ホンモノの肉好きこそ行くべし!絶品「極太チョリソー」など、南米の肉料理が食べられる都内の人気店まとめ

2017年08月15日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • まとめ
  • 中南米料理
  • 東京
ホンモノの肉好きこそ行くべし!絶品「極太チョリソー」など、南米の肉料理が食べられる都内の人気店まとめ
Summary
1.ランチタイムだけの口福! “美食の国”ペルーの肉料理をサンドイッチで手軽に
2.アルゼンチン人も太鼓判! 肉汁溢れる極太のチョリソーにビールがすすむ
3.肉感ありすぎ! 餃子マニアも思わず唸る、アルゼンチンのご当地餃子

肉文化が根付く「南米」。肉汁たっぷりの極太のチョリソーをはじめとした現地のおいしい肉料理を、南米に行かずとも都内で食べられないものか。そんな願いに応えるべく、今回は本場「南米」の味を楽しめるお店をピックアップ。「肉々しい本場南米の味」を満喫できるオススメの3店を紹介しよう。

1. 絶品ペルー料理をサンドイッチで堪能! ランチタイム限定でオープンするペルーサンドイッチ専門店

神宮前にあるペルー料理レストラン『べポカ』の1階にオープンした、ペルーサンドイッチ専門店『サングチェリア・クチ』。ペルー料理を気軽に楽しめるよう、ペルーの肉料理をサンドイッチにして提供している話題のお店だ。

一番人気はうまみが凝縮した揚げ豚をはさんだ「パン・コン・チチャロン」。ジューシーな「チチャロン」はペルーの朝食の定番だ。他民族国家ペルーは、グローバルな食文化が交わる美食の宝庫。食べればハマること間違いなし!

>>>詳しい記事はこちら

2. 肉汁溢れるチョリソーがウマすぎる! 日本在住のアルゼンチン人も太鼓判の「チョリパン」専門店

代々木上原の『Mi Choripan(ミ・チョリパン)』では、アルゼンチンのソウルフード「チョリパン」が楽しめる。店主は日本人だが、本場アルゼンチンで学んだことを活かし、試行錯誤の上に現地の味を再現。いまでは日本に住むアルゼンチン人が全国からわざわざ足を運ぶ店として定着している。

香ばしく焼き上げた自家製チョリソーをパンで挟んだ「チョリパン」は、カスタマイズがおすすめ。アルゼンチンビールを片手に楽しみたい一品だ。

>>>詳しい記事はこちら

3. サクサク生地に肉がぎっしり! アルゼンチン料理専門店『エル・カミニート』の絶品餃子とは?

赤羽橋駅から徒歩3分の『EL CAMINITO(エル・カミニート)』は、在アルゼンチン日本国大使館の元シェフが開いたアルゼンチン料理の専門店。こちらでは、いわゆるアルゼンチンのご当地餃子「エンパナーダ」を楽しめる。牛肉大国アルゼンチンの料理とあって、サクサクの生地の中には牛肉のひき肉がぎっしり。ジューシーで肉々しい味わいにワインがすすむ。

他にも、アルゼンチン風チョリソーや「モルシージャ」という豚の血が入ったソーセージなども絶品だ。

>>>詳しい記事はこちら

関連記事

今年の朝食トレンドに、刺激的でスパイシーな『朝メキシカン』が参戦!?
今年の朝食トレンドに、刺激的でスパイシーな『朝メキシカン』が参戦!?

【ぐるなび旬ワード】|フードのネクストブレイクを探せ! 飲食店情報検索サイト「ぐるなび」に蓄積された飲食店のメニューデータやユーザーが検索したワードをはじめ、TVやWEBニュースからも抽出した料理・食材を、dressing編集部が独自に調査・分析。さらにぐるなびユーザーへのアンケート調査にて精査した上で、次にブームになりそうなグルメトレンドを「旬ワード」として発表していきます。

dressing編集部

驚くべき超コスパ!都心では実現できないクオリティ&プライスのビストロを上石神井で発見、そしてハマった

【知られざるいい店のすゝめ】あの口コミサイトに載っていない店。地元民しか知らない店。裏通りや駅から少し遠くにある店……。街にはまだまだ知られざる店がある!街と店と絡み合ってきた人生の中で食の賢人・松浦達也が辿り着いた珠玉の一軒を紹介する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト