赤坂の焼肉の隠れ家でシメに食べたいのは、シャトーブリアンを使った牛カツサンド!

人と仲良くなるには食事が一番。でも、いきなり鍋って感じじゃない。会話が弾まないテーブルでも綺麗なサシの肉が出てくると「わー!」っと歓喜の声が上がる。そう、肉は人をつなぐ。出逢いのMeetであり肉のMeat。そんな思いを込めて肉ラヴァーに贈るDJ TAROさんのナイスな肉話。

カテゴリ
賢人コラム
  • 焼肉
  • 赤坂
  • 連載
赤坂の焼肉の隠れ家でシメに食べたいのは、シャトーブリアンを使った牛カツサンド!
Summary
・シャトーブリアンを使った贅沢なカツサンド
・焼肉の名店が赤坂に進出
・テイクアウトも可能

アナタは、何で焼肉をシメるか?焼肉シメメシ革命!!

焼肉に行くならばアナタは何を求めるか?生肉?分厚いタン?ジューシーなハラミ??
そして何でシメるだろう??
焼肉でシメと言えば冷麺やビビン麺などの麺類、またはクッパやビビンバなどのご飯ものだろうか。近年では、その肉の部位を余す事なく煮込むカレーなども珍しくはない。そんな中で僕、DJ TAROがオススメしたいのがシメの『カツサンド』だ。もちろんこの場合のカツとは牛カツ。昨今牛カツブームだが、関西で基本カツと言えば牛。部位はいろいろだけど、とてつもなく分厚いシャトーブリアンのカツサンドを出してくれるお店が赤坂にあるのだ。

でも、その前に、、、3秒ロース。

ここは、駒沢や三宿などで展開する焼肉の名店が激戦区に5月にオープンさせた新店舗。個室を含むレイアウトの中で僕が一番好きな席は、肉冷蔵庫の裏の席。赤身の見事な肉の塊を眺めながら極上の肉を堪能出来るからだ。厳選されたA4・A5ランクの黒毛和牛を中心とた牝牛のみを使用したそのこだわり。ちなみにA5ランクだけが最高の肉と言ってるわけじゃない。サシよりも赤身を好む人にはA4ランクの方がいい場合もある。そんな話は抜きにして、目利きが牝牛にこだわって選ぶのは脂の『融点が低い』からだ。脂の口溶けがよく、より肉の旨みを堪能出来るから。また「肉の藤枝」という精肉部門を有するからこそ、な希少部位も多い。スタートは美しい牛タンから…芯の分厚いその旨さにやられてしまう。そして、フカヒレ(2,400円、リブロースの芯の周り)やエンピツ(時価、柔らかいヒレのような食感)などの耳慣れない部位に舌鼓。個人的には股関節周りのメガネ(1,000円)というハラミに似た食感の部位も捨てがたい。オススメの部位は数あれど、初回は是非「3秒ロース」(2,400円)を外さないで欲しい。あまりトロける系を好まない年齢になってきたけど、程よい脂の旨味と赤身のバランスがいいので是非お試しを。もちろん、肉だけではなく、定番のキムチ系やパクチーサラダなどのサイドもバッチリと脇を固めている。パクチー嫌いの僕でさえ、ここのサラダはなくてはならないものになってしまっている。

「シャトーブリアン」をカツサンドに!!

そしていよいよお楽しみ、シメのカツサンド。その時によって部位は違うが、お薦めは「シャトーブリアンのカツサンド」(5,000円)。絶妙な温度で揚げた、見ているだけでホレボレとする肉色と一瞬目を疑うその分厚さ。瞬時に理解が出来ないほど理性をかき乱される。
希少なヒレの中でも更に王のような存在のシャトーブリアン。本来カツサンドにする必要のないからこそ意味があるカツサンドなのである。外カリ中フワッとしたパンに歯を立てたら後は力なんていらない。引力に逆らう事なく肉がスーッと切れる柔らかさに感動。薄めのフワッとした衣の中で旨味が凝縮されたシャトーブリアンの肉味の濃さに馴染む清涼感のある優しい甘さのソースが、噛むほどに絡み、最後その旨さをパンがすべてキャッチする。そう、ある意味一番うまいのはパンなのかもしれない。そんな幸せな気分でシメる事が出来るのだ。
このカツサンドは、是非予約時に有無の確認をしてもらいたい。またテイクアウトも出来るのでサプライズな差し入れにも威力を発揮する逸品。
「焼肉芝浦別邸」に来ればぜひ、こんなシメかたで楽しみたい。

※価格はすべて税抜

いまなら「プレミアムプラン-Tokyo-」実施中!

【プレミアムプラン-Tokyo- とは?】
東京近郊から厳選された一度は行ってみたいレストランにおいて、ぐるなびプレミアム会員に登録している方がネット予約でコースを申し込むと、お食事代金の10%分のぐるなびポイントが貯まります!

【プレミアムプラン-Tokyo- 概要】
エントリー受付期間:2017年9月12日(火)10:00~2017年10月31日(火)23:59
参加方法     :エントリーした上でネット予約を行ってください。
※詳細についてはプレミアムプラン-Tokyo-特設サイトをご確認ください。

【プレミアムプラン-Tokyo- 特設サイト】
https://r.gnavi.co.jp/plan-premium/

焼肉芝浦 赤坂 別邸

住所
〒107-0052 東京都港区赤坂3-12-13 RIFA2ビル2F
電話番号
03-6426-5029
営業時間
17:00~0:00
定休日
定休日 日曜
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/3w2m198t0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

なぜ酒はバーで飲むべきなのか?

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

【ほっとする店をお探しのあなたへ】通うだけで心も体も健康になりそうなビストロを学芸大で見つけた

【連載】幸食のすゝめ #050 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
地元の客から「邪魔者」と疎まれるような態度でいると、「うまいものにありつけない」ということについて

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

呑兵衛のパラダイス武蔵小山の星『豚星』の新展開は何とアメリカンピザという驚き

【連載】幸食のすゝめ #049 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン