【餃子女子必見】もっちりコロンな「進化系餃子」が10種類以上! いま大注目の『餃子バルTOMAKO』

2017年11月13日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 神戸
  • 餃子
  • ワイン
  • バル
【餃子女子必見】もっちりコロンな「進化系餃子」が10種類以上! いま大注目の『餃子バルTOMAKO』
Summary
1.約10種類の創作餃子をメインにした、スタイリッシュな餃子バル
2.ランチタイムはトマトのうまみがたっぷりの「とまとらーめん」専門店に
3.餃子と相性が抜群のシャンパンやワインと共に味わおう

餃子の街・神戸に新たなスタイルの「餃子バル」がオープン

中国料理店や長年続く餃子専門店が数多くある神戸は「道を歩けば餃子にあたる」とも言われる餃子の街。そんな神戸の磯上エリアに2017年7月28日、餃子を新たなスタイルで楽しめる一軒『ISOGAMI餃子バル TOMAKO(とまこ)』が誕生した。

レンガ作りの壁面が印象的な店内には、木目調のカウンター席やテーブル席が配されており、これまでの餃子専門店のイメージを覆すスタイリッシュな雰囲気が漂う。カウンター席のチェアに目を移すと、座面はなんと餃子型!

餃子の街・神戸で、『とまこ』をバージョンアップさせ、女性ひとりでも気軽に入れる餃子店を作ってみてはどうだろうか、という思いから開業に至ったという。

飲食店が多く軒を連ねる三宮駅周辺の様相とは異なり、磯上はビルが立ち並ぶオフィス街という立地柄、昼は近隣で働く方々のランチとして、夜は創作餃子をワインと共に楽しめる餃子バルにと、ふたつの顔を持っているのが特徴だ。

思わず写真を撮りたくなる! 愛らしいフォルムの進化系餃子

同店で現在ラインナップされている餃子は約10種類。その中からぜひ食べてほしい数品をご紹介していこう。ころんとした丸いフォルムが愛らしい創作餃子「神戸丸餃子」シリーズは、現在約5種類がスタンバイ。モッチリとした皮に豚肉、ニラ、生姜を使用し、さまざまな具材がトッピングされている。

こちらは「梅しそ和風」(写真上)。梅の甘酸っぱさとしそのさっぱり感により、スターターとしてパクパク食べ進められる。生姜やキュウリをつなぎ役として少量使用することで、味わいに一体感を持たせている。

「TOMAKO」(写真上)は、赤と黄色のミニトマトをのせた、見た目にも愛らしい一品。隠し味のオリーブオイルがチーズと相まり、イタリア気分を味わえる一品だ。

チーズ好きなら絶対オーダーしてほしい「濃厚4種のチーズ」(写真上)。チーズが織りなす豊かなうまみにブラックペッパーのアクセントが効いており、思わずワインをとる手が伸びてしまう。

「丸ごと海老」(写真上)はその名前通り、ぷりぷりとした弾力感のある海老が一尾ずつのってインパクト大なビジュアルで登場。フレッシュなパクチーを刻んだオリジナルパクチードレッシングがかかっており、オリエンタルなムードが漂う。

「四川麻辣」(写真上)は、八角や山椒など10種のスパイスを配合したオリジナル四川辣油を絡めていただく。口に入れた瞬間のピリっとした辛みと、後から広がるじんわりとした感覚がやみつきになりそうだ。

餃子の上のトッピングを変えているだけではなく、一品一品にひと工夫を凝らすことで料理としての一体感や、食材の組み合わせが織りなす奥深さ、これまでにない新感覚の味わいを楽しむことができそうだ。

もっちり、食べごたえ抜群! 王道も見逃さないで

スタンダードな餃子も見逃してはいけない。「磯上肉汁餃子」(写真上)は、もっちりとした餃子の皮に豚肉と香味野菜のうまみを閉じ込め、噛めば肉汁がジュワッとしみ出てくる。

ニンニク未使用の「焼き餃子」(写真上)はニンニクの代わりに生姜をたっぷり入れることでしっかりとした味わいを確立。お好みで酢醤油や味噌だれをつけて味わいの変化を楽しみたい。同メニューのみ、ランチタイムでもオーダーすることができる。

積もるチーズが雪のよう!

ランチタイムにお目見えする「とまとらーめん」からご紹介したいのは、たっぷりのパルミジャーノレッジャーノをまとった「チーズ降り積もるとまとらーめん」(写真上)。国産100%の平打ち麺は、天然のかん水を使用したつるっとした爽快な喉越しとコシの良さが身上で、スープとの絡みやすさも抜群。タマネギ、ショウガ、野菜、鶏ガラでとっただしに、約5個分の国産トマトを合わせたスープは、トマト由来の甘酸っぱさの中に、コクやうまみをしっかりと感じられる。

ドリンクメニューはワインやシャンパンが充実。餃子にはビールが定番と思われがちだが、豚挽き肉に野菜のうまみが詰まった餃子は、フレンチの豚肉料理に通じるところがあり、シャンパンやワインがよく合うという。

今後は、リッチ感を感じていただけるトリュフ餃子や、ニンニクをたっぷり使ったストロングニンニク餃子など、餃子のラインナップを増やしていく予定だ。

餃子やラーメンに加え、生ハムの盛り合わせや骨付き唐揚げ、スイーツなど、バラエティ豊かなバルメニューも取り揃えているので、お酒を傾けながら仲間とにぎやかに、時にひとりでゆっくりと、心がほどける時間を過ごしてみてはいかがだろうか。

【メニュー】
磯上肉汁餃子(4ヶ)380円
神戸丸餃子 濃厚4種のチーズ 380円
神戸丸餃子 TOMAKO 380円
神戸丸餃子 丸ごと海老 480円
神戸丸餃子 梅しそ和風 380円
神戸丸餃子 四川麻辣 280円
チーズ降り積もるとまとらーめん 1,100円
※価格は全て税抜

ISOGAMI餃子バル TOMAKO(トマコ)

住所
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8-1-29
電話番号
078-230-1330
営業時間
11:00~15:00(L.O.14:45)、17:00~23:00(L.O.フード22:00、ドリンク22:30)
定休日
無休
公式サイト
https://www.instagram.com/isogami_gyozabaru_tomako/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

スペイン『エル・ブリ』が火を付けた“美食のタパス化”の行き着く先にあった、神戸・鉄板焼きの進化系
スペイン『エル・ブリ』が火を付けた“美食のタパス化”の行き着く先にあった、神戸・鉄板焼きの進化系

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

美しい「進化系おはぎ」にファン殺到! 大注目のおはぎ専門店『タケノとおはぎ』が学芸大学に進出
美しい「進化系おはぎ」にファン殺到! 大注目のおはぎ専門店『タケノとおはぎ』が学芸大学に進出

1.SNSで話題沸騰中! 桜新町のおはぎ専門店『タケノとおはぎ』の2号店が誕生 2.常時7種のおはぎをラインナップ。美しい見た目と素材のおいしさが魅力 3.ホームパーティや手土産にもぴったり! 上品だけど懐かしい日本のソウルフードを再発見

Kyoko Maruyama
ライター/フードアナリスト