静岡で見つけた驚くべき天ぷら! 通い詰めることをオススメ!【食の賢人が選ぶ2016年の最高のひと皿】

The Best of Dish 2016 賢人のみなさんと編集部員が食べた料理のなかで最高のひと皿をご紹介します。お馴染みのあの店か?はたまた隠れた名店か?みなさんにとって、2016年はどんな「おいしい」一年でしたか?

2016年12月30日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 静岡
  • 天ぷら
静岡で見つけた驚くべき天ぷら! 通い詰めることをオススメ!【食の賢人が選ぶ2016年の最高のひと皿】
Summary
1.新静岡駅近くにひっそり佇むも、グルメがいま押し寄せる天ぷらの名店
2.駿河湾の素晴らしい魚介と地元の野菜を最高の状態で天ぷらに
3.江戸前のスタイルに縛られない天ぷらはもはや、「天ぷら」の領域を超えたもの

静岡の『天ぷら成生』のカウンターで初めて食べたのはアスパラガスであった。
1本のアスパラガスを2つに切り、粉をはたき、衣を付け、油の中に入れる。

温度差違いの鍋が2つ。それぞれ時間をおいて供される。

始めの穂先部分はサクッとした食感と青々しい香りが広がり。
軸の部分はぐにゃっと柔らかく甘みが充溢するのであった。
1本のアスパラガスがこんなに変化するのか。
驚きを通り越し、感動に変わっていった。

半年で数回通ったが、海老が出たのは2回だけ。

サツマイモはスイートポテト、ジャガイモはマッシュポテトがごとく調理される。
冬場の根菜類、ごぼう、レンコンなどは切り方も含め、その素材にまさに新たな命を与えるのであった。

魚介類も同様である。

アジはまだお腹のなかに桜海老がしのんでいた。

サワラはまだ中か半生状態に近く手で食べるという感触によって生まれる味わい深さ。
などなど…

天ぷらは揚げる、蒸す、焼く、余熱の料理ということを再度考えさせられ、これは油を使った新たな料理だと確信するのであった。

天ぷら 成生

住所
〒420-0839 静岡県静岡市葵区鷹匠2-5-12 1F
電話番号
054-273-0703
営業時間
12:00~14:30(※ランチは完全予約制)、17:00~23:00
定休日
月曜

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

【土用の丑はうなぎ!】食の知識人&編集部オススメ東京・大阪うなぎの美味しい厳選12店
【土用の丑はうなぎ!】食の知識人&編集部オススメ東京・大阪うなぎの美味しい厳選12店

【賢人の選択】店を選ぶとき、人にはそれぞれ事情がある。いつ?どこで?だれと?どんな店に行きたいかは人それぞれ。ならば、そんな要望に対する、賢人の答えってどのようなものなのか?dressing編集部のお題に対し、賢人の皆さんに答えていただく。さらに今回は編集部からもご提案。

dressing編集部

酒好きに勧めたい「東京の知られざる名酒場」3選! おいしい料理と酒に、食の賢人も惚れ込んだ
酒好きに勧めたい「東京の知られざる名酒場」3選! おいしい料理と酒に、食の賢人も惚れ込んだ

1.「松浦達也」氏おすすめ、高田馬場の知られざる地下に佇む『酒縁処 夜更かし者』 2.「マッキー牧元」氏おすすめ、滋味深い料理とおいしい酒が揃う焼鳥店『鳥田中』 3.「森一起」氏おすすめ、名店の味を継承する大衆酒場『もつやき専門店 かる小屋』

dressing編集部

料理の値段がわからない店ではどう振る舞うべきか?【店遣いの賢人に訊いた正しい店での楽しみ方】

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?