昼から飲める!世界ナンバー1のバー『The SG Club(ザ エスジー クラブ)が日本上陸【渋谷】

2018年10月17日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 渋谷
  • バー
  • 隠れ家
昼から飲める!世界ナンバー1のバー『The SG Club(ザ エスジー クラブ)が日本上陸【渋谷】
Summary
1.昼下がりから飲める1階、18時に幕が開くスペシャルな地下。2つの顔を持つカクテルバー
2.ノンアルコールカクテルも丁寧に作り、お酒を飲まずとも親しめる
3.コンセプトには1860年のサムライの渡米に始まるストーリーを秘める

世界1のカクテルバーが日本へ! 店名の、「S」と「G」に込められた思いとは?

渋谷の表通りから1本入った路地。自然にエイジングされた古い建物に『The SG Club(ザ エスジー クラブ)』は誕生した。外席とテイクアウトのコーナーもあり、一見、バーの外観とは思えないが、開店4カ月を過ぎ渋谷の街に馴染みはじめている。

こちらのお店について語る前に、まずはFOUNDER&PROPRIETOR(創業経営者)の後閑信吾(ごかんしんご)さんを紹介しよう。後閑さんは2006年に渡米。下積みを経てニューヨーク『Angel’s Share』のヘッドバーテンダーとなり、2012年にカクテルの大会「Bacardi Legacy Cocktail Competition」に米国代表として出場、優勝した。その後、2014年に上海で『Speak Low』を開業し、世界トップ10のバーに。そして昨年、『Sober Company』を開業。瞬く間に人気になり、Tales of the Cocktail で「International Bartender of the Year」を受賞した。渡米から12年の歳月を重ね、いよいよ日本上陸と相成ったのだ。

店名のゆかりを単純に、「Shingo Gokan」と思うなかれ。実は、もっとずっと深い意味が秘められている。「S」はゆっくり飲む「Sip」。「G」はゴクゴク飲む「Guzzle」。同地の番地を記した扉の向こうには、「S」と「G」、2つのカクテルバーがあるのだ。

1階はゴクゴク飲む「Guzzle」。ノンアルコールも充実の、みんなのバー

スケルトンだった縦長の空間に25席を配置した1階は、スタンディングもOK。昼下がりにオープンするので、明るいうちから気軽に飲めるし、お子様連れもウエルカム。メニューはお茶割りやレモンサワーといったカジュアルで飲みやすい、ハイボリュームのカクテルを中心に、バリスタが淹れるコーヒー「モクテル」も充実する。モクテルとはMock(擬似の意)とCocktailを合わせた造語で、単にノンアルコールカクテルと表現できない創意工夫のある飲み物のこと。お酒を飲めなくても楽しめる、「みんなのバー」なのだ。

巷のバーはメニューがないことが多いが、同店はメニューブックを充実させ、どんな材料を使っているかを明記している。「メニューにあるのは、自信作ばかりです。ぜひよく読んで選んでください」と、後閑さんは言う。

見た目、組み合わせ、味、食感のすべてが新しい!

しかし、読めば読むほどどれも惹かれて、迷ってしまう。そんな時は、「茶割」がおすすめ。月替りの茶割から、バカルディ、水出し阿波番茶、ソーテルヌワインを使った「葉月の茶割」(写真上・取材時の8月限定)を注文。ひと口含むと、驚くほどまろやか。角がすっかりとれた優しいテイストの理由は、水出しの阿波番茶でバカルディ、ソテールヌワインを、なんと、前割り(事前に割って一晩以上寝かせておくこと)しているからだ。

丁寧に抽出する、自家製ノンアルコールジンでモクテル

ノンアルコールの「ジントニック」は、ノンアルコールジンを時間をかけて抽出するところから始まる。お酒のカクテルより手間もコストもかかるが、「ノンアルコールカクテルを丁寧に作るからこそ、バーをみんなの場所にできるんです」と、後閑さん。本当にノンアルコールなのだろうか? と思うほど、お酒を飲んだ感じがする。「モクテル」とは、お酒を飲める人も十分に楽しめるノンアルコールカクテルなのだろう。

「セクシーコラーダ」(写真上)は、バカルディ、パイナップル、ココナッツウォーター、フレッシュのライムをスムージースラッシュマシンで、ゆっくりまわしながら凍らせたカクテル。果実をくり抜いたパイナップルがそのまま器なので、運ばれると注目の的になるカクテル。隣席にも笑みが伝染しそうだ。 

カクテルを気軽にテイクアウトもできる

テイクアウトコーナーがあるのも、バーの新しい試みと言えよう。腰を据えて飲むにはまだ早い時間や、散歩のお供におすすめは、アールグレーを使った「ティーボール」(写真上)。バリスタ兼バーテンダーで、シューシャイナーでもある堀口洋輔さんが接客にあたる。「麻婆豆腐をトッピングしたホットドッグのテイクアウトも、おすすめですよ」。

18時にオープンの地下へは店内階段を降りる

階段を降りると、バー店内までの間に、遊び心で作ったシューシャインブース『Sip and Shine』(写真下)がある。

シューシャインコースは3種類あり、一番クイックな「梅」(所要時間約10分)は、ブラッシング、クリーム、ワックス、さらに仕上げのウイスキーボリッシュで完了だ。高くなったシートに座り、シューズを履いたまま、シューシャイン。履いたまま触れてもらうとフットマッサージ的な効果があり、カクテルを味わう前のリラクゼーションになる。

6月16日にオープンした理由がメニューブックに

「東京での出店を考えた時、あるストーリーが浮かんだんです」と、後閑さん。それは、「日本で初めて本場のカクテルを味わったのは、幕末にアメリカへ渡ったサムライだったかもしれない」という、ロマン溢れる仮説だ。

メニューブックにある古い写真は、1860年6月16日のもの。渡米したサムライたちを迎えるパレードに5万人を超える人々が集まった光景だ。これが、6月16日にオープンした由縁。メニューを綴る書体も、1860年代のものを採用している。

地下は、畳や行灯、格子戸、障子を取り入れ、1860年に渡米したサムライの時代を彷彿させる。額に入っているのは、かの時代の着物の染め型だ。注目すべきは空間を照らす灯りだが、銀箔を利用して光量を増やしつつも、開店時間以降、徐々に暗くなるよう仕掛けが施されている懲りようだ。

地下はゆっくり飲む「Sip」。独創的なカクテルをしっとり味わう

より落ち着いた空間の地下では、後閑さんの感性が隅々まで息づく、繊細かつ大胆で独創的なカクテルに出逢える。

1階、地下の共通点として、カクテルの提供がスピーディーだ。実際、カクテルは基本「1分で作る」を、心がけている。後閑さん曰く、「僕がまだ駆け出しで、ニューヨークで働いていた頃は、とにかく忙しくてオペレーションに追われて、表現したいことが思うようにできなかったのです。その経験を踏まえ、営業前に下ごしらえを完璧にしているんです」。その分、カウンター越しにたくさん会話ができるというわけだ。

自信作の1つ「トマトツリー」は、1本の木をイメージしたカクテル。グラスのふちを纏うのはマルドン海塩、中央に浮かぶのは蜂蜜に漬けたチェリートマト。色のコントラストにうっとりしつつ口に含むと、すーっと清々しさを感じる。花酒や樹液酒などが重なり、後からトマト香の余韻が、ふっ。透明なのに幾重にも重なる表情の伸びやかなこと!

「バーホッパー(1晩に複数のバーをハシゴする人たち)はもちろん、フーディ(真においしい料理を求める美食家たち)にこそ来店していただきたい。レストランにも詳しい人はバーにも詳しい、またその逆も言えるのです」と、後閑さんは語る。東京のバー・シーンに新風が巻き起こる予感がするインタビューのラストは、世界共通のことわざ、「酒は妙薬。楽しく飲んで医者いらず!」で締めくくってくれた。

次の展開は、会員制のシガーバー。Coming soon!

【メニュー】
▼1F「Guzzle」
茶割 1,200円
レモンズサワー 1,200円
ナンバーワンカップ 1,200円
ノンアルコール・ジントニック 900円
ノンアルコール・モスコミュール 900円
COEDO SESSION IPA(ビール) 1,000円
TOKYO CRAFT PALE ALE(ビール) 1,100円
ティーボール(テイクアウト) 700円
麻婆ドッグ 650円
▼地下「Sip」
セントトーマス 1,700円
ホワイトコーヒーフィズ 1,700円
トマトツリー 1,700円
シャンパンアンドアイスクリーム 2,300円
*地下はサービス料10%
▼SHOESHINE「Sip and Shine」
梅(所要時間約10分)1,000円〜
ブラッシング、クリーム、ワックス、ウイスキーポリッシュ
※価格は税込

The SG Club(ザ エスジー クラブ)

住所
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-7-8 1F・BF
電話番号
03-6427-0204
営業時間
14:00~2:00(Sipは18:00オープン。金土は3:00クローズ。)
定休日
不定休
公式サイト
http://sg-management.jp

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

最強レモンサワー酒場『The OPEN BOOK』店主が案内する、コワくない新宿ゴールデン街の歩き方
最強レモンサワー酒場『The OPEN BOOK』店主が案内する、コワくない新宿ゴールデン街の歩き方

【連載】幸食のすゝめ #032  食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
【表参道】フレンチ『NARISAWA』がバーをオープン! カクテルがウマすぎる『BEES BAR』
【表参道】フレンチ『NARISAWA』がバーをオープン! カクテルがウマすぎる『BEES BAR』

1.コンセプトは、「日本の森・里山とともに生きる」。南青山にある有名店『NARISAWA』のオーナーシェフ・成澤由浩さんが手がけるバー 2.シナモンやマンゴーまで国産使用! 日本の自然の恵みを体感できるカクテルが豊富 3.完全予約制の特別な時間を、躍動感あふれる日本の風景写真が演出する

松井一恵
文筆家
【京都・いま一番話題になっている京料理店にて】真新しい店で常連になるための近道はどうすればいいのか?

【京都で恥をかかない遊び方】日本はもちろん世界中から観光客が訪れる京都。雑誌や書籍にもインターネット上にもさまざまな情報が飛び交い、もはや京都のことは誰でもわかる時代になった、、、と思いきや京都には1,000年の都ゆえの深~い伝統と流儀、そしてマナーがある。そんな京都でいかにして恥をかかずに愉しめるか?京都在住で関西の食文化に精通するコラムニスト・門上武司さんが知識を伝授する。