ミラノで人気の「包み揚げピザ専門店」が代官山に上陸!ランチ・軽食にオススメの『イル パンツェロット』

2019年03月12日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • ピザ
  • イタリアン
  • カフェ
  • テイクアウト
  • 東京
  • 中目黒・代官山
ミラノで人気の「包み揚げピザ専門店」が代官山に上陸!ランチ・軽食にオススメの『イル パンツェロット』
Summary
1.イタリア・ミラノで人気の包み揚げピザ専門店『IL PANZEROTTO』が日本初上陸
2.「パンツェロット」はプーリア州の郷土料理で、今ではイタリア全土で親しまれている
3.代官山店では8種類のメニューを用意。テイクアウトもできるので様々なシーンで使える

イタリア・ミラノで人気の「包み揚げピザ専門店」が日本初上陸!

近年グルメ界で盛り上がりをみせる、日本初上陸のフード。スイーツやファストフードをはじめ、世界各国で人気の飲食店が続々とオープンしている。

そんななか、新たに初上陸の飲食店が2019年1月、東京・代官山に誕生した。それが、イタリア・ミラノで人気の包み揚げピザ専門店『IL PANZEROTTO(イル パンツェロット)』だ。

包み揚げピザ「パンツェロット」は、日本でいうおにぎりのような存在

「パンツェロット」とは、ピザ生地で具を包み揚げた料理のこと。

イタリア・プーリア州の郷土料理で、第二次世界大戦の最中に生まれたと言われている。プーリア州は南イタリアに位置するリゾート地で、ブーツの形に例えられるイタリアの「かかと」部分にあたる。

そんなプーリア州発祥の「パンツェロット」は、片手で食べられる手軽な食べ物として、今ではミラノなどをはじめ、イタリア全土で親しまれている。日本でいうならば、おにぎりのような存在だそうだ。

『イル パンツェロット』の創業は2011年。イタリア・ミラノで産声をあげ、“これが本場プーリアのパンツェロットだ!”をコンセプトに、プーリア州出身のダレッシオ姉弟(写真上)がオープンさせた。そして代官山店が、世界2号店となる。

世界で2号店目となる『イル パンツェロット 代官山店』

『イル パンツェロット 代官山店』は、東急東横線・代官山駅から徒歩約1分のところにある。

「ミラノ店は中心地から離れた場所にあるため、似たような雰囲気である代官山を選びました」と同店の広報担当者は話す。1階はミラノ店を再現した内装となっている。

地下1階は白を基調とした内装で、プーリア州の街並みを表現している。意外にも広々とした空間なので、代官山の休憩スポットとしても穴場ではないだろうか。

創業当時から代々受け継がれているオリジナルレシピ

同店の「パンツェロット」は、一つひとつ手作り。レシピはミラノ店と同じで、創業者であるダレッシオ家で代々受け継がれているものとなる

特徴はピザ生地に牛乳を加え、発酵に2日かけていること。こうすることで軽い口あたりになり、胃もたれしにくくなるそうだ。また、生地を通常よりも薄く延ばしているのも特徴の一つ。小麦粉と塩、チーズはイタリア産を使用している。

そして具を包むように半月型に成形し、油で揚げる。余分な油は切るため、カラっとした揚げ具合だ。ちなみに同店の「パンツェロット」は縦約11cm、横約17cmと大きめ。1個でも充分に食べごたえがある。

メニューは全部で8種類。食べておきたいオススメ3選

「パンツェロット」のメニューは、全部で8種類。

一番人気は「CLASSICO(クラシコ)」(写真上)。

トマトソースと、イタリア産のモッツァレラチーズを使い、ハーブのオレガノを加えたイタリアらしい味わい。よくのびるチーズは濃厚で、チーズ好きにもたまらないメニューとなっている。

生地は、外はザクっと香ばしく、中はしっとりもっちり。店内にはフォークとナイフがあるため切り分けて食べてもよいが、手掴みしても指に油がつきにくい軽い仕上がりになっている。

広報担当者のオススメは「SALMON(サーモン)」(写真上)。

先ほどの「クラシコ」に、サーモンとクリームチーズを加えたメニューだ。サーモンの塩気がほどよく、お酒との相性もいい。

同店では、ビールやワイン、カクテルを常時販売しているため、昼間から「パンツェロット」を片手に、お酒を嗜むこともできる。

そして最後に紹介するのが、「CIOCCOLATA(チョコラータ)」(写真上)。

中には、ヘーゼルナッツチョコの「ヌテラチョコスプレッド」がぎっしりと詰まっている。この「ヌテラチョコスプレッド」はイタリアの定番で、各家庭に大抵あるという。そして生地の表面に砂糖がまぶしてあり、まるで“揚げパン”のようなスイーツ系のメニューとなっている。おやつにうってつけだ。

他にも、生ハム、トマト、ベビーリーフが入った「MILANO SAND(ミラノサンド)」や、ポテトが入った「POTATO(ポテト)」などのメニューを用意している。

▲オリジナルキャラクター「ヴォーノ」

テイクアウトももちろん可能! 行楽シーズンのお供にもぴったり

テイクアウトもできるので、お花見やパーティなどの手土産にも最適。また1個ずつ袋に入って提供されるため、食べ歩きしながら代官山を散策するのもいいだろう。揚げたてのオーダーも承っているという。

「口コミで徐々に広がっている印象があります。オープンしてわずか1カ月ですが、すでに毎日食べに来てくださるリピーターもいます」と広報担当者。

日本のおにぎりと同じように、毎日食べても飽きない味わい。世界2号店目である『イル パンツェロット 代官山店』で、本場プーリア州の「パンツェロット」を堪能しておきたい。



【メニュー】
CLASSICO(クラシコ) 500円
SALMON(サーモン) 650円
CIOCCOLATA(チョコラータ) 600円
アルコールドリンク 350円~650円

※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。また、価格はすべて税込です


文:名久井梨香
撮影:佐々木雅久

IL PANZEROTTO(イル パンツェロット)代官山店

住所
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町20-9 HBLD代官山 1F&B1F
電話番号
03-6416-0824
営業時間
11:30~20:00(L.O.19:45)
定休日
不定休
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/kuu9gwsz0000/
公式サイト
http://www.ilpanzerotto.jp/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

グラス1杯から軽食まで、しかもワインも買って帰れる。ヴィネリアでワインと親しくなろう【三軒茶屋】

【連載】幸食のすゝめ #058 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン