肉汁爆発! 肉のプロフェッショナル『格之進』が本気で作る「ハンバーガー」が飛び抜けたうまさだった!

2017年07月19日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • 六本木
  • ハンバーガー
  • 東京
肉汁爆発! 肉のプロフェッショナル『格之進』が本気で作る「ハンバーガー」が飛び抜けたうまさだった!
Summary
1.2017年2月、肉のプロが六本木にオープンさせた『格之進Nikutell』
2.肉巻きウニ軍艦で有名な『門崎熟成肉 格之進』グループのカジュアルレストラン
3.国産熟成牛と白金豚を使用した「肉汁たっぷりハンバーガー」、黒毛和牛の「メンチカツバーガー」が名物

肉のプロ「格之進グループ」が新しい肉のお店をオープンし早くも話題

肉マニアの間では、絶対に外せないであろう名店『門崎熟成肉 格之進』。“岩手県一関と東京を、食で繋ぐ”をテーマに岩手県産の良質な“食財”を提案する肉屋だ。かの、「肉巻きウニ軍艦」でグルメ界に新風を巻き起こしたのは記憶に新しい。

六本木一丁目駅直結、六本木グランドタワー1階に2017年2月9日にオープンした『格之進Nikutell』は、格之進グループの10店舗目となる記念すべき店舗だ。

焼肉、グリルレストランときて、次はカフェバースタイル。価格も内装もカジュアル路線ではあるが、あくまで“肉屋”のスタンスは変えず、カジュアルスタイルで、極上の肉をリーズナブルに提供するのが目的だ。

「Nikutell(肉が語りかける)」のロゴマークには、「晟(テル)」の字を採用し、明るさが心に灯り、輝きが生まれ続ける場所となりますようにという思いを込める。この『格之進Nikutell』をモデルに店舗展開していく予定だという。

『格之進』の自信作「肉汁たっぷりハンバーガー」、そのうまさの秘密に迫る

『格之進』と言えば、熟成牛や塊肉が代名詞ではあるが、実はハンバーグにも力を入れている。

この『Nikutell』においては、その絶品ハンバーグを使った「肉汁たっぷりハンバーガー」を看板メニューにしている。岩手県産の熟成牛肉を使用し、花巻市のブランド豚「白金豚」、卵、牛乳、塩麹を使った郷土愛あふれる逸品である。

“肉汁たっぷり”の秘訣は、焼き方にもあり、熱したフライパンで両面を焼き固めた後、オーブンで蒸し焼きにすることで、まるで風船のようにぷうっと張り、ひと口かじりつくまで、たっぷりの肉汁を閉じ込めたままなのだ。

牛の肉々しいうまみを「白金豚」の甘い脂がコーティングすることで、口いっぱいに肉汁が広がる。つなぎに岩手県産の牛乳と卵を使用し、パン粉も国産小麦のみでショートニングなどの添加物は不使用。素材を活かすための材料がそろえられる。

中でも、肉との相性がよかったというオリジナルの塩麹は、「のだ塩」と門崎で特別栽培されている「めだか米」に、岩手県産の麹を用いたオール岩手素材だ。

肉のとろける食感を厚めのバンズがしっかりと受け止め、表面はしっかりトーストされているので、あふれ出す肉汁もしっかりキャッチする。

肉屋の本気! 黒毛和牛×白金豚の「メンチカツバーガー」がリッチすぎる

隠れた実力グルメと言える『格之進』の「メンチカツ」は、2016年「Yahoo!」の検索大賞でお取り寄せ部門賞を受賞するほどの人気。端肉や余り物で作るイメージのある料理だが、同店はメンチカツのために肉を選び、その配合まで一切の妥協を許さない。

『Nikutell』でしか食べられないという「メンチカツバーガー」は、黒毛和牛と白金豚の合挽きを使用し、なおかつ牛肉が全体の6割~7割を占めるというリッチな一品だ。

ザクザクの無添加パン粉をまとい、中は熱に反応した脂がとろけ出す、肉汁豊かなバーガー。肉屋として、絶対的に自信のある肉をそのまま届けたいという思いから、ソースやキャベツはメインを引き立てる程度。非常にシンプルだが、他では絶対に食べられないリッチな「メンチカツバーガー」をぜひ堪能してほしい。

シンプルだけど、うますぎる! 不動の人気「ハンバーグ」はマストイート

女性客も多い同店では、ハンバーグも女性の心をつかんで離さない。ナイフを伝わって「これはうまいぞ!」と分かるほど、肉が柔らかく、舌の上に乗せるとじわりと脂がとろけて、濃厚なデミグラスの甘みとぴったり。柔らかさの中にも、牛の力強い食感を感じ、肉を食べている幸福感が得られる。

日本人にとって、ハンバーグは家庭の味であり、ビーフ100%の本場のものよりも、合挽き肉の方が馴染み深い。その点で、『格之進』のバーガーはほっとさせるようなおいしさと、今だかつて味わったことのないような肉の豊かさを同時に体験できる特別な一品なのだ。

「岩手食材はとても魅力的で、こだわりをもった生産者が多く、おいしい食材があふれております。一関と東京を、食で繋ぐという信念のもと、ニクテルのようなカジュアルスタイルで、岩手の魅力を噛みしめ、気軽に体験してもらいたい」(東京飲食事業部部長:柳原祐也さん)

「今後はバンズも岩手県のベーカリーと提携して、作れたら良いなと考えています。岩手県産の食材で作った特別なバーガーを皆様に召し上がっていただきたいです」(東京飲食事業部営業担当:齋藤裕義さん)

岩手の魅力的な食材もさることながら、それを最大限に活かし、消費者に届けようと奔走する『格之進』はまさに肉のプロ。カジュアルラインの『Nikutell』の登場により、どのように次代へと和牛文化が浸透し、昇華していくか。日本人による、日本人のためのうまいハンバーガーをぜひお試しあれ。

▼『格之進』の絶品ハンバーグが購入できる! オンラインショップはこちら
https://gurusuguri.com/shop/kakunoshin/


【メニュー】
ハンバーガー 1,000円
メンチカツバーガー 800円
ハンバーグステーキ 1,300円
※価格は税抜

格之進 Nikutell

住所
〒106-6201 東京都港区六本木3-2-1 グランドタワー1F
電話番号
03-6441-0629
営業時間
11:30~14:00、17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
日曜
公式サイト
http://kakunosh.in/restaurant/kakunoshin-nikutell.html

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

寿司屋なのにウニの肉巻き軍艦が倒れるウマさ!究極の肉と厳選された魚介の両方を味わえる『寿司さいしょ』
寿司屋なのにウニの肉巻き軍艦が倒れるウマさ!究極の肉と厳選された魚介の両方を味わえる『寿司さいしょ』

1.寿司や刺身といった魚介のメニューと牛・馬の肉料理の両方を堪能できる店 2.地元秋田の味にこだわり、寒麹(かんこうじ)を取り入れたデザートを提供 3.『格之進』とのコラボイベントからスタートしたスペシャリテ「うにく」

野山苺摘
グルメライター/フードアナリスト/調理師