大人気! 「ハンバーグ」がおいしすぎる、福岡の大繁盛ファミリーレストラン『タカサキハンバーグ』

2018年04月09日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 福岡
  • ハンバーグ
  • 洋食
  • 行列のお店
大人気! 「ハンバーグ」がおいしすぎる、福岡の大繁盛ファミリーレストラン『タカサキハンバーグ』
Summary
1.ただただ真摯に作るハンバーグ1本で、行列ができる人気店に
2.住宅も多い立地柄、子ども連れも大歓迎の店づくり
3.お腹いっぱい食べてもらいたいという店主の気持ちが伝わる「ハンバーグ専門店」

老若男女に愛される料理を柱に据えたいと考えたとき、自然とハンバーグにたどり着いた

九州随一のマンモス校、福岡大学がある福岡市城南区七隈に店を構えるが、大学からとくに近いわけではない。学生向けに激安やボリュームで勝負する店でもない。メディアへの露出も控えめで、PRに注力しているわけでもない。

でも休日平日問わず、昼時ともなれば並ぶことがざらの、郊外の注目店。じゃあ、何がそこまで人を惹きつけるのか。それは、純粋に名物として掲げるハンバーグだ。屋号もシンプルに店主の高﨑聡(さとし)さんが営むから『タカサキハンバーグ』。そんな同店の魅力とは?

福岡市城南区七隈というと、福岡市民にとってのイメージは“暮らす町”。福岡大学があることで知られているとはいえ、特別用事がないと行くことは少ないだろう。そんな町に2015年11月にオープンした『タカサキハンバーグ』は、オープンから3年足らずで、行列ができる人気店へと成長した。

肉汁があふれ出る「ハンバーグ」はサイズとソースをセレクト可。とくに4種あるソースはどれも秀逸!

人気店へとなった理由は、純粋にそのおいしさ。名物の「ハンバーグ」はとにかくジューシーで、ナイフを入れるとジュワ~っと肉汁が溢れ出る。

同店の「ハンバーグ」は、180g・210g・300g(150g×2個)の3サイズを用意し、ソースについては4種をラインナップしお客が選ぶスタイル。

とくにソースのクオリティは高く、ショウガの香りが食欲をそそる「ジンジャーソース」、手間ひまかけてじっくり煮込んだ「デミグラスソース」、季節限定だったがグランドメニュー化した山椒がアクセントの「バルサミコソース」など4種を用意。もともと高﨑さんは約20年前にフレンチから料理のキャリアをスタートさせただけに、どのソースも味わいのバランス感が抜群だ。

ハンバーグに、チキン南蛮、エビフライなどが付くセットメニューもあるので、ちょっと贅沢したい人はぜひ。

こちらは「ハンバーグふつうサイズ180g&チキン南蛮」(写真上)。ハンバーグは和風おろしソースをセレクト。ハンバーグの上にのせた大根おろしを酸味がマイルドなポン酢ベースのタレに入れ、ハンバーグにかけて味わうのがおすすめだ。

一方、チキン南蛮はジューシーな鶏モモ肉を使用し、上にのる卵たっぷりの自家製タルタルソースも美味。なお、すべてのハンバーグメニューには、ご飯、味噌汁orコンソメスープ、サラダが付く。ご飯は大盛り無料の上、おかわりも1回限りサービスだ。

基本に忠実に、一つひとつ丁寧に。スチームコンベクションオーブンでパンを焼くようなイメージで膨張させる

注文後にミンチを成形し、焼き上げていくという、時間は要するが王道の作り方を徹底している。「牛と豚の合挽き肉の比率を微調整したり、卵やパン粉といったつなぎの量を変えたりしますが、それは特別なことでもありません」と控えめに話す高﨑さん。

焼き方はまず肉汁が逃げないようにハンバーグの表面を焼き入れ、そこから低温~中温調理が可能なスチームコンベクションオーブンで焼き上げていく。成形から完成まで約15分を要するというから、じっくり火を入れていることがわかる。

焼き上がったハンバーグは、見るからに肉汁が閉じ込められているパンパンに触れ上がった状態で、熱々の鉄板上でジュージューと音を立てながら、目の前に登場。立ち上る香り、鉄板上でソースが煮え立つビジュアルなど、五感から食欲をそそられる。

人気No.1の「オリジナルハンバーグふつうサイズ180g」。写真は大根おろしを入れることで優しい甘みを引き出すジンジャーソース。ほのかにニンニクをきかせた醤油ベースのソースで、ご飯との相性もピッタリ!

ちなみにご飯も炊きたてを提供したいと、営業中もこまめに炊飯。とにかく、手間を惜しまず、おいしさを追求する姿勢が好印象。

ナイフを入れると肉汁が溢れ出てきて、ソースになじんでいく。もちろん食感もジューシーで、ふんわり♪

コーヒーやカフェオレ、紅茶、ジュースは食事利用した場合、+170円でオーダー可。

店内のしつらえもシンプルに、子ども連れでも利用しやすい

店はテーブル席をメインに全24席。幼児向けにキッズチェアや絵本をはじめ、ミニハンバーグ、エビフライ、フライドポテトなどが付く「お子さまごはん」をワンコインで準備する。高﨑さん自身も子育て世代で、自分の経験上、子ども連れでも行きやすい店をつくりたかったそうだ。

家族連れに重宝されている小上がり席。席の予約は受付けていないので、来店した際に空き状況を確認してみよう。

お客のリクエストから商品化したドレッシングは1本330ml入りで、480円で販売。2018年1月に販売をスタートしたばかりだ。

店内に飾られている絵は高﨑さんの父親が描いたもの。1カ月~2カ月に1回のペースで展示する作品を変えており、毎回楽しみにしているご年配の人もいるそう。

特別凝ったことはしていないし、奇をてらった料理で注目を集めているわけでもない『タカサキハンバーグ』。「ここのハンバーグがおいしいから」という純粋な理由で、ファンを増やしていることが、同店のすべてだ。特別用事がないと行くエリアではないと先に述べたが、「ハンバーグを食べに行く」という理由は大いにありだろう。

【メニュー】
オリジナルハンバーグふつう180g 920円
オリジナルハンバーグ大きめ210g 1,030円
オリジナルハンバーグ2個150g×2 1,360円
月見ハンバーグ 1,020円〜
チーズハンバーグ 1,120円〜
ハンバーグ&クリームコロッケ 1,190円〜
ハンバーグ&チキン南蛮 1,190円〜
チキン南蛮定食 850円
カレーライス&ハンバーグ 1,090円
※価格は税込

タカサキハンバーグ

住所
〒814−0133 福岡県福岡市城南区七隈5-7-13
電話番号
092-863-7717
営業時間
11:00〜15:00(LO.14:00)、18:00〜22:00(LO.21:00)
定休日
日曜
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/e3ur2kfh0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

グルメバーガー界の新鋭が大集合!溢れ出る肉汁ジュワ~を体験
グルメバーガー界の新鋭が大集合!溢れ出る肉汁ジュワ~を体験

1.肉汁がほとばしる肉バンズ×野菜のバーガーが話題!大胆奇抜なメニューが揃うお店 2.黒毛和牛の旨みを最大限に引き出したパティがたまらない、行列ができる代官山のハンバーガー店 3.とろける和牛100%パティとチーズが溢れ出す、ハンバーグ専門店が作ったハンバーガー店

dressing編集部

上質だけど気取らない! 季節ごとに通いたくなる、荒木町の日本料理店『馳走 こんどう』
上質だけど気取らない! 季節ごとに通いたくなる、荒木町の日本料理店『馳走 こんどう』

1.荒木町の人気店『和食 こんどう』の店主が2店舗目『馳走 こんどう』を開業! 2.ゆったりした空間でじっくりと楽しむコース料理は、創意ともてなしの気持ちが込められる 3.上質な食材を求めて各地を走り回る店主。お客に寄り添った価格や設えで、季節ごとに通いたくなる!

nobiko
ライター
早くも本年度フレンチ界最大のニュースに、伝説のあのレストランが街に帰ってきた【奥沢】

【連載】幸食のすゝめ #059 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。 ※この店舗は閉店しました

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン