人気の王道ビストロ料理を味わうならここ! 表参道『Bistro plein OMOTESANDO』

表参道・骨董通りにあるビストロ『Bistro plein(プラン)OMOTESANDO』をご紹介。仲間との会食やカップルのデートなど楽しいディナーを過ごしたいならおすすめのビストロです。コースでもアラカルトでも注文できて使い勝手もバツグン。カジュアルでアットホームな雰囲気の中、王道のおいしいビストロ料理を味わいたい。

2020年06月03日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 表参道・青山
  • ビストロ
  • フレンチ
  • ワイン
  • 東京
人気の王道ビストロ料理を味わうならここ! 表参道『Bistro plein OMOTESANDO』
Summary
1. 表参道・骨董通りの王道ビストロ『Bistro plein(プラン)OMOTESANDO』
2.契約農家が育む有機野菜、ハンター直送のジビエなど強い食材力が生きる料理
3.コースでもアラカルトでも! 使い方自在のアットホームさがうれしい
※6月4日より営業再開/取材は3月11日に行いました

シェフのおうちを訪ねているような……

表参道の骨董通りを南へ。南青山6丁目交差点にあるビルの地階に佇む、連日にぎわうビストロ『Bistro plein(プラン)OMOTESANDO』。店内はオーナーの中尾太一さんがパリやリヨンで買い付けたアンティークの調度品が配置され、初来店でもすぐに馴染んでくつろげる、温もり溢れる雰囲気だ。

シェフは、料理一筋20年、北海道・小樽出身の金子裕樹さん(写真上・左)。金子シェフに近いカウンター席が人気だが、小じんまりとした店内、テーブル席、ソファー席、どこに座っても、厨房の楽しく調理する様子が伝わってくる。

「シェフのおうちに遊びに来ているみたい」。そんな感想を話す常連客が多いのは、金子シェフをはじめスタッフが展開する心こもるおもてなしに、リラックスできるからだろう。

さあ、今夜は何を食べようか? 日常の延長線上にあるおいしいオフタイムへ!

生産者の心意気を受けとり、ひと皿ひと皿に表現する

コースも用意するが、今回はアラカルトメニューを紹介しよう。

前菜にぜひ注文したいのが「溢れる有機野菜のパフェ」(写真上)。神奈川県秦野市の契約農園などから届く有機野菜を使った前菜で、畑の生命力が伝わる遊び心たっぷりの演出に、わくわくする。

定番で自慢の「シャルキュトリー5種盛り合わせ」(写真上)は、イノシシ肉のパテ・ド・カンパーニュ、イノシシ肉のリエット、白レバーのムース、生ソーセージグリルなどが彩りよく盛られて登場。しっとりとした食感、やさしい塩味は忘れられないテイストで、必ずオーダーするファンもいる。これはもうワインを飲まずいはいられない……。

ワイン選びは、迷わずソムリエに相談を。グラスワインも充実するが、常時60種類から今宵の1本をチョイスしてもらうのも惹かれる。

魚料理も肉料理もダイナミックでおいしい!

親しくしている豊洲市場の魚屋から、毎朝届く鮮魚が主役の「本日の鮮魚料理」。「旬のいいものをお任せしているので、何が届くかわからないんです」と、オーナーの中尾さん。目利きが選ぶ鮮魚を使った料理は、アクアパッツア(写真上)かブイヤベース。好きな調理方法を選ぼう。

看板メニューの「厳選肉3種食べ比べ」(写真上)。1人150〜200g。右手前から、肉厚で脂身がジューシーな「松阪豚」。左手前、北海道の「宗谷黒牛(そうやくろうし)」はその日のおすすめ部位が登場する。いずれも低温調理。

中央は、若鶏のコンフィ。低温で一晩煮込んでいるので肉質はしっかりしているが、繊維はホロホロとやわらかい。それぞれ信頼を置いている肉のバイヤーに相談して仕入れている。塩を振ったり、バルサミコとフォン・ド・ボーを使う赤ワインソース(写真左下)を絡めたり、自由に味わいたい。

運ばれてきたときは、「こんなに食べられるかな?」と思うボリュームだが、3種の味を確かめつつ食べ比べを進めるうちに、あっという間にごちそうさま、となる。

食事でどんなに満腹でも、デザートを!

何を隠そう、金子シェフのお父さんはパティシエで、そのルーツこそ料理を志したきっかけ。自身も都内の老舗フレンチではシェフパティシエを経験しており、同店のデザートにファンが多いことも納得だ。デザートメニューは季節に応じて変わるが、春の「チョコレートのヴェリーヌ」の美しさは、まるでアート。食べるのがもったいないくらい……。

おいしさはもちろん、心のこもったもてなしが心地良く、常連客が多いのもうなずける。何と言っても、飲んで食べて大満足で1万円以下! 「日本一のコスパを目指しています」と、明るく笑う中尾オーナーの心意気に、拍手!

【メニュー】
▼料理
厳選肉3種食べ比べ 3,000円(2人前)
シャルキュトリーの盛り合わせ 1,800円(2人前)
本日の鮮魚料理  2,800円〜
溢れる有機野菜のパフェ 1,300円
おまかせコース 5,000円
▼ドリンク
ワイン グラス800円〜
ボトル 4,500円〜8,000円
※本記事に掲載された情報は、取材日時点のものです。また、別途チャージ料600円、価格はすべて税別です

Bistro plein OMOTESANDO

住所
東京都港区南青山6-3-13 サーラ南青山B1
電話番号
050-3491-1504
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
水~土
17:00~24:00
(L.O.23:30)


17:00~22:00
(L.O.21:30)
定休日
月曜日・火曜日
火曜日は不定期で営業しております。
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/n8vhjdh80000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

Bistro plein AZABU

住所
東京都港区六本木5-11-25 鳥居坂アネックス3F
電話番号
050-3491-1469
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
水~日
17:00~24:00
(L.O.23:00)
定休日
月曜日・火曜日
不定期で火曜営業有
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/dy4e2uy00000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。