繊細で美しい! 見た瞬間に引き込まれる都内の個性派「イノベーティブフレンチ」まとめ3選

2018年05月27日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • まとめ
  • フレンチ
繊細で美しい! 見た瞬間に引き込まれる都内の個性派「イノベーティブフレンチ」まとめ3選
Summary
1.あのアニメの球体が登場!? 見た目の驚きからはじまるフレンチ『Ode(オード)』
2.まるでステージを観ているかのよう! ライブ感に興奮が止まらない『SECRETO(セクレト)』
3.若き実力派のトリオが腕をふるう! 和の素材との絶妙なフュージョンが話題の店

料理における"イノベーティブ”は、国籍にとらわれないオリジナリティあふれるスタイルを指す。つまりイノベーティブフレンチとは、フレンチをベースにした個性的な料理のこと。料理の味わいだけでなく、ビジュアルのオリジナリティやパフォーマンスにも驚かされる、東京でいま大注目の「イノベーティブフレンチ」を3店ご紹介していこう。

ユニークな料理に驚きの連続! グレイッシュな空間で楽しむ個性的なフレンチ『Ode(オード)』

『Ode(オード)』のオーナーシェフは、フランス料理の名店でシェフとしてのキャリアを積み、名だたる料理人からの評価も高い生井祐介さん。内観からスタッフのコスチュームまでグレーで統一された空間からすでにオリジナリティが発揮されている。

カウンター、皿、料理が同化したシグネチャーメニュー「サンマ ブータンノワール 尾崎牛」(写真上)はご覧のとおり見た目からは味の想像ができない驚きの一皿。どんな味わいなのかは、食べてからのお楽しみだ。

他にも、某人気アニメを彷彿させる"球体"をイメージしたフィンガースナックなど、アートな見た目で驚かせたあと、その上品かつ繊細な味わいで、さらにお客を楽しませてくれる 。

【店舗情報】
Ode(オード)
住所:〒150-0012 東京都渋谷区広尾5-1-32 ST広尾2階
電話番号:03-6447-7480

>>>この店を特集している記事を読む

臨場感のあるパフォーマンスに釘付け! 大切な人と訪ねたい 秘密のフレンチ『SECRETO(セクレト)』

ダークグレーの店内に必要最小限の明かりだけが灯され、シックで洗練された様が美しい 『SECRETO(セクレト)』。フランスやスペインの名店で修業し、国内のラグジュアリーホテルでもシェフを務めた薮中章禎(やぶなかあきよし)さんがオーナーシェフを務める。

見た目はフレンチ、スパニッシュ、和を融合した革新性がありながらも、味わいは王道フレンチそのもの。どれも素直においしいと思えるフレンチだ。

厨房と客席の間にあるアイランドテーブルで繰り広げられる、ショーさながらのパフォーマンスにも驚かされる。パフォーマンスを通じて生まれる、シェフとお客同士の不思議な親密感は、同店でしか味わえない体験だ。

【店舗情報】
SECRETO(セクレト)
住所:〒162-0855 東京都新宿区二十騎町2-23 ランピオンイゴー102
電話番号:03-6265-3664

>>>この店を特集している記事を読む

和の素材と世界的な視野で創りだす新感覚ディッシュ! 期待の若手トリオが開いた話題の店

2017年の年末に東京のレストラン界をざわつかせる店が誕生した。デンマークの『Kadeau(カドー)』で修業を積んだシェフ、オーストラリア・メルボルンの『NORA(ノラ)』のヘッドソムリエに、東京・西麻布の『レフェルヴェソンス』のソムリエ。そんな期待の若手トリオが新しくオープンしたレストランだ。

料理は和の素材を生かし、大胆なクリエイティビティと豊かなセンスで、食の未来と世界を感じさせる。味に関しては奇を衒(てら)った味覚など一切感じさせない、彼らの繊細さに驚くものばかりだ。

さらに、料理だけでなく一緒に提供されるお酒のペアリングがすばらしい。2人のソムリエが選ぶワインは、提供されるメニューにうまくマッチする。
イノベーティブなフレンチがまだ未経験の人には、特にオススメしたい店だ。

>>>お店の名前は、このレストランを特集している記事をチェックしてみよう!

関連記事

利き酒師・あおい有紀アナお忍びの店!『瓢亭』日比谷店で愉しむ繊細かつ斬新な京料理に寄り添う美酒
利き酒師・あおい有紀アナお忍びの店!『瓢亭』日比谷店で愉しむ繊細かつ斬新な京料理に寄り添う美酒

唎酒師、一級フードアナリストの資格をもち、大の日本酒好きとして各メディアで活躍中のフリーアナウンサー・あおい有紀が、選りすぐりの和酒のお店を訪れ、お店とお酒、人の魅力に迫る! # 京料理×日本酒 南禅寺 瓢亭 日比谷店

あおい有紀
フリーアナウンサー/和酒コーディネーター
表参道にたたずむ隠れた肉天国! 豪快から繊細まであらゆる肉の魅力が堪能できる『M'S AOYAMA』
表参道にたたずむ隠れた肉天国! 豪快から繊細まであらゆる肉の魅力が堪能できる『M'S AOYAMA』

【連載】肉の兵法 第十四回  肉に向かうときに雑になってはならぬ。どこでどんな肉を食べるのか、組み立てるのが大人のたしなみであり、男の作法。「大人の肉ドリル」著者である松浦達也氏がうまい店の肉をさらにうまく食べるための作法を解説する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト
リアルタイムのパリに出会う閃きと驚きがいっぱいの料理たち、早くも予約困難必至のフレンチ【渋谷】

【連載】幸食のすゝめ #077 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン