超人気店のまかない飯が500円で味わえる「まかないフェス2017」が開催!『肉山』『けんしろう』も

2017年05月25日
カテゴリ
イベント
  • グルメフェス
  • 東京
  • 中野
超人気店のまかない飯が500円で味わえる「まかないフェス2017」が開催!『肉山』『けんしろう』も
Summary
1.5月25日(木)~28日(日)、人気店の「まかない」が食べられる「an まかないフェス 2017」が開催
2.予約の取れない超人気店の絶品まかない飯がワンコイン(500円)で食べられるチャンス!
3.『肉山』や『格之進』、『希須林』など、出場店舗15店は超豪華!

普段お店では食べられない人気店の「まかない飯」がワンコイン(500円)で食べられる!

人気飲食店の「まかない飯」を集めた野外グルメフェス「an まかないフェス 2017」が、5月25日(木)~28日(日)、東京・中野「中野四季の森公園 特設会場」で開催。

「anまかないフェス 2017」は、「まかない飯」を通して、飲食業界で働くことの楽しさを伝えたいとの想いから、アルバイト求人情報サービスの「an(アン)」が開催し始まった。2016年の開催では、約6万4千人もの来場者数を誇る人気のグルメイベントだ。お店に食べに行くだけでは決して出逢うことのできない、店で働く人だけの特権である「まかない飯」が今年も会場に集結する。

注目のお店をチェック! 都内で人気の15店の個性豊かな「まかない飯」が勢ぞろい

▲『オー・ギャマン・ド・トキオ』:「ソース焼きそば ミートカレー」
恵比寿の超人気ビストロ『オー・ギャマン・ド・トキオ』からは、一皿で2度楽しめる「ソース焼きそば ミートカレー」が登場。ソース焼きそばにオリジナルのミートカレーを絡めて味わいたい。

▲『希須林(きすりん)』:「魯肉飯」
青山や赤坂に店を構える本格中華料理の名店『希須林』がイベント初登場。スタッフに大人気の「魯肉飯」が味わえる。バラ肉とモモ肉の2種類の豚肉を合わせ、醤油やニンニク、八角やシナモンなどを混ぜた中国の混合調味料「五香粉」でじっくり煮込んだ、濃厚で甘辛い味わいにご飯がすすむ。

▲『とらふぐ亭』:「スパイス香る極上ふぐ唐揚げ」
首都圏を中心に約50店舗を展開するフグ料理専門店『とらふぐ亭』。「スパイス香る極上ふぐ唐揚げ」は、年に数回しか食べられないという特別な「まかない飯」だ。秘伝のタレを絡めたフグの唐揚げは、外はカリッと、中はふんわり柔らか。味付けは、黒胡椒&黒ゴマの「黒」(写真上)のほか、一味唐辛子&パプリカの「赤」も用意。

▲『SABAR(サバー)』:「サバンドイッチ」
大阪発のトロサバ料理専門店『SABAR(サバー)』の「サバンドイッチ」は、脂ののった名物のサバの塩焼きのサンドイッチ。ひと口サイズに切り串焼きにしたサバを、トマトソース、ポテトサラダをのせたパンでサンド。5切あるので、仲間とシェアするのもよさそう。

▲『格之進(かくのしん)』:「格之進メンチのレタスバーガー」
熟成肉の名店『格之進』からは、厳選した上質な黒毛和牛と、岩手県花巻市のブランド豚「白金豚」を使ったメンチカツをレタスで挟んだ「格之進メンチのレタスバーガー」が登場。サッパリとしたレタスがメンチの濃厚な肉のうまみを際立たせている。

▲『西麻布 けんしろう』:「必殺! 低温調理サガリステーキ」
西麻布の人気店『けんしろう』では、希少部位「サガリ」をステーキで味わえる「必殺! 低温調理サガリステーキ」が登場。低温で焼き上げたサガリは、生肉のように柔らかくジューシーな味わい。特製のオニオンソースが食欲をそそる。

▲『肉山』:「肉山のまかない29カレー」
吉祥寺に本店を構える大人気の赤身肉専門店『肉山』もイベント参戦。「肉山のまかない29カレー」は、普段、まかないやコースの〆に出されているメニュー。トロトロになるまで煮込んだ赤身肉と牛スジ、ニンジンやタマネギなどの野菜がたっぷり。隠し味にカニを使った、『肉山』オリジナルの味をぜひ味わってみたい。

▲『生粋』:「かき氷 しろくま」
南青山の高級焼肉『よろにく』の姉妹店として注目を集める、末広町の焼肉店『生粋』からは、「まかないで食べられる日は超ラッキー」とスタッフのテンションが上がるほど人気の「かき氷 しろくま」が登場。氷の温度を徹底的に管理し、きめ細やかな氷でフワフワな口当たりが特徴。濃厚な練乳と白蜜のサッパリとした甘さが楽しめる。『コーヒーミルク』との食べ比べもオススメ。


他にも、西麻布に本店を置く人気イタリアン『ダルマット』からは、「甲州健美鶏」を使った「甲州健美鶏のイタリアンまぜそば」(写真下・左下)が登場。ガッツリ好きの男子に支持されている人気ラーメン店『立川マシマシ』の「マシライス」(写真下・左上)や、名古屋発祥の台湾ラーメン『郭政良 味仙』の「味仙まかない丼」(写真下・中央上)』なども登場する。

有名&人気店から絶品まかない飯が目白押しの「an まかないフェス 2017」。普段お店で食べられない貴重なまかない飯をぜひこの機会に楽しみたい!


【概要】
名称:an まかないフェス 2017(東京会場)
日程:2017年5月25日(木)~5月28日(日)※雨天決行・荒天中止
時間:11:00~21:00 ※最終日も同時間
会場:〒164-0001 東京都中野区中野4-13「中野四季の森公園 特設会場」
料金:入場無料 ※飲食代は、別途有料。
※ドリンクやサイドメニューの金額は店舗により異なる。
公式サイト/問い合わせ:https://weban.jp/contents/c/makanaifes_pc/tokyo/

関連記事

辛いもの好き集まれ! 四川料理の名店が大集結したイベント「四川フェス」が、4月2日、中野で開催
辛いもの好き集まれ! 四川料理の名店が大集結したイベント「四川フェス」が、4月2日、中野で開催

1.4月2日(日)、中野・四季の森公園で、グルメイベント「四川フェス」が初開催! 2.絶品「四川料理」が味わえる! 選りすぐりの四川料理の名店16店舗の味を一挙に堪能 3.注目の新店の味がひと足早く味わえる! 『希須林』や『黒猫夜』の味を受け継ぐ新店の絶品メニューは必食

dressing編集部

世界中から100種以上の「ジン」が大集結! 酒好きにはたまらないイベント「ジンフェス」が日本初開催
世界中から100種以上の「ジン」が大集結! 酒好きにはたまらないイベント「ジンフェス」が日本初開催

1.日本初の「ジン・フェスティバル」が6月9日(土)・10日(日)の2日間、「天王洲Canal Side」で開催 2.日本のクラフトジンや海外の個性豊かなジンが、100種以上大集結! 3.人気バーテンダーによる「スペシャル・バー」で、ジンを使ったカクテルを楽しめる

dressing編集部

200回以上のリピーターも!完全紹介会員制のラーメン会席『GENEI.WAGAN』へ行けるチャンス!

【腕利き料理人が通ううまい店】世の食いしん坊たちを魅了する腕利き料理人こそ、選ばれし生粋の食いしん坊。好奇心を刺激しに、疲れた身体を癒やしに通う店には、間違いない味と心意気がある。料理人から料理人へ、バトンを受け継いでとっておきの一軒を追う。

須永久美
ライター