【オーブン不要】アメリカのおふくろの味「マカロニ&チーズ」をいろんな種類のチーズで楽しもう!

2018年02月27日
カテゴリ
レシピ・キッチン
  • レシピ
  • アメリカン
  • 洋食
【オーブン不要】アメリカのおふくろの味「マカロニ&チーズ」をいろんな種類のチーズで楽しもう!
Summary
1.アメリカの定番家庭料理「マカロニ&チーズ」の作り方
2.オーブン不要! 手軽に作れるのも大きな魅力
3.定番のチェダーチーズの他、クリームチーズ、ブルーチーズを使ったレシピも紹介

寒い日に無性に食べたくなるのが、こってりと濃厚な味わいのメニュー。そこで今回は、そんな日にぴったりの「マカロニ&チーズ」を紹介しよう。

マカロニ&チーズとは、その名の通りマカロニにチーズをまとわせた、アメリカの定番料理。家庭のみならず学食やレストランでも提供されており、さらには缶詰でも売られているほど、アメリカで愛されているメニューだ。

見た目が黄色くなるくらいにチェダーチーズをたっぷり使うのが基本的な作り方だが、今回は基本の作り方に加えて、クリームチーズ、ブルーチーズを使ったアレンジレシピを2つ紹介しよう。

■アメリカ食卓の味を完全再現! 基本の「マカロニ&チーズ」の作り方

マカロニ&チーズ用のチーズソースは、アメリカではレトルトのペーストを使うことが多くなってきたが、日本のスーパーでは置かれていないこともあるので、ここではソースから手作りする方法を紹介する。

ひと口食べればチーズの香りが口いっぱいに広がり、強めの塩加減がさらなる食欲を誘う。ゴロゴロのマカロニの食感が楽しい、アメリカのグランマの味を再現してみよう。

■材料 (2人分)

・タマネギ … 100g(約1/2個、みじん切りにする)
・ベーコン … 100g(みじん切りにする)
・バター … 30g
・薄力粉 … 10g
・マカロニ … 80g
・オリーブオイル … 適量(分量外)
・牛乳 … 300ml
・シュレッドチェダーチーズ … 100g
・塩 … 適量
・コショウ … 適量
・パン粉 … 大さじ2
・オリーブオイル … 大さじ1
・粉チーズ … 大さじ2

■作り方 (調理時間:20分)

<下準備>
・チェダーチーズが塊の場合は、チーズおろしなどで削っておく。
・薄力粉をふるっておく。

① 鍋に1Lのお湯を沸かして塩小さじ1(分量外)を加え、マカロニを表示通りにゆでる。

② ①の水気をよく切り、オリーブオイルを回しかけておく。

③ フライパンでベーコンを炒め、油が出てきたらタマネギを合わせる。タマネギが透き通るまでさらに炒め、一旦取り出す。

④ フライパンにバターを熱して溶かし、ふるった薄力粉を加え、ヘラで混ぜる。

⑤ ④に牛乳を少しずつ加え、よく混ぜながら弱火でとろみがつくまで加熱する。

⑥ ⑤にチェダーチーズを加え、チーズを溶かす。

⑦ ⑥のフライパンに②のマカロニ、③のベーコンとタマネギを加えて全体を混ぜ合わせる。お好みで塩コショウで味を調え、器に盛る。

⑧ フライパンにオリーブオイル(分量外)を熱し、パン粉を弱火でこんがりと焦げ目がつくまで炒める。

⑨ 別の器で⑧と粉チーズを混ぜ合わせ、⑦にかける。


オーブンを使わず、フライパンだけで手軽に作れるのもマカロニ&チーズの魅力。
続いて、定番のチェダーチーズ以外のチーズを使ったアレンジレシピも紹介しよう。

■ほどよい酸味と深いコク!「クリームチーズ」で作る、海老とブロッコリーのマカロニ&チーズ

基本のマカロニ&チーズの作り方をマスターしたら、今度はクリームチーズでも作ってみよう。酸味が強めで、やわらかな香りが特徴のクリームチーズは、海老やブロッコリーなどの食材の風味と相性が良い。

クリームチーズは粘り気が弱いため、牛乳と薄力粉で粘りのベースを作っておくことで、マカロニにソースがからみやすくなる。また黒コショウは、香りの強い挽きたてのものを用意するのがオススメ。

■材料(2人分)

・薄力粉 … 10g
・バター … 20g
・マカロニ … 80g
・ブロッコリー … 1/2株(小房に分ける)
・むき海老 … 100g
・クリームチーズ … 100g
・牛乳 … 250ml
・塩 … 適量
・コショウ … 適量
・粗びき黒コショウ … 適量
・オリーブオイル … 大さじ1

■作り方(調理時間:20分)

<下準備>
・薄力粉(10g) はふるっておく。
・クリームチーズ、牛乳を室温に戻す。

① 鍋にお湯1Lを沸かして塩小さじ1を加え、表示通りの時間茹でる。茹で上がりの1分前にブロッコリーとエビを加え一緒に茹でる。ザルにあげ、水気を切る。オリーブオイルを回しかけておく。

② フライパンにバターを入れて溶かし、ふるった薄力粉を加えヘラで混ぜ、牛乳を加えよく混ぜながらとろみがつくまで加熱をする。

③ ②にクリームチーズを加え、クリームチーズを溶かす。

④ ③に①を加え全体を混ぜ、必要であれば塩コショウで調味をする。

■香りをめいっぱい引き出した「ブルーチーズ」で作る、豚ときのこのマカロニ&チーズ

強い塩気とうまみ、そしてツンとした独特な香りがクセになる「ブルーチーズ」。そんなブルーチーズでマカロニ&チーズを作れば、風味のよさを存分に味わうことができる一品に。

材料にはきのこと豚肉を入れ、最後にクルミをかけるのがポイント。クルミの芳ばしい香りが加わることで全体のバランスをとりつつも、奥行きのある味わいになる。

■材料(2人分)

・バター … 20g
・薄力粉 … 10g
・牛乳 … 250ml
・マカロニ … 80g
・豚ロース … 100g
・塩 … 適量(豚ロースの下味用)
・コショウ … 適量(豚ロースの下味用)
・薄力粉 … 適量(豚ロースの下味用)
・白ワイン … 大さじ2
・シメジ … 1パック
・ブルーチーズ … 100g
・粉チーズ … 30g
・クルミ … 大さじ1
・オリーブオイル … (分量外)

■作り方(調理時間:20分)

<下準備>
・薄力粉(10g) はふるっておく。
・豚ロースは一口大に切り、塩コショウをふり、薄力粉を全体にまぶしておく。
・クルミは食べやすく粗く刻む。

① 鍋にお湯1L を沸かし、塩小さじ1を加え、表示通りの時間茹でる。ザルにあげて水気を切り、オリーブオイルを回しかけておく。

② フライパンにバターを入れ溶かし、ふるった薄力粉を加えベラで混ぜ、牛乳、ブルーチーズ、粉チーズを加えよく混ぜ、とろみがつくまで加熱をする。

③ 別のフライパンに、オリーブオイル(分量外)を少量熱し、下準備をした豚ロースに白ワインをまわしかけ、シメジも加え炒める。

④ ②に③を加え混ぜ、①のマカロニを加え全体にからめ、お好みで塩コショウ(分量外)を入れ味を調味する。器に盛り付け、クルミをちらす。

アメリカの定番メニュー「マカロニ&チーズ」の作り方を3種類紹介した。家庭料理だけあって、基本的なコツさえ押さえれば作り方は難しくない。アレンジの幅も広いので、ぜひ今回のレシピを参考にお好みの味を見つけてみてほしい。



【レシピ作者プロフィール】
レシピ制作:フードクリエイティブファクトリー
「あなたとあなたの大切な人との暮らしをもっと穏やかで創造的に」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。
食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、
イベントなどを手がけています。
HP:http://foodcreativefactory.com/
Twitter:https://twitter.com/fcf_staff?lang=ja
Instagram:https://www.instagram.com/foodcreativefactory/

関連記事

大人を魅了する絶品「マカロニ&チーズ」。おいしさの秘密は、伝統的な製法で作られる○○チーズだ
大人を魅了する絶品「マカロニ&チーズ」。おいしさの秘密は、伝統的な製法で作られる○○チーズだ

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家