フランス人パティシエが目の前で仕上げてくれる!魅惑のスイーツカフェ『ヌメロサンク・パリ』

2018年11月01日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 目黒
  • 自由が丘
  • スイーツ
  • ショコラ
  • テイクアウト
  • 手土産
フランス人パティシエが目の前で仕上げてくれる!魅惑のスイーツカフェ『ヌメロサンク・パリ』
Summary
1.土日祝日限定オープン!フランス人パティシエ、マチュー・パンソン氏による魅惑のスイーツLABO
2.カウンターのイートインスペースは、シェフの手仕事が間近に見られる特等席
3.味も見た目も自信あり!こだわりの焼き菓子は本物志向の手土産として注目

東急電鉄大井町線・自由が丘駅の隣、緑が丘駅から徒歩1分、閑静な住宅街の一角にスイーツLABO『Numéro 5 Paris(ヌメロサンク・パリ)』がオープンした。

平日はコンサルティング、フードスタイリング、メニュー開発など、スイーツのあらゆる要望にこたえるスイーツプロデュースカンパニー。そのLABOが土日祝日限定でスイーツを販売し、ケーキ作りの様子をみながらイートインができるカウンター席を開放している。

マチュー・パンソン氏(写真上)は15歳からフランス・パリでパティシエやフードスタイリストの経験を積み、2012年に来日。製菓専門学校の講師や中目黒『グリーン ビーン トゥ バー チョコレート』の立ち上げを経て、『ピエール・エルメ・パリ・ジャポン』のシェフパティシエを経験した。

店内で販売されているケーキは季節ごとに変わる。

メニューはクラシカルなものがベースになっているが、フォルムや素材の組み合わせにより、今までにない洗練された独創性の高いケーキだと評判だ。

撮影時は左から順に「Paris-Tokyo(パリブレスト)」「パンソン家のタルトタタン」「ティラミス・アンポルテ」「モンブランとすだち」「プラネットショコラ」の5種類。

『グリーン ビーン トゥ バー』でショコラティエとして腕を磨いたマチュー氏だけに、チョコレートの繊細な口どけやカカオ本来の味わいを引き出した「プラネットショコラ」(写真右)は真似のできないおいしさだ!

▲濃厚なチョコ尽くしの「プラネットショコラ」(写真上)

カカオニブ入りのクレームショコラとビスキュイショコラの入ったムースは、ダークチョコに包まれ、ローストしたグラノーラのサクサク生地がいいアクセントになっている。

カカオのシャープな香りやほろ苦さ、チョコレートのなめらかな口溶けなど、様々な角度からチョコレートのおいしさが次々に押し寄せて来る。

ショコラ好きにとっては垂涎ものの、まさに逸品である。

人気の「モンブランとすだち」(写真上)はほんのりとラム酒が香るマロンペーストとクリームの中に、爽やかなすだちのコンポートと黒糖のスポンジが合わさり、和の香りが漂う。

マシュー氏が自ら買い物に出向き、気になる日本の食材を実際に手に取ることで、新メニュー考案のヒントを得ている。

芸術的なのはスイーツだけではない。
内装やオープンな構造のキッチンも、自然光が溢れ洗練されたスタジオのような空間だ。

マチュー氏の繊細な手仕事が間近に見られる特等席のイートインスペースは、カウンター7席のみ。

「こどもが見ても素敵だと思ってもらえるようなケーキを作りたい。そのためには味だけではなく、見た目も匂いも音も、全てを楽しんでほしいんです」と、マチュー氏は言う。

こちらの席ではケーキの他、ブラウニーをトッピングしたソルベ、パフェやドリンクが注文できる。

LABOの中でしか食べることのできないパフェシリーズは2種類。

こちらが定番のパフェ「ショコラ」(写真上)。もうひとつはケーキと同様、季節ごとにメニューが変わる。

自家製のほろ苦いショコラとなめらかなバニラソルベ、サクサクのマカロンラスク、しっとりとしたブラウニー、カリカリのグラノーラ。

驚くほどに一つひとつの完成度が高い。そしてそれらを組み合わせることで、五感を刺激するストーリー性のある美しいパフェが完成する。

カウンター横にあるカヌレ(写真上)も絶品と人気が高い。手土産におすすめしたい一品だ。
外側がカリっとしていて、中がしっとり。ラム酒がふわっと香るフランスの定番菓子。

カヌレはマチュー氏がお菓子作りを始めた頃に試行錯誤した、思い入れの深い一品。

シンプルな工程なだけに、素材、天候、焼き方などにより出来栄えが左右される。

湿度の高い日本では、フランスの味を再現するのが特に難しいお菓子だ。

店内には贈り物にぴったりな焼き菓子が並ぶ。黒を基調としたエレガントで大人なパッケージは、男性ウケも良い。

『ヌメロサンク・パリ』のルーツは、こどもの頃の思い出の味。

お母さんが作ってくれるお菓子のように人々を笑顔にしたい、という想いからスイーツを作り始めた。

一つひとつのディテールにこだわったスイーツの中にも、どこか安定感がある味わいがあるのは、そんな世界観からきているのかもしれない。マルチな才能を持つマチュー氏の、今後の活躍が楽しみだ。

撮影:平瀬夏彦


【メニュー】
ソルベ 450円
ケーキ(季節ごとに変更あり) 600円~
カヌレ プレーン 400円、チョコ 450円
ヌメロサンク・パリ・スペシャル パフェ(ショコラ・季節のパフェ) 各1,380円
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。また、価格はすべて税別です。

Numéro 5 Paris(ヌメロサンク・パリ)

住所
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘1-23-10 2FC
電話番号
03-6421-4075
営業時間
LABOオープン土日祝日限定 10:00~18:00(イートイン席あり)
定休日
月曜~金曜
公式サイト
https://www.numero5-mp.com

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

美しい「進化系おはぎ」にファン殺到! 大注目のおはぎ専門店『タケノとおはぎ』が学芸大学に進出
美しい「進化系おはぎ」にファン殺到! 大注目のおはぎ専門店『タケノとおはぎ』が学芸大学に進出

1.SNSで話題沸騰中! 桜新町のおはぎ専門店『タケノとおはぎ』の2号店が誕生 2.常時7種のおはぎをラインナップ。美しい見た目と素材のおいしさが魅力 3.ホームパーティや手土産にもぴったり! 上品だけど懐かしい日本のソウルフードを再発見

Kyoko Maruyama
ライター/フードアナリスト
赤い自転車が目印の「ブラウニー」専門店が、移動販売から実店舗へ!『K's&Brownie』【吉祥寺】
赤い自転車が目印の「ブラウニー」専門店が、移動販売から実店舗へ!『K's&Brownie』【吉祥寺】

1.まるでケーキのような食感! キュートな丸いフォルムのしっとりブラウニー 2.常時6種類のフレーバーをラインナップ! 日本では珍しいホームメイド「ブラウニー」の専門店 3.ブラウニーと自家製ドリンクを味わえるイートインスペースも用意

Kyoko Maruyama
ライター/フードアナリスト
戸越銀座周辺の食べ歩きにおすすめ!「酒粕」を気軽にたのしむ、新潟発の古民家風カフェスタンドが話題
戸越銀座周辺の食べ歩きにおすすめ!「酒粕」を気軽にたのしむ、新潟発の古民家風カフェスタンドが話題

1.東京・戸越公園駅から3分。新しい発酵ライフを提案する酒粕専門店『お米や Hacco to go!』が登場 2.ここでしか味わえない味! 発酵食品「酒粕」を使った100%植物性の「醸グルトシェイク」 3.日々の生活にも取り入れたい発酵パワー。手軽な調味料や酒粕ドリンクはお土産に最適!

Kyoko Maruyama
ライター/フードアナリスト
日本初上陸の『ジャン−シャルル・ロシュー』、芸術的なショコラで多くのショコラ通を魅了【表参道・青山】
日本初上陸の『ジャン−シャルル・ロシュー』、芸術的なショコラで多くのショコラ通を魅了【表参道・青山】

1.世界中で愛されているショコラティエ『ジャン−シャルル・ロシュー』が日本初上陸 2.ショコラとアートの融合!人々に幸福を分け与える逸品の数々 3.パリ本店でも大人気!毎週土曜日、限定30個の「フルーツタブレット」は要チェック

Kyoko Maruyama
ライター/フードアナリスト