NYで人気の「クロフィン」とユニーク な「クロワッサン」の店が、日本上陸間近!?

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

2018年02月11日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • 連載
  • NY
  • ベーカリー
  • スイーツ
NYで人気の「クロフィン」とユニーク な「クロワッサン」の店が、日本上陸間近!?
Summary
1.クロワッサンとマフィンのハイブリッド「クロフィン」の人気店
2.フィリングやトッピングにこだわり、食べごたえのあるボリューム
3.現在、東京で出店場所を物色中!

オーストラリアが発祥の地のクロフィンがニューヨークで人気に

クロワッサンの生地をマフィンの型で焼いたパン。縦長になるそのパンは、「クロフィン」と呼ばれている。クロフィンは元々オーストラリアのメルボルンで生まれたが、アメリカではサンフランシスコを本拠とする『ミスター・ホームズ・ベイクハウス』が作り始め、アメリカでの登録商標を取得している。

『ミスター・ホームズ・ベイクハウス』は、オーストラリア人シェフであるライ・ステファン氏と、ビジネスパートナーのアーロン・ティゼマス氏、アーロン・キャデル氏とで立ち上げられた。続いてステファン氏がティゼマス氏と2017年10月、ニューヨークのローワーイーストサイドに新しい店『スーパームーン・ベイクハウス』をオープンし、人気を集めている。今後、ニューヨークでさらに店舗数を増やしていきたい意向だが、現時点での次の出店目標地は“東京”だ!

ステファン氏は14歳のときからメルボルン、パリ、サンフランシスコのレストランで働いてきた。ステファン氏は、クロフィンやちょっと変わったクロワッサンをつくるようになったことについて、「クロワッサンは、誕生してからあまり進化していない。クロワッサンの生地を使って変わったフォルムで遊んでもいい時なんじゃないかと思った」と説明する。ステファン氏によると、『スーパームーン・ベイクハウス』は創造性、テクニック、味、ビジュアルデザインにおいて、『ミスター・ホームズ・ベイクハウス』をさらに進化させているという。クロワッサンの中には、出来上がりに3~4日かかるものもあるという。

一番人気のクロフィンは朝10時までに売り切れることも!

『スーパームーン・ベイクハウス』で一番人気のあるのは、「アップルパイのクロフィン」(写真上)だ。

リンゴとキャラメル、シナモンクリームが詰まっていて、上にはホワイトチョコレートクリームがかかり、砕いたパイ皮や金箔がのせられている。『スーパームーン・ベイクハウス』では毎週異なる商品をつくるので、この「アップルパイのクロフィン」がいつもあるとは限らない。しかしつくった日は、朝10時までに売り切れることも珍しくない人気商品だ。

次に人気があるのは、「バナナスプリット・サンデー・トワイス・ベイクト・クロワッサン」(写真上)。

真空調理法で調理されたバナナ、バナナキャラメルソース、アーモンドクリームなどが中につまっている。トッピングに使われているバナナは水分を抜いてあって、ちょっとカリっとした食感がなかなかおいしい。

[photo by David Lebovitz]

3番目に人気があるのは、スモークサーモンとクリームチーズ、ケイパーが入ったクロワッサン「NYC」(写真上)。

ニューヨークではスモークサーモンとクリームチーズが入ったベーグルが人気があることから、それのクロワッサン版をつくったというわけだ。甘いものが苦手な人、ランチで食べたい人にはこれがお勧め。

サンプルが並ぶ店内と、透明性を重視したキッチン

店内はゆったりしていて、ベビーカーを押しながらやってくる女性も少なくない。細長いカウンターにサンプルが並べられたディスプレイもユニークだ。

奥にキッチンがあり、すべてここでつくられている。ガラス張りであることも、「透明性」を重視する昨今の風潮にピッタリだ。

東京進出に関しては現在、2018年または2019年初めのオープンを目指して出店場所と投資家を探している段階だ。すでに東京を6回訪れているというティゼマス氏は、「街だけでなく、日本人、カルチャー、日本のユニークなところが大好き! 日本人ほど品質とテクニックに高い尊敬の念をもっている人たちはいないし、誰よりも我々の商品を喜んでくれる」と話す。東京に進出したら、日本の伝統的なフレーバーも取り入れていく模様だ。


画像提供:SUPERMOON BAKEHOUSE


【メニュー】
apple pie cruffin(アップルパイのクロフィン) $6.00
banana split sundae twice-baked croissant(バナナスプリット・サンデー・トワイス・ベイクド・クロワッサン) $8.00
NYC(スモークサーモン、クリームチーズ、ケイパーのクロワッサン) $7.00

問い合わせ先: weirdoughs@supermoonbakehouse.com

SUPERMOON BAKEHOUSE(スーパームーン・ベイクハウス)

住所
120 Rivington Street, New York, NY 10002
営業時間
月曜~金曜 8:00~18:00、土曜・日曜 9:00~18:00(売り切れ次第終了)
定休日
無休(年末年始12/25~1/4は休業)
公式サイト
https://www.supermoonbakehouse.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

四谷三丁目・曙橋の『てんぷら荘司』は、腕利き蕎麦屋主人 新井大琳さんが通ううまい店

【腕利き料理人が通ううまい店】世の食いしん坊たちを魅了する腕利き料理人こそ、選ばれし生粋の食いしん坊。好奇心を刺激しに、疲れた身体を癒しに通う店には、間違いない味と心意気がある。料理人から料理人へ、バトンを受け継いでとっておきの一軒を追う。

須永久美
ライター
「正統派タコス」の立ち食い専門店が大人気! 一番人気は「メニューにない」タコス!?
「正統派タコス」の立ち食い専門店が大人気! 一番人気は「メニューにない」タコス!?

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家