【シーズン終了間近!】秘密にしたい、心うるおす絶景スポットを清里に見つけた

作家で、空間デザイナーでもある河原れんさんが、ぷらぷらと街歩き。そこで見つけたもの、感じたものを綴っていただきます。河原さん独自の美意識、視点で切り取った街を歩いてみませんか?

2017年11月03日
カテゴリ
賢人コラム
  • 連載
  • プレミアム記事
  • カフェ
  • アウトドア
【シーズン終了間近!】秘密にしたい、心うるおす絶景スポットを清里に見つけた
Summary
1.昨年オープンしたばかりの天空のレジャースポット
2.遮るもののない、360度の圧倒的なパノラマ
3.今期は11月12日でクローズなので、その前に急ごう!

じめじめとした残暑と、文字通り晴天の霹靂でやってくる嵐の天気に振りまわされてばかりだった今年の夏。さらにここのところ週末ばかり列島を襲う台風。レジャーを企画したものの、この天気のせいで楽しみきれなかったという人も多いのではないでしょうか。
そんな晴れない気分を、パッと吹き消してくれる「天空の楽園」見つけました!

場所は八ヶ岳山麓に位置する高原リゾート、清里。車で都心から2〜3時間の緑あふれる山間の町。あたりを歩けば、バックパックを背負い、トレッキングシューズを履いた登山客が多くいて、森林や緑織りなす山々の人気ぶりが窺えます。
見渡すかぎりの青い空、鳥のさえずり、木々の香り……。苦労してたどり着いた先に、安堵のため息とともに見えるもの、それはさぞかし素晴らしいことでしょう。
でも、恐縮ではございますがそんな苦行……いえいえ冒険は、わたしのような足腰に自信のない者には無理でございます。それにこの日はTシャツ&サンダルという軽装でありまして、さらにはお供の犬までおりました。この愛犬も、13歳とけっこうなご年齢でありまして。
そんなわけで、八ヶ岳の山道をスイスイと車で抜け、汗もかかずに目的地へと到着したわけでありました。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

なぜ「シャンパーニュ」は祝祭のお酒なのか?

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯2:祝祭にオススメの「シャンパーニュ」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
「0次会」をフランス流の「アペロ」で楽しめる、名店で修業したフランス人のビストロへ

【連載】幸食のすゝめ #053 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
もうすぐ解禁日!だけど…ボジョレー・ヌーヴォー自体をその年の指針にするのは無理があった!?
もうすぐ解禁日!だけど…ボジョレー・ヌーヴォー自体をその年の指針にするのは無理があった!?

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定シュヴァリエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯1:ボジョレー・ヌーヴォー

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
焼肉とは何か? まだこんな店が隠れていたのか!と感嘆する名店を見つけた。

【知られざるいい店のすゝめ】あの口コミサイトに載っていない店。地元民しか知らない店。裏通りや駅から少し遠くにある店……。街にはまだまだ知られざる店がある!街と店と絡み合ってきた人生の中で食の賢人・松浦達也が辿り着いた珠玉の一軒を紹介する。

松浦達也
編集者/ライター/フードアクティビスト
天才と呼ばれたフレンチシェフが新橋で開いた居酒屋のあらゆる酒と料理のウマさにシビれる

【連載】幸食のすゝめ #052 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン