ビール好き集合! クラフトビールの激戦区・神田に、カジュアルビアダイニング『シュマッツ』がオープン

2017年01月20日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 神田
  • クラフトビール
ビール好き集合! クラフトビールの激戦区・神田に、カジュアルビアダイニング『シュマッツ』がオープン
Summary
1.神田駅より徒歩1分!『シュマッツ ビアダイニング 神田』がオープン
2.3名のドイツ人企業家による、本場のドイツドラフトビールと料理を味わえる
3.オリジナルクラフトビールの「カンダ クラフト」や「コットンキャンディピザ」が名物

ビール好きは今夜、神田に集合! 今、神田が新たなビール激戦区に

今、神田エリアがビールの激戦区となっている。アメリカンクラフトビールとシカゴピザが有名な『デビルクラフト』、ベルギービールの聖地『ブラッスリー セント・ベルナルデュス』、クラフトビールとネパール料理のコラボがクセになる『ヒマラヤテーブル』など、国籍もスタイルも様々なビール専門店が集まるエリアなのだ。

そんなビール激戦区・神田に、本場ドイツのドラフトビールと進化系ドイツ料理が楽しめる店『シュマッツ ビアダイニング 神田』が2017年1月20日オープン。

カジュアルビアダイニング『シュマッツ』は、3名のドイツ人企業家、クリストファー・アックス、マーク・リュッテン、マーカス・シュラゲターによって、オープンしたビアダイニングだ。2015年の赤坂一号店に次いで、神田店は二号店目となる。赤坂店は、日本のわんこそばのように、次々ビールが注がれる「デュッセルドルフスタイル」を実施し、日本に新たなビールの楽しみ方を提案したことが話題となった。

神田店は、「都会のビール工場」がコンセプト。シックでほどよい抜け感のある内装は、ビールを楽しむ時にはかかせない。サーバーからは、ドイツ仕込みの8種のドラフトビールが提供され、ビールを知り尽くした“ビアテンダー”が種類別にガス圧を調整し、徹底した温度管理の下に提供する。おいしいビールがいかに究極の域までに達するかは、ビアテンダーの腕の見せ所である。

神田店限定醸造の「KANDA KRAFT(カンダ クラフト)」はマスカットのようなさわやかな味わい

ビットブルガーやエルディンガーなど、インポートビールに加え、『シュマッツ』のオリジナルビールも提供する。神田店限定の「KANDA KRAFT(カンダ クラフト)」は、ぜひ飲んでほしい一杯。

「KANDA KRAFT(カンダ クラフト)」は、ドイツのビール純粋令(麦芽、ホップ、水、酵母のみを原料とする)を忠実に守った究極のビールだ。ドイツ産ホップのミッテルフリューとピルスナーモルト、ヴィエナモルトを使用した、ケルシュというスタイルで、日本のブルワリーとの共同開発で生み出された。マスカットのような軽やかさと甘い香りが特徴で、ラガーのようにのどごしで味わうよりは、鼻と舌で楽しむワインのようなビールである。


他にもクローヴとバナナのフレッシュな飲み口のウィートビア「ヴンダービア」、華やかな香りと喉を抜ける清涼感がたまらないジャーマンエール「ベルグバウム」、腰を据えて飲むにふさわしいコク深いペールエール「フェルンヴェー」など、様々なスタイルのオリジナルビールが楽しめる。

ドイツ風のから揚げや、綿あめのピザまで! 神田店限定のフードもお見逃しなく

フードも神田店限定のメニューが登場。「ジャーマン タルタル唐揚げ」は、クリスピーに揚げた鶏肉の上に、ビネガーとカレーパウダーで味付けた千切りキャベツと卵の特製タルタルがかけられる。ドイツ人が愛してやまないザワークラウトとカリーヴルストから派生し、日本で独自の進化を遂げた逸品だ。

そして、見た目のインパクト絶大の「コットンキャンディピザ」は、神田のお祭り、縁日をイメージしたピザだ。フラムクーヘン(タルトフランベ)と呼ばれるサクサクした薄いピザ生地に、綿あめを乗せ、特製の生姜と蜂蜜のソースをかける。塩が強めの熟成チーズに、はちみつのマイルドな甘み、生姜のキリっとしたスパイシーさにやみつきになりそう。

他にも、チョコレートのようなポーター・ハッフェンストッフを使用した「とろけるビアティラミス」(左)やエルディンガーを使用した「ビアバーニャカウダ」(右)など、ビールを使ったオリジナルの料理も魅力的だ。

広報担当者の内藤正徳さんは、「ビールを料理の中にも取り入れて、飲むだけじゃない、苦いだけじゃない、ビールの新たな一面を知ってほしい」と話す。

ビールのお供に抜群のドイツ風濃厚チーズディップ「オバツダ」(左)や、木槌で生ハムとサラミの下に隠れている風船のように膨らんだクラッカーを砕きながら食べる「ドイツめしスタイル シャルキュトリボード」(右)など、ユニークな一皿を見逃せない。

日本に居ながらにして手にできる至高のドイツ風ビールタイムを、ぜひ同店で過ごしてみてはいかがだろうか。

(取材・文/カメイアコ)

【メニュー】
各種ビール M650円/L950円
ジャーマンタルタル唐揚げ 880円
コットンキャンディピザ 1,380円
ビアバーニャカウダ 880円
ドイツ風濃厚チーズディップ「オバツダ」 1,180円
ドイツめしスタイル シャルキュトリボード 1,580円
とろけるビアティラミス ポーターセット 680円(単品580円)※土日祝数量限定
※価格はすべて税抜

SCHMATZ BEER DINING 神田

住所
〒101-0047 東京都千代田区内神田3-18-3
電話番号
03-3527-1233
営業時間
平日17:00~23:30(LO 23:00)、土日11:30~23:00(LO 22:30) 定休日 年末年始
公式サイト
http://www.schmatz.jp/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

明日はランチビールを飲もう!カジュアルビアダイニング『シュマッツ』の新店はランチメニューも楽しめる!
明日はランチビールを飲もう!カジュアルビアダイニング『シュマッツ』の新店はランチメニューも楽しめる!

1.こだわりのクラフトドイツビールとドイツ料理が楽しめる『シュマッツ』が、吉祥寺と川崎に新店舖をOPEN。 2.他の店舗にはない、ランチメニューやカフェメニューが新登場。 3.『シュマッツ』は徹底的に温度管理された黄金のビアサーバーから注がれる至極の一杯を楽しめるカジュアルビアダイニング。

dressing編集部

ホントにおいしい「クラフトビール」を飲むならここ! 都内で大注目の「クラフトビール専門店」4選
ホントにおいしい「クラフトビール」を飲むならここ! 都内で大注目の「クラフトビール専門店」4選

1.「クラフトビール×うまい肉」で勝負するのは、蒲田『バーレイウィート』&中目黒『GOOD BARBEQUE』 2.絶対飲みたい! 『日本橋ブリュワリー』だけでしか味わえないIPAがウマ過ぎた! 3.本場ドイツのドラフトビールが味わえる人気ビアダイニング『シュマッツ』の2号店が神田に登場

dressing編集部

【ラム好きは必訪】羊肉とパクチーのパラダイス『味坊』の新展開、上野『羊香味坊』
【ラム好きは必訪】羊肉とパクチーのパラダイス『味坊』の新展開、上野『羊香味坊』

【連載】肉の兵法 第十三回  肉に向かうときに雑になってはならぬ。どこでどんな肉を食べるのか、組み立てるのが大人のたしなみであり、男の作法。「大人の肉ドリル」著者である松浦達也氏が旨い店の肉をさらに旨く食べるための作法を解説する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト