サラリーマンのオアシス! 五反田『かね将』は世界最強の居酒屋?

【連載】クレイジーケンバンド小野瀬雅生の想う店・想う味 第20回 クレイジーケンバンドのギターにして、その食情報の確かさで多くのグルメなファンも持つ、小野瀬雅生さん。彼の愛する店、どうしても食べたくなる料理を教えていただく。

2016年07月15日
カテゴリ
賢人コラム
  • 品川・五反田・大崎
  • 東京
  • 居酒屋
  • 連載
サラリーマンのオアシス! 五反田『かね将』は世界最強の居酒屋?
Summary
1.ホスピタリティあふれる五反田の名居酒屋
2.単なる煮込みにはあらず!スペシャリテは「牛すじのトマト煮」
3.「究極の裏メニューがご飯」って?

「小野瀬さんはいつ寝ているんですか?」
と訊かれることがよくあります。
音楽活動の合間に日々美味しいモノだったり野球の感想だったりをブログにアップしておりますが、その時間が真夜中だったり、朝方だったりとかなり変則的。それで冒頭の質問に繋がるわけですが、これが結構ちゃんと寝ているんです。4時間か5時間くらい寝たらすっきり起きられます。夜の10時くらいに寝ちゃって2時とか3時に起きるなんて日もあります。ずっと起きていて朝方5時くらいに寝て9時に起きるなんて日もあります。お酒を飲むともっと良く寝られるのではないかとも思いますが、酔って寝ると逆に3時間くらいで起きちゃったりすることもあります。長く寝ちゃう日もありますけどね。そんなあまりパターンのない生活をずっとしています。

お酒は毎日飲んでいるんですかと訊かれることもあります。これが実は毎日ではありません。何日もお酒を飲まなくてもダイジョウブです。まず自分の家でお酒を飲みません。これは私の父親が晩酌とかをしていなかった影響が大きい。自ずと私も晩酌は致しません。お酒は外で飲むことにしています。そうしてずっとやってきますとお酒を飲むことの意味が、一日の締めにリラックスするためだけでない場合も多くあります。クレイジーケンバンドのツアーで、演奏が終わってお疲れさまでした的に飲むのは一日の締め方面の飲み方。

そうした飲み方以外に、時間があるときにふと思い立って独りで居酒屋の暖簾をくぐることがあります。これは締めとかリラックスとかの句読点的なものでなく、ある種のテンションを伴って姿勢を正すために飲みに行くのだと最近思うようになりました。何度も通っている店でも、初めて入る店でも、お店のドアや引き戸を開けるときは同じように緊張します。あまり信じてもらえないのですが、私は緊張しいと云うかアガリ性と云うかビビリと云うか、とにかくいつも緊張しております。なのに飲みに行ってリラックスしないで余計に緊張するなんてどう云うことだと思われましょうが、そこはあまり詳しく書くと本一冊とかになってしまいそうです。ああややこしや。そんなややこしい私は心地好い快適な緊張を求めてあちこちへ参上するのであります。ちなみに立ち食い蕎麦なんて物凄く緊張するのですがおかしいですかねこれ。

五反田駅すぐそばにあるホスピタリティ

五反田の駅からほど近いところに『かね将』と云う居酒屋があります。いつでもお客さんがいっぱいで賑わっています。ああ今日も満員だなと思って通り過ぎようとするのですが、店の外から店員さんに指で独りであることをアピールする(緊張の一瞬)と必ずちゃんと席が一つ空いていて入店出来る(更に緊張)と云う不思議なお店です。サワーなどの飲み物を頼むとザルに入った氷がどんと置かれます。氷はこれをご自由にと云うホスピタリティ。

こちらのスペシャリテは牛スジのトマト煮。これがいきなり洒落た味がする。旨みの沁み込んだジャガイモを味わうとようやく緊張が解け始めます。

メニューはいっぱいあるけど多過ぎない。お刺身も揚げ物も焼き物もあって、どれもちょっとずつ気が利いている。赤貝のひも刺しなんて(ないときもあります)腰を据えてしっかり飲みましょうと云うメッセージ以外の何物でもありません。ほうれん草のおしたし(おひたし、じゃなくて、おしたしよ)の綺麗さでお店の心遣いがどれだけであるか一目瞭然。

当然、メインのやきとんはどれを食べてもウマウマウー。そしてこのお店の究極の裏メニューがご飯。茶碗飯でも丼飯でも調整してくれます。やきとんとご飯なんて贅沢も出来ちゃうんです。飲み始めから締めまでこの一軒で完結するウルトラセブン的な強さのお店。ふとここが世界最強の居酒屋なのではないかと思った次第。懐がどこまでも深いお店。これからも緊張して伺います。美味しかったです! 御馳走様でした!

かね将

住所
〒141-0031 東京都品川区西五反田2-6-1
電話番号
03-3495-4677
営業時間
16:30~23:30
定休日
定休日 土・日
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/6yy7nkb60000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

なぜ正月に「雑煮」を食べるのか? 日本人なら知っておきたい、雑煮のルーツと江戸雑煮のおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
なぜ年末に「年越しそば」を食べるのか?【日本料理研究家/江戸懐石近茶流嗣家・柳原尚之】

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載では、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピを随時紹介します!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
【dressing読者は期間限定で入店可能に!】オトナが注目する街・四谷荒木町の紹介制隠れ家

【連載】幸食のすゝめ #055 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
「日本酒」選びに迷ったら? 騎士団オフィシエがこっそり教える、年末年始に飲むべき旨い「日本酒」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯3:年末年始にオススメの「日本酒」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC