【連載】東京・最先端のワインのはなし verre3

ヴァンナチュール。自然派ワインとも訳されるこのワインは、これまでのスノッブな価値観にとらわれない、体が美味しいと喜ぶワイン。そんなワインを最先端の11人が紹介する。

2015年09月30日
カテゴリ
賢人コラム
  • ワイン
  • 目黒
  • 連載
【連載】東京・最先端のワインのはなし verre3
Summary
・3杯めはパリの名店出身
・ボージョレのガメイの域を超えた造り手
・ナチュール嫌いでも評価する1本

Domaine Yvon Metras Fleurie2012(ドメーヌ イヴォン メトラ フルーリー)

3杯めの美味しいワインを注いでくれるのは、目黒・元競馬場前にありながら、店に入るとパリの空気感が漂う「le verre volé à tokyo(ル・ヴェール・ヴォレ・ア・東京)」店主の宮内亮太郎さん。パリに本店を持つ、ナチュラルワインの最重要店の一つだ。そんな宮内さんにとって、特に強く印象に残り、今も愛してやまないワインがイヴォン・メトラだ。

<宮内さん>
出逢いは、衝撃でした。
フランスに渡り、先日、「ピヨッシュ」林さんが紹介したジャン・イヴ・ペロンのワイナリーで働き、パリの「ル・ヴェール・ヴォレ」(以下、V.V.)、その次にドメーヌ・アニエス・エ・ルネ・モスの畑を手伝っていた頃です。
V.V.のオーナーであるシリル・ボウダリエから連絡があって、社員にしたからパリにすぐに戻ってくるようにとのこと。
忙しくて人手が足りなかったようです。
2008年のことでした。

その頃のV.V.という店は、とてもマニアックなサービスばかりで全員がヴァンナチュールに詳しかったんです。いまのパリは詳しい人も増えましたけど、その当時、この手のワインのことがわかっていて、ちゃんとお客さんに伝えることができるような店なんて、パリ中を探しても5軒もなかったように思います。

そんな仲間たちと毎晩のように飲んでいたワインの一つがイヴォン・メトラのワインでした。

イヴォンのワインの良さってナチュールではあるけど、ナチュール嫌いでも飲めるということ。
そして、「ボージョレのガメイ」に貼られたレッテルを簡単に覆す味わいだと思います。

その当時飲んでいたのは、2007年ヴィンテージあたりだと思いますが、このフルーリーはとにかく余韻が長い。
体の中をスーッと流れるんだけど、もう一度お腹の中から湧き上がってくる。
ただただ、飲みやすいとかそういう類いのワインではないのです。

ボージョレのガメイなので、さくらんぼや、特にフルーリーなのでゼスト(柑橘の皮)のようなニュアンスがあるのですが、ヴィンテージになると、イチゴジャムのような力強さと余韻を感じます。
写真は2012年ヴィンテージで、もう市場にはほとんど残っていないと思いますが、本当に美味しいです。

僕がパリで飲んでいた頃からワインの仕上がりにブレも雑味も感じさせないというのは同じ。
なかなかこんなワインを造ることができる人はいないと思います。

イヴォン本人とパリ、フルーリーで一緒に飲むことが出来たのは貴重な経験です。

関連記事

フレンチ仕立ての絶品「餃子」に騎士団オフィシエも唸った、最強のマリアージュを仕掛けた一軒!

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯5:「餃子」と「シャンパーニュ」のマリアージュ

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
「ワイン」選びに迷ったら?ワインナビゲーターが死ぬまでに飲んでおきたい、コスパ抜群な「新世界ワイン」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯4:アルゼンチン・メンドーサのオススメ「ワイン」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
「いなり寿司」は関東と関西で形が違う!?「初午」(はつうま)の2/7にこそ知るべき、いなり寿司の由来

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
なぜ節分に「恵方巻き」を食べるのか? 全国に広まった理由は? 恵方巻きのルーツとおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
全国200以上の蔵を訪問した、唎き酒師・女子アナがこっそり通う、ヒミツの日本酒酒場『サケストーリー』

唎酒師、一級フードアナリストの資格をもち、大の日本酒好きとして各メディアで活躍中のフリーアナウンサー・あおい有紀が、選りすぐりの和酒のお店を訪れ、お店とお酒、人の魅力に迫る! #1:『SAKE STORY』

あおい有紀
フリーアナウンサー/一級フードアナリスト/酒サムライ/唎酒師/焼酎唎酒師