パーフェクトな「餃子の焼き方」、守るべきポイントは5つだけ!

2017年08月17日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • 餃子
  • 中華料理
  • おつまみ
パーフェクトな「餃子の焼き方」、守るべきポイントは5つだけ!
Summary
1.失敗しない「餃子の焼き方」をポイントごとに解説!
2.途中で加えるのは水ではなく「熱湯」
3.「油の量」「火加減」「タイミング」が命!

■餃子、好きですか?

キンキンに冷えたビールと、こんがり香ばしく焼き上げられた餃子の相性は最高!
そんなおつまみの定番「焼き餃子」は、包んで焼くだけの手軽さで家飲みでも人気のメニューではあるが、フライパンにこびりついてしまったり、火がうまく通らずムラができてしまったり、「焼き」の作業で失敗してしまうことも多い。

そこで今回は、写真のようなこんがりジューシーで照り感のある、パーフェクトな餃子を焼き上げるポイントを伝授する。フライパンいっぱいに敷き詰めた餃子をうまく焼き上げられたときの達成感と幸福感を、ぜひ味わってほしい。

■パーフェクトな餃子を焼くために守るべきポイント5つ

1.油はたっぷり、鍋底から1~2mm程度ひく

フライパンいっぱいに、まんべんなく油をひくのがコツ。
油を少量たらし、キッチンペーパーで広げている人もいるかもしれないが、その量では餃子がフライパンにこびりついてしまう。フライパンの底から1~2mm程度、たっぷりと油をひくことで、ひっくり返すときにも皮が破れることなく、パリッと香ばしい餃子を作ることができる。

2.餃子を並べるタイミングは、油を火にかけてから30秒後

餃子のタネに含まれる水分は、時間が経過するほどに、皮からじんわり染み出してくる。この水分を一気に飛ばしてくれるのが、熱々の油。
フライパンと油が冷たい状態のまま餃子を並べる方法もあるが、それよりも熱した油の上に手早く餃子を並べるほうが水分の蒸発スピードが上がるため、焼きムラを防ぐことができる。

3.熱湯を入れて蒸し焼きにする

餃子を焼き始めてから約30秒〜1分後、餃子表面の色が変わったら、熱湯を全体にまわしかけ、フタをして蒸し焼きにする。熱湯の量の目安は、10個あたり80ml程度。
このときに水を入れるとフライパンの温度が下がってしまい、皮がベチャッとし、食感が悪くなる原因になってしまうため、熱湯を入れるのだ。

4.蒸し焼き中は、1分ごとにフライパンを揺する

フタをしてフライパンで5分間蒸し焼きにするのだが、その際、1分ごとにフライパンを前後に揺すってみてほしい。餃子が前後左右にスライドするようにやさしく揺すってあげることで、焦げつきを防ぐことができる。ただし、力を入れて揺らしすぎると餃子が崩れてしまうので注意。ひっくり返す直前には、必ずフライ返しで表面を剥がしておくこともポイント。

5.最後にさし油をし、30秒間強火で熱する

蒸し上がったらフタをとり、ゴマ油(餃子20個に対して大さじ1)を加えて焼き上げる。このひと手間でゴマ油の香りがつくだけでなく、カリッと香ばしい皮の食感を楽しむことができる。

■ポイントを押さえたところでさっそく実践!

カリッカリの焼き餃子に仕上げるためのポイントを押さえたら、次は実践編!レシピを見ながら作っていこう。

■材料 (20個分)

・餃子の皮 … 20枚
・ニラ … 1/3束(30g)
・ニンニク … 1片
・ショウガ … 1片
・キャベツ … 3枚
・豚ひき肉 … 180g
・サラダ油 … 適量
・熱湯 … 160ml
・ゴマ油 … 大さじ1
・[A]醤油 … 大さじ1
・[A] ゴマ油 … 小さじ1
・[A] 酒 … 小さじ1
・[A] 片栗粉 … 小さじ1

■作り方 (調理時間:30分)

① ニラ、ニンニク、ショウガ、キャベツをみじん切りにする。

② ボウルに豚ひき肉を入れ、Aを加えてよく混ぜる。

③ ①を加え、軽く混ぜ合わせる。

④ タネをたっぷりめに入れて餃子を包む。

⑤ フライパンの底から2mm程度まで油を注ぎ、中火で30秒熱する。

⑥ 餃子を手早く並べ、中火のまま30秒〜1分ほど、餃子の底の色が変わるまで焼く。

⑦ 熱湯160mlを回しかけたらフタをし、中火で5分間蒸し焼きにする。途中、1分間隔でフライパンを揺すり、焦げ付きを防ぐ。(※熱湯の量の目安は、10個あたり80ml程度)

⑧ 5分経ったらフタを開け、強火にして30秒間熱し、水分を飛ばす。

⑨ ゴマ油大さじ1を鍋肌から回し入れ、餃子の表面がキツネ色になるまで、強火で30秒~1分ほど焼く。(ゴマ油の目安は、餃子20個に対して大さじ1程度)

⑩ フライ返しで底をはがし、お皿に盛り付けたら完成。

■見るからにカリッカリ! パーフェクトな「焼き餃子」の完成

表面カリッカリ、肉厚ジューシーな焼き餃子があれば、夏のビールのおいしさも倍増!
守るべきポイントは5つだけなので、餃子作りを極めたい人も、いつもうまく焼けないとお困りの方も、ぜひこの方法で試してほしい。


【こんな餃子レシピもオススメ!】
■味わいに差が出る、ちょっと変わった「餃子の包み方」アレンジ6選

■いつもの餃子に「ちょい足し」するだけ、簡単アレンジレシピ5選

■イタリアンから和スイーツまで!? あっと驚く「進化系餃子」レシピ5選

■「餃子の皮」を手作りすれば、モチッモチな激ウマ餃子が完成!5つのポイントをレシピ付きで解説


【レシピ作者プロフィール】
レシピ制作:フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/

関連記事

【奥渋にある隠れ家】日本酒好き、燗酒好きにはたまらない世界がこの扉の向こうでは待っている

連載】幸食のすゝめ #037  食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
フレンチ界の偉才 渡辺雄一郎シェフが通う看板のない酒場、門前仲町『酒肆 一村』

【腕利き料理人が通ううまい店】世の食いしん坊たちを魅了する腕利き料理人こそ、選ばれし生粋の食いしん坊。好奇心を刺激しに、疲れた身体を癒しに通う店には、間違いない味と心意気がある。料理人から料理人へ、バトンを受け継いでとっておきの一軒を追う。

須永久美
ライター
「いいね」が倍増! プロカメラマン直伝、SNSウケ抜群な「食べたくなるラーメンの撮り方」とは!?

【スマホで料理を華やかでおいしそうに撮る方法】インスタ映えが流行語になった2017年。今後は、見た目に加えて「おいしそう」「食べたい」と、本能に訴える写真が求められるはず! そこで、さまざまなメディアから引っ張りだこのプロカメラマン福田が、スマホを使って最高の一枚を撮るコツを伝授する。

【京おんなが教える京都のツウな遊び方】今や花街は旦那衆だけのものじゃない!祇園・先斗町のはしご酒3選

【連載】「京おんなの粋な夜遊び」第2夜 京都は三方を山に囲まれた小さな街。ここでは終電や終バスを逃し、タクシーで帰ってもさほど高額になることはなく、時間を気にせずはしご酒を楽しむのが当たり前。観光客仕様ではなく、京都人が日常遣いする店を今宵、地元の京都美人に案内してもらう。

いま要注目の街、浅草・観音裏で「チューリップ」が名物のマイクロビストロがグルメたちの話題になっている

【連載】幸食のすゝめ #044 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン