3,900円と4,900円のみ

カジュアルなお店から高級店まで様々な飲食店が林立する東京・恵比寿駅西口。そんな恵比寿で開業して9年になる『Jenith Gustro(ジェニス ガストロ)』が、同じく恵比寿の地に11月17日に移転リニューアルした。ビル2階に佇む新店舗は、外階段を上がってウッディなエントランスを進む、一軒家レストランのようなアプローチだ。装い新たな再出発ではあるが、コンセプトは変わらない。「高級食材をもっと身近に、リーズナブルに!」を貫いている。

その高級食材を使用したカジュアルなメニューがアミューズという位置づけの「ウニのフラン」(写真・上)だ。常連客の9割が最初にオーダーするというこちらのメニューは、生ウニ、生クリーム、卵を合わせてプリンのように蒸し上げた一品。仕上げのトッピングにプチッと弾けるイクラを添えている。スプーンですくうとふんわりと海の香りが広がり、隠し味の醤油と味醂をかすかに感じる。「この料理を食べに来るお客様や、1人で2個食べる人もいらっしゃいます」と、オーナーシェフの伊藤喜貴さん。熱々を、フーフーしながら食べるのが恒例となっている。

値段から想像するボリュームを遥かに越える!

伊藤シェフがおすすめするボリューム満点のメニューが「プロシュート、リエット、厚切りパテ ド カンパーニュの3種盛り」(写真・上)。プロシュートの下にはレーズン入りのカボチャのサラダがたっぷり盛られており、1人で注文するには危険なボリューム。さらに、“厚切り”と記されてはいるが、想像以上の厚さ(3cm)にやられてしまうパテもその豪快さに驚いてしまう。リエットはお通しのパンに付けて食べながら、ワインと一緒に楽しみたいが、そのパンは食べ放題。ボトルワインは3,900円と4,900円の均一価格で用意しており、前菜だけでもコスパのすごさを改めて感じてしまう。

1個半のトリュフを使ったオムレツ!

『ジェニス ガストロ』の看板料理の一つが「トリュフオムレツ」(写真・上)だ。「高級食材をもっと身近に」を最もわかりやすく表現している人気メニューでもある。卵4個分を使ったふわふわのオムレツの上に、スライスしたての旬の黒トリュフを惜しげもなく削る一品だ。

トリュフ特有の濃厚な香りは、皿のまわりに、さらにテーブルまわりに漂い、香りだけでワインが進むといっても大げさではない。

そのオムレツをぱかっと割ると、中からも濃厚トリュフが顔を出す。具は、トリュフの切れ端、ジャガイモ、マッシュルームをソテーしたものだが、香りがジャガイモ、マッシュルームにしっかり移り付いている。オムレツひと皿に、なんと1個半のトリュフを使用するというから驚きだ。

もうひとつ、『ジェニス ガストロ』の名物が「フォアグラたこ焼き」(写真・上)だ。
タコの代わりにフォワグラを、1個に1片投入し、クルックルッと、大阪の屋台名物よろしく、鉄製のたこ焼き器で焼き上げる。

たこ焼きの形状ではあるが、フォワグラの味わいを引き立たせるため、生地にバターと生クリームを使用し、洋風に仕上げている。皿に盛り、仕上げに赤ワインとカシスのソースをかけてアンティブとパセリをあしらって完成だ。

リニューアルオープン間もない同店は、前店舗から徒歩2分のところに店を構える。ぐっと広くなった新生『ジェニス ガストロ』の店内はひと言で表現するなら、カジュアルモダン。温かみのあるゆったりとした空間は、一度座ってしまうとつい長居してしまう。

「おしゃべりはあまり得意ではなく、どちらかというとあがり症なんです。でも、心を込めておいしいものを作り続けたいと思っています」と語るのは伊藤シェフ。料理好きが高じて、バブル全盛期に会員制のフランス料理店へ就職。その後、イタリアンなどさまざまなレストランで経験を積み、独立。独立にあたって、「当時のスタッフと、よそにはないオリジナル料理をいろいろ考えたところ、フレンチで使用する高級食材を使った身近な料理を楽しんでもらいたい!と、ひらめいたんです」と話す。「トリュフオムレツ」も「フォアグラたこ焼き」も、考案して9年になる。愛され続けている理由を確かめに行こうではないか。

【メニュー】
アミューズ 特濃ウニのフラン(1個) 400円
プロシュート、リエット、「厚切り」パテ ド カンパーニュの3種盛り 1,800円
トリュフオムレツ 1,500円
フォアグラたこ焼き 1,400円
テーブルチャージ(パン食べ放題) 500円
ボトルワイン 3,900円/4,900円
パーティープラン(飲み放題付き)5,400円〜
※価格は税込

Jenith Gustro (ジェニスガストロ)

住所
〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-30-14 エコー代官山201
電話番号
03-6455-1666
営業時間
18:00〜23:00(L.O.)
定休日
不定休
公式サイト
https://www.instagram.com/jenith_gustro/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

ふわっふわなオムレツは必食! モン・サン・ミッシェルの麓で世界の人を虜にする『ラ・メール・プラール』
ふわっふわなオムレツは必食! モン・サン・ミッシェルの麓で世界の人を虜にする『ラ・メール・プラール』

1.在日フランス商工会議所100周年記念イベント! 最終回の舞台は『ラ・メール・プラール』 2.フランスを代表する世界遺産「モン・サン・ミッシェル」の地で約130年続くノルマンディー料理店 3.究極のふわふわ食感に大興奮! 創業当初から変わらない名物オムレツの誕生秘話

dressing編集部

驚くべき超コスパ!都心では実現できないクオリティ&プライスのビストロを上石神井で発見、そしてハマった

【知られざるいい店のすゝめ】あの口コミサイトに載っていない店。地元民しか知らない店。裏通りや駅から少し遠くにある店……。街にはまだまだ知られざる店がある!街と店と絡み合ってきた人生の中で食の賢人・松浦達也が辿り着いた珠玉の一軒を紹介する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト