「正統派タコス」の立ち食い専門店が大人気! 一番人気は「メニューにない」タコス!?

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

2017年11月25日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • NY
  • 連載
  • 専門店
「正統派タコス」の立ち食い専門店が大人気! 一番人気は「メニューにない」タコス!?
Summary
1. 本場メキシコの味を知る客たちが熱烈支持する、タコス専門店
2.「立ち食い専門」で、店舗数を着々増加中
3.一番の売れ筋は、“メニューにない”タコス

お洒落感よりオーセンティックを重視

立ち食いオンリーのタコス専門店で大人気の店がある。名前は『ロス・タコス・ナンバーワン』。ニューヨークのチェルシーマーケットに小さな1号店がオープンしたのは2013年夏。

2017年7月初めには、タイムズスクエア近くのミッドタウンに約160平方メートルの2号店『ロス・タコス・ナンバーワン タイムズスクエア店』(写真上)をオープン、いつもお客でにぎわっている。来年マンハッタンにも3号店をオープンする予定だ。

『ロス・タコス・ナンバーワン』は、3人の男性がスタートした。クリスチャン・ピネダ氏はメキシコ最北にある街ティファナで生まれ育った。高校卒業後、建築を学ぶためにティファナから国境を越えてすぐのアメリカ・サンディエゴにやってきたピネダ氏は、後に共同創業者となるカリフォルニア出身のタイラー・サンダース氏と出会う。建築家になるべく、西海岸から東海岸のニューヨークにやってきた2人だったが、ピネダ氏はニューヨークにタコスのようなティファナスタイルの食べ物がないことに気づいた。そこで、カリフォルニア出身で映画作家のカイル・キャメロン氏も加わって、3人で『ロス・タコス・ナンバーワン』を始めたのである。

実際、カリフォルニアのタコスに馴染みの深い人にとっては、ニューヨークのタコスの多くは「なんか違う」という感じなのだという。話を聞くと、「普通タコスには使わないソースがかかっていたり、余計な具が入っていたりする」という。ニューヨークで時々ある「普通ラーメンにこんな具はトッピングしないよね」という感覚に近いのかもしれない。『ロス・タコス・ナンバーワン』のウリは「オーセンティック(本物)」だ。それが「本場メキシコのタコスを知る人たち」にウケて、彼らが「ニューヨークでタコス食べるならあそこがおいしいよ」と「本物のタコスを知らない人たち」に広めているようだ。

ランチタイムは大行列、それでも待たずに食べられる

ランチタイムのタイムズスクエア店の前には行列ができ、中はお客で満杯! 平日は特にサラリーマン風の男性が多い。しかしサービスは手際よく、行列の割に待ち時間は少ない。

ドリンクも欲しい人は、レジにたどり着く前に自分でピックアップする。レトロ感のあるセレクションがなんとなく楽しい。メキシコのソーダもある。

レジでオーダーして支払いした後も、ほとんど待つことなく出てくる。オープンキッチンで、作っているところを見られることも安心感がある。

一番の売れ筋は“メニューにない”タコス

一番人気のあるタコスは、なんとメニューにのっていない「ケサ・タコ」(写真上)だ。『ロス・タコス・ナンバーワン』のオリジナルで、トルティーヤがチーズだけでできている。他の皮は柔らかいが、この「ケサ・タコ」の皮はパリっとかためで厚い。手もベトベトになる。しかし、チーズを多く使っているせいか、1つで結構お腹がいっぱいになる。具は他のタコスと同様、ポーク、チキン、ステーキ、サボテンから選ぶ。

具の中で一番人気があるのはポーク・タコ「Taco de Adobada」(写真上・左側)だ。トルティーヤはコーンか小麦粉のいずれかを選択できるが、何も言わなければ通常はコーンのトルティーヤで出てくる。二番目に人気がある具はグリルド・ステーキ・タコ「Taco de Carne Asada」(写真上・右側)。焼いたステーキ用の牛肉を食べやすい大きさに切ってある。

サルサソースや唐辛子など、好みで加えることができる。これは無料。この人気ぶりからすると、3軒目の後もまだまだ増えていく予感がする。


 【メニュー】
ポーク・タコ「Taco de Adobada」 $3.5
グリルド・ステーキ・タコ「Taco de Carne Asada」 $3.75

LOS TACOS No.1(ロス・タコス・ナンバーワン)タイムズスクエア店

住所
229 West 43rd Street New York, NY 10036
電話番号
212-574-4696
営業時間
月曜~土曜:11:00~22:00  日曜:11:00~21:00
定休日
無休
公式サイト
https://www.lostacos1.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

早くも本年度フレンチ界最大のニュースに、伝説のあのレストランが街に帰ってきた

【連載】幸食のすゝめ #059 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
今すぐ予約を!世界の美食家が注目する『プジョル』が、期間限定ポップアップレストランとして日本初上陸
今すぐ予約を!世界の美食家が注目する『プジョル』が、期間限定ポップアップレストランとして日本初上陸

1.メキシコで最も影響力のあるシェフ、エンリケ・オルベラ氏がポップアップレストランを4夜限定で開催 2.世界の美食家が注目する『プジョル』のモダンメキシカンを東京で堪能できる 3.開催場所は数々のコラボイベントを実現してきた、食の殿堂「マンダリン オリエンタル 東京」

dressing編集部