とんかつファン感涙必至!サックサク&ジューシーな極上とんかつ事情まとめ

2016年04月30日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • とんかつ
  • まとめ
  • 東京
とんかつファン感涙必至!サックサク&ジューシーな極上とんかつ事情まとめ
Summary
1.個性派の洋食店が届ける!揚げ物のレベルの高さにファン感涙
2.東銀座の名店『にし邑』の味を気軽に楽しめるテイクアウト
3.家でもプロの味!シェフ直伝のとっておきとんかつレシピを公開!

サックサクの衣に、噛み締める度に口の中いっぱいに肉汁とうまみが広がる「とんかつ」。衣の具合、豚肉の品種…添えてあるキャベツにだってこだわりたい。サクサクジューシーな「とんかつ」は大変奥が深い料理だ。
そんな「とんかつ」は、美味しくて食べごたえも充分ながら、ステーキや焼肉、寿司に比べ比較的リーズナブルに頂けるとあって、老若男女多くの日本人を虜にしてやまない。
そこで今回は、とんかつファン感涙必至の個性派店の紹介から、人気店のテイクアウト情報、家で作れるお店の本格とんかつレシピまでまとめてご紹介する。

1.揚げ物のレベルの高さはお墨付き!個性派な洋食店がお届けするカツに注目

個性派な洋食店として知られる赤坂の『旬香亭』が目白にオープン。洋食店でありながらも、スペインにあった三つ星レストラン『エル・ブリ』のようなエスプーマを使った分子ガストロノミック料理を出しつつ、定番のオムライスやカレーを〆に提供し、ラーメンまで登場するという、食いしん坊にとってはテーマパーク並の楽しさが溢れる店だ。

同店の揚げもののレベルの高さはファンの中でもお墨付きで、海老フライ、牡蠣フライ、ビフカツ、とんかつとあらゆる揚げ物を楽しむことができる。大人数で行って色々なメニューをシェアしたい。

詳しい記事はこちら

2.東銀座屈指の人気店『にし邑』はテイクアウトが気軽に楽しめる!

行列の絶えない東銀座の人気店『にし邑』は、とんかつのテイクアウトを気軽に楽しむことができる。もちろん、店内でのイートインも魅力的。

脂分が少ない熟成ヒレ肉を使用し、柔らかな歯ごたえが魅力的なヒレかつ膳は1,100円(税込)。銀座でこの価格帯なのも魅力的だが、その食べ応え、細やかなサービスの内容(豚汁や添え物のキャベツにもファンが多い)にも要注目だ。

詳しい記事はこちら

3.揚げ物エキスパート、中華料理のシェフ直伝のとんかつレシピとは?

こちらは、「白子の麻婆豆腐」や「クリーミー担々麺」などアレンジの効いたメニューが人気の中華料理店『麻布長江』シェフ直伝のとんかつレシピ。

美しい黄金色に衣を仕上げるための温度管理と、均一に仕上がった揚げ具合をシェフのレシピで再現したい。油の温度コントロールのコツなど、揚げ物を広く扱う中華料理のシェフならではの細かいアドバイスをいただいたので、サックサクでジューシーに仕上がるはず。ぜひ自宅で理想的なとんかつ研究をしてみて。

詳しい記事はこちら

関連記事

【酒場の常識論】カフェではない「大人のための正統派バー」では何を注文し、どうふるまうべきか?
【酒場の常識論】カフェではない「大人のための正統派バー」では何を注文し、どうふるまうべきか?

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

大阪、昭和10年創業の老舗のサバ料理が森一起さんの今年イチ
大阪、昭和10年創業の老舗のサバ料理が森一起さんの今年イチ

The Best of Dish 2015 2014年11月15日から2015年11月14日までの間で賢人のみなさんと編集部員が食べた料理のなかで最高のひと皿をご紹介します。お馴染みのあの店か?はたまた隠れた名店か?みなさんにとって、2015年はどんな「おいしい」一年でしたか?

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン