まるでタイにいるみたい! 大人気のタイ料理店『クルン・サイアム』が表現する、本場タイ料理の奥深い魅力

2019年09月05日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • タイ料理
まるでタイにいるみたい! 大人気のタイ料理店『クルン・サイアム』が表現する、本場タイ料理の奥深い魅力
Summary
1.知れば知るほど奥深い! 多彩な食材から生まれるタイ料理の魅力
2.旅するように楽しみたい。『クルン・サイアム』で本格的なタイ料理を!
3.日本では味わえない美食がいっぱい! 本場タイ王国に訪れてみよう

知れば知るほど奥深い【タイ料理の世界】

エスニックフードの代表格といえば「タイ料理」。トムヤンクンやグリーンカレー、ガパオライスなどは、日本でもすっかりお馴染みのメニューだ。ハーブやスパイスなどから生まれる独特の風味にやみつきになっている人も少なくないはず。そこで魅力溢れるタイ料理のおいしさの秘密を探りつつ、本場さながらの料理を楽しめるタイ料理店をご紹介しよう。

多彩な味わいが絶妙に絡み合うタイ料理の魅力とは?

タイ料理を奥深いものにしている理由のひとつに、多様な風土や文化から生まれる郷土料理がある。タイは主に「北部」、「東北部」、「中部」、「南部」の4つの地域に分類され、プーケットなどのリゾートで有名な南部は魚介類を使った料理が豊富で、首都バンコクのある中部はココナッツミルクを多用した料理が特徴。そしてチェンマイで有名な北部は味付けが比較的マイルドで、東北部ではソムタム(青パパイヤのサラダ)など日本人にも人気なものが多く、地域ごとの個性的な料理が味わいをより多彩なものにしている。

また、タイ料理の魅力に欠かせないのが、食材やスパイスの豊かさだろう。マーケットに出掛ければ、フレッシュな肉類や魚介類、野菜、フルーツなどがあふれている。ガパオライスに使うバジルも種類がいくつもあり、パクチーも日本でよく食べられているものより味が濃い。

タイのほとんどのレストランには食卓に砂糖や唐辛子、酢、ナンプラーなどの調味料類が置かれている。料理を自分の好みにあった味付けにするためだが、これらの調味料が代表するような辛さや酸っぱさ、塩気、甘さが絶妙に絡んだ複雑な味わいが、タイ料理の“ハマる”魅力となっている。

日本にもタイにも支店を構える人気店『クルン・サイアム』

そんな本場さながらのタイ料理が楽しめるお店が『クルン・サイアム』だ。『クルン・サイアム』はイサーン地方とも呼ばれる東北部の料理を中心にラインナップ。まるでタイの民家を訪れたようなリラックスした気分で、本格的なタイ料理が味わえると評判を呼び人気店となっている。現在は姉妹店含め都内で15店舗を展開、バンコクにも支店を構える。

オーナーの川口洋さんは外務省官僚出身という異色の経歴を持つ。「タイ料理が好きで、自分の好きな料理をもっと多くの人に広めたいですね」と話す川口さんをトリコにしたタイ料理の魅力をひと言で語るならば「奥深さ」だという。

まるで旅行している気分! 本場のタイ料理を堪能しよう

『クルン・サイアム』では、奥深い魅力にあふれたタイ料理を本場に近い味わいで楽しめる。経験豊富なタイ人シェフが現地の味付け、本場の調理法で料理をつくり、初心者でも食べやすい味に仕上げている。

「大切にしていることは、多くの人に愛されている定番メニューを現地の味に近い形で提供すること。タイから食材や調味料を仕入れるのはもちろん、クオリティを高めるための努力を続けています」と川口さん(写真上)。初めてタイ料理に挑戦する人も、毎日でも食べたいリピーターも満足できるメニューが揃っている。

なかでも『クルン・サイアム GEMS神宮前店』は、入口に飾られたトゥクトゥク(オート三輪車のタクシー)が印象的で、ポップでカラフルな雰囲気が魅力。同店でしか味わえないメニューも用意しているという。

それが「がっつり肉ソーセージプレート」(写真下)。

骨付きガイヤーン、豚トロ焼き、2種類のタイソーセージといった人気メニューをワンプレートに盛り合わせた一品。とくにオススメが2種類の自家製ソーセージだ。ハーブをぎっしり詰めたレッドカレー風味のピリ辛ソーセージ「サイウア」(写真中央左)はタイ北部の名物料理。「サイクローク・イサーン」(写真中央右)は、東北部の名物料理で豚肉ともち米を詰めたソーセージ。詰めた後、少し発酵させるため、酸っぱくて辛い独特の味わいが特徴だ。

「プーニム・パット・ポンカリー」(写真上)は、ソフトシェルクラブをカレー粉で炒めて卵でとじたもの。カレーはインド料理、卵とじは中華料理とそれぞれ異なる食文化から影響を受けている、タイならではメニューだ。

同店の「プーニム・パット・ポンカリー」は卵のトロトロ加減が絶妙。ソフトシェルクラブは殻ごと食べることができ、カニのうまみがギュッと凝縮。ソースをたっぷり絡めて食すと箸がとまらない。辛さはマイルドなため、辛い料理が苦手な人も食べやすい。

「ヤム・アボガド」(写真上)は女性に人気のメニュー。アボカドとエビを「ナム・ヤム」というタイ風ドレッシングで和え、チリソースをプラスしたスパイシーなサラダ。レモングラスなどのハーブ類を細かく刻み、たっぷりサラダに加えているため、さっぱりした味わいの南国らしいメニューになっている。

「ガイ・パット・バイガパオ・ラートカオ(鶏ひき肉のホーリーバジル炒め)」(写真上)は、日本でもタイでも人気の定番メニュー「ガパオ」。ガパオとはタイ語でホーリーバジルを指すのだとか。同店ではタイからホーリーバジルを取り寄せ、味付けもタイのオイスターソースやナンプラーを使って、本場の味を再現している。

ホーリーバジルは、日本でよく使われているスイートバジルより香りが強いのが特徴。爽やかで甘い香りが、エキゾチックで食欲をそそる。

微笑みの国タイには美食がいっぱい

「タイの魅力は、タイの人々でしょうね。明るく、温かみがあり、食べることもおしゃべりすることも楽しんでいます」と川口さん。『クルン・サイアム』では、どの店もタイの民家に招かれたようなくつろいだ雰囲気で内装なども工夫を凝らしている。『クルン・サイアムGEMS神宮前店』の壁面にも、北部の少数民族の布のパターンなどが飾られ(写真下)、温かみが添えられている。

また、バンコクに店を構える『クルン・サイアム プロンポン店』は、日本発のタイ料理店としてバンコクに逆上陸したと話題を集めている。日本と同じく洗練されたタイ料理を、本場ならではの食材をふんだんに使って、さらに味わいを豊かにしているという。

本場タイに行ったら、スパイシーだけじゃない、タイ料理の奥深さをぜひ堪能していただきたい。

タイの食卓 クルン・サイアム GEMS神宮前店

住所
東京都渋谷区神宮前6-19-17 GEMS神宮前6F
電話番号
050-3461-3145
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
ランチ 11:30~15:00
(L.O.14:30)
定休日
土曜日・日曜日
祝日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/jmv4g20e0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。