タピオカミルクティーではなく「バブルティー」にニューヨーカーが大注目!

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

2016年08月17日
カテゴリ
トレンド
  • NY
  • コーヒー
  • 連載
タピオカミルクティーではなく「バブルティー」にニューヨーカーが大注目!
Summary
1.中国系アメリカ人の作るホンモノの味
2.北米最大のアジアンフードのイベントなどで数々の賞を受賞
3.日本で知られている以上に種類が豊富

マンハッタンでバブルティーの看板を掲げる店が急に目立って増えてきたのは、ここ数年のことだ。バブルティーはタピオカの入ったお茶で、タピオカが通るの太いストローで飲む。タピオカのぷるぷるもちもちした食感は楽しいし、タピオカが入っている分、普通のお茶より少し腹持ちがいい。

そんな中、口コミサイトのYelpなどで「美味しいよ!」という書き込みが特に目立つのは、マンハッタン郊外のクイーンズ区にあるTea and Milkだ。

Tea and MilkはMathew Wong、Kendy Ng、Wilson Ngの3人の中国系アメリカ人が創業した。彼らはいずれも小さい頃、毎朝母親のつくるミルクティーを飲んでいて、ミルクティーに郷愁を感じているという。彼らはニューヨークでバブルティーが飲めるようになってから、バブルティーも飲むようになり、いろいろな国を旅してお茶について調べ、Tea and Milkを起こした。
最初はフードイベントや蚤の市に出展し、そこで人気に火がついた。

人気のストリートフードコンペのVendy Awardから2015年にBest Street Drink部門で2位に選ばれ、北米最大のアジアンフードのイベントのTaste AsiaからはBest Bubble Tea in NYCと Best Tea Selectionと Best Service を授与された。今年は初めてイベントにレギュラー参加するのはやめて、2014年4月にクイーンズ区アストリアにオープンしたカフェに集中するという。

カフェは、静かな住宅街にある。地下鉄のNかQに乗ってブロードウェイ駅で降り、徒歩4~5分だ。

中はクリーン。以前こちらで紹介したDoughのドーナツなど、軽食も少し扱っている。

お茶はアイスもホットもあり、「バブルティー」と指定するとタピオカを入れてくれる。特に人気が高いのは、ローストしたウーロンクリームミルクティー。普通のミルクティーよりもクリーミーで、ローストすることからちょっとコーヒーに似たアロマが感じられる。

タロイモから作った自家製タロピューレを使ったタロ・ミルクティーも人気。ハイビスカスフラワーピーチホワイトティーは、フルーティーなお茶を好む人に人気が高い。

ニューヨークで人気の抹茶を使ったマッチャティーラッテも始め、ミルクは豆乳、アーモンドミルク、全乳から選べるようにしている。

Tea and Milkはお客さんへ感謝の意を示すとして、誕生日に無料ドリンクを提供している。お客が誕生日を証明する身分証明書を提示すれば、誕生日の2日前から同2日後まで有効だ。創業者たちは1店舗目をオープンした時から、ニューヨークのすべての区、すなわちマンハッタン、クイーンズ、ブルックリン、ブロンクス、スタテン島にそれぞれ店をオープンすることを目標としていて、来年中の実現を目指している。

Tea and Milk

住所
32-02 34th Ave, Astoria, New York 11106
電話番号
347-921-2056
営業時間
8:00~22:00、土曜9:00~22:00、日曜9:00~21:00
定休日
定休日 無休
公式サイト
http://teaandmilk.com/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

感動! フランス国家最優秀職人章(M.O.F)シェフの味が気軽に楽しめる「日本流ビストロ」が誕生
感動! フランス国家最優秀職人章(M.O.F)シェフの味が気軽に楽しめる「日本流ビストロ」が誕生

1.フランス国家最優秀職人章の称号を持つシェフが自身の名前を店名にしたこだわりビストロを、新丸ビルにオープン 2.さすがとしか言いようがない! M.O.Fを授与されたシェフの料理は、比類なき異次元の世界 3.ハイレベルな料理とワインを営業時間中いつでもいただける幸せ

高橋綾子
フードパブリシスト
和牛がぎゅっとつまった至極の「ミートパイ」に感動! パリの名店出身のパティシエが開いた「パイ専門店」
和牛がぎゅっとつまった至極の「ミートパイ」に感動! パリの名店出身のパティシエが開いた「パイ専門店」

1.『サダハル・アオキ』出身のパティシエールが「全粒粉パイ専門店」をオープン 2.無添加、着色料不使用。素材にこだわった香ばしいパイ生地に舌鼓 3.新潟のブランド牛「村上牛」をメインにした「黒毛和牛パテ」は一食の価値あり!

有川美咲
フードライター