DJ TAROさんが推薦。2015年私の最高の牛すき焼き!

The Best of Dish 2015 2014年11月15日から2015年11月14日までの間で賢人のみなさんと編集部員が食べた料理のなかで最高のひと皿をご紹介します。お馴染みのあの店か?はたまた隠れた名店か?みなさんにとって、2015年はどんな「おいしい」一年でしたか?

2015年12月17日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 表参道・青山
DJ TAROさんが推薦。2015年私の最高の牛すき焼き!
Summary
・飛ぶ鳥を落とす勢いの焼肉の名店
・来年は食べられないかもしれない?
・イタリアのアレをかけたら至福の一品に

すべてが人気店という焼肉店グループの総本山

2007年4月29日に焼肉業界に新星のごとく現れ瞬く間にTOPの座に登りつめ今なおその頂きに君臨するこちら。
圧倒的な肉質の良さ、そして素材の良さだけに頼らないこれを越えてくるプレゼンテーション。常に脱帽な店なのだ。

現在は赤坂や末広町にも出店と3店舗で展開する「帝国」だ。
最近はどうしても多彩なユッケや握りなどの生系メニューで心を奪われ“末広町”率が高かったのだが久々に総本山を訪れ、これぞ肉割烹とも言える究極のコースを頂いた。

「みずじ」「生粋」もいいけど「よろにく」もね

今回は、今年食した『ベストなひと皿』メニューとしてこのコースの終盤に出て来たあるメニューをピックアップします。
正式名称はないのかもしれない。
それもそのはずこの期間でしか食べられないし、来年食べられるか分からないので。
赤坂「みすじ」、末広町「生粋」と展開するグループの本店的存在「よろにく」でいただいた「白トリュフすき焼き」である。

そもそも焼肉店で生卵を付けるスタイルのオリジネーターとまでは言わないが、僕が知る限りで言えばこの「よろにく」が最初に世に広めたと言える。ただこの日のすき焼きはいつもと違う。「よろにく」自慢のシルクロースを使用する。サシと赤身加減がオーロラのように見事な美しい肉です。通常は軽く炙ってタレをたっぷり付けて小さなシャリボール(ご飯)にローリングして頂きます。このシルクロースをしゃぶしゃぶのように上品に割り下にくぐらせ、手でもつまめるほど力強い黄身に添える。

シルクロースと白トリュフの出逢い

そして、本題はここから!
ここで世界3大珍味の1つのトリュフのさらに王様である、アルバ産の白トリュフの登場。
世界最高峰とも言われる北イタリアはピエモンテ州アルバ産の白トリュフは1kg50万はくだらないという代物。なんとこの白トリュフを惜しげもなく削ります!!
すると、一気に香りが広がります~~

もう後は口の中に運ぶだけ…と思った瞬間「良ーくかき混ぜて!」とオーナー…
うーんトリュフは香りを楽しみたいのでまんま…って思ったんですけどここは仰る通りに…

究極のバランス

そしていよいよ頂きます!!
「……。」
なんだこのウマさは!思わず言葉を失います…
白トリュフの濃厚な香りが卵と一体になって風味付けされタレをまとったシルクロースとあいまって1つになって口の中でスーッと抜けていきます。これぞ三位一体ならぬ三味一体の究極のバランス!!
こんな白トリュフの食べ方、日本だけだろうな~、いやこの店だけなんだろうな~という驚きと感動です。
「白トリュフすき焼き」出来ればまた来年も食す事が出来たらな~と今から心待ちにする美味しさでした。でもここ焼肉屋さんなんですよね(笑)

よろにく

住所
〒107-0062 東京都港区南青山6-6-22 ルナロッサ南青山B1
電話番号
03-3498-4629
営業時間
月~金 18:00~24:00 (L.O.23:00)、土 17:00~24:00 (L.O.23:00)、 日・祝日 17:00~23:00 (L.O.22:00)
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/a388101/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

“ちゃんとした”寿司屋はなぜ値段を書いていないのかという常識がわからない輩は旨いものにはありつけない

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

【京おんなが教える京都のツウな遊び方】今や花街は旦那衆だけのものじゃない!祇園・先斗町のはしご酒3選

【連載】「京おんなの粋な夜遊び」第2夜 京都は三方を山に囲まれた小さな街。ここでは終電や終バスを逃し、タクシーで帰ってもさほど高額になることはなく、時間を気にせずはしご酒を楽しむのが当たり前。観光客仕様ではなく、京都人が日常遣いする店を今宵、地元の京都美人に案内してもらう。