【2018バレンタイン】質の高さで差をつける! ラグジュアリーホテルの個性派チョコレート7選

2018年01月22日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • ショップ・お取り寄せ
  • まとめ
  • バレンタイン
  • ショコラ
  • スイーツ
  • 東京
【2018バレンタイン】質の高さで差をつける! ラグジュアリーホテルの個性派チョコレート7選
Summary
1.東京を代表するラグジュアリーホテルから、ハイクオリティチョコレートが登場
2.大人の男性にふさわしい、味とデザイン性の高さを両立した逸品
3.今年のトレンドは、カカオ本来の豊かな風味を感じられるチョコレート

バレンタインまであと半月ほど。前号で敏腕ショコラティエのバレンタインチョコレートを紹介したが、スタイリッシュで高級感あふれる「ホテルのチョコレート」も要チェック!

今年も東京を代表するラグジュアリーホテルから、バレンタイン限定のギフトボックスが登場している。愛する人はもちろん、お世話になっている方へのプレゼントや、自分へのご褒美としても楽しめる、ハイクラスのチョコレートを厳選して紹介しよう。

1.大人の好奇心を刺激する「パレスホテル東京」の芸術的なチョコレート

江戸千代紙や着物の模様などの伝統美を取り入れた人気商品「千代ちょこ」に、バレンタイン限定のハート柄チョコレートを加えた特別なセット「バレンタイン限定 千代ちょこ」(写真上)が登場。「パレスホテル東京」専属のショコラティエールが、1枚1枚丁寧に仕上げており、その薄さは約2mm。口に入れた瞬間に溶けだし、カカオの芳醇な香りが広がっていく。柄だけでなく、カカオの配合がそれぞれ異なっており、味もバラエティに富む。バレンタインデザインのボックスは赤と茶の2種類から選択できるので、好みに合わせてセレクトしたい。

画材をモチーフにした「パレット」(写真上・左)は、大人の遊び心をくすぐる一品。ダークチョコレートのパレットの上に、絵の具に見立てたチョコレートを配し、カラフルに仕上げている。絵の具チューブにはナッツペーストが入っていて、自分自身でパレットに絞って楽しめる。

また、シトロン、キャラメル、ピスタチオ、フランボワーズ、ショコラといった5種のフレーバーを楽しめるバレンタイン限定「マカロン」(同右)も押さえておきたい。
どのアイテムも数量限定のため、早めに購入するのがおすすめ。


【概要】
販売期間:2018年2月1日(木)~2月14日(水)
場所:パレスホテル東京 地下1階 ペストリーショップ『スイーツ&デリ』
価格:
・バレンタイン限定 千代ちょこ(6枚) 2,808円 ※限定900個
・パレット 4,536円 ※限定100個
・マカロン(5個) 1,728円 ※限定500個 
※価格はすべて税込

問い合わせ:03-3211- 5320(バレンタイン商品専用ダイヤル)

スイーツ&デリ

住所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスホテル東京 地下1階
電話番号
03-3211-5315
営業時間
10:00~20:00
定休日
無休
公式サイト
http://www.palacehoteltokyo.com/restaurants-bars/sweets_deli/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

2.カカオニブ、ナッツ、花びらを散らした華やかな「リーガロイヤルホテル東京」のショコラ

「リーガロイヤルホテル東京」からは、バレンタイン限定商品「chocolat et petit fleur(ショコラ エ プティ フルール)」(写真上)が登場。“petit fleur”とは“小さな花”を意味するフランス語で、その名のとおりエディブルフラワーを散らした可憐なビジュアルが心を躍らせる。

「ビター」と「ミルク」の2種類あり、どちらもベルギーで100年以上愛される最高峰のチョコレートメーカー『CALLEBAUT(カルボー)』のチョコレートをベースに使用しているため品質は折り紙つき。「ビター」には、イチゴ、フランボワーズ、ブルーベリーのフリーズドライとともに、スーパーフードとして注目されるカカオニブ(フレーク状にしたカカオ豆)があしらわれている。ベリーの甘酸っぱさと、カカオの香りと苦みの余韻が印象的。「ミルク」は、クルミ、アーモンド、ピスタチオ、ヘーゼルナッツを乗せており、優しい甘さのチョコレートにナッツの心地よい歯ごたえがアクセントになっている。ロマンティックな時間を演出してくれる、華やかなショコラをどうぞ。


【概要】
販売期間:2018年1月13 日(土)~2月14日(水)
場所:リーガロイヤルホテル東京 1階 テイクアウトショップ『メリッサ』
価格:
・chocolat et petit fleur (大)1,400円、(小)800円 
※価格はすべて税込

問い合わせ:03-5285-1121

メリッサ

住所
〒169-8613 東京都新宿区戸塚町1-104-19 リーガロイヤルホテル東京1階
電話番号
03-5285-1121
営業時間
10:00~20:30
定休日
無休
公式サイト
https://www.rihga.co.jp/tokyo/gourmet/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

3.紳士淑女が互いに寄り添う“想い”と“距離”を表現する「マンダリン オリエンタル 東京」

「マンダリン オリエンタル 東京」のバレンタインのテーマは“紳士淑女がお互いの想いを語りあう「LOVE」”。昨年、新しくエグゼクティブ ペストリーシェフに就任したステファン・トランシェ氏による帽子型のケーキ「愛のプロムナード」(写真上)がお目見えした。花の咲く公園を寄り添って歩きながら語る“愛”を表現しており、ステファン氏ならではの創造性を感じられる逸品だ。

女性を表す球体は、赤いチョコレートのグラサージュでコーティングされており、なかにはココナッツムース、イチゴのコンフィ、ビスキュイが閉じこめられている。イチゴの香りをまとった華やかな味わいが特徴。

男性を表す黒い球体には、ヘーゼルナッツチョコレートムース、プラリネ、チョコレートクリーム、ヘーゼルナッツダコワーズが閉じこめられ、カカオの力強い風味を感じられる。大切な人と分け合いながら、2種の味の違いを一緒に楽しむのもよいだろう。

恋人へのプレゼントはもちろん、夫婦の間で改めて愛や感謝の気持ちを伝えるときにセレクトしてみてはいかが?


【概要】
販売期間:2018年1月14日(日)~3月14日(水)
場所:マンダリン オリエンタル 東京1階『ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ』
価格:
・愛のプロムナード 1,080円 
※価格は税込

問い合わせ:0120-806-823(レストラン総合予約)

ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ

住所
〒103-8328 東京都中央区日本橋室町2-1-1 マンダリン オリエンタル 東京 1階
電話番号
0120-806-823
営業時間
平日 7:30~20:00、土日祝 9:00~19:00
定休日
無休
公式サイト
http://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/fine-dining/gourmet-shop/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

4.本物志向の彼には「ザ・リッツ・カールトン東京」の洗練されたチョコレートを

言わずと知れたラグジュアリーホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」にも、バレンタイン限定のギフトが揃っている。チョコレート職人の飯田貴司氏によるオリジナルチョコレートは、多彩なフレーバーとリッチな味わいが魅力。バレンタイン限定フレーバーとして「ソルティキャラメル」「シャンパーニュ」「ビター」が加わった。

ホテルロゴボックス入り「ザ・リッツ・カールトン東京 オリジナル チョコレート」や、限定フレーバーのビターとシャンパーニュに、ハート柄のデザインを取り入れた特別なセット「ザ・リッツ・カールトン東京 オリジナル チョコレート ファンシー」など。ウィスキーやリキュールと合わせて楽しみたい。

「ハート型缶入りチョコレート」(写真上)は、「ザ・リッツ・カールトン」のブランドカラーであるメモラブルブルーと、シンプルなホワイトの2種類から選ぶことができる。
中心に配置されているハート型チョコレートのフレーバーはアールグレイ。ダークチョコレートをベースに使用し、口に含むとほのかな苦さと茶葉の香りが広がってくる。まわりには、シャンパーニュとラズベリーを2個ずつセット。

『ミシュランガイド東京 2018』でも最高ランク"5レッドパビリオン“の評価を得ているホテルのチョコレートなら、スイーツに疎い男性も必ず満足してくれるはず。


【概要】 
販売期間:2018年1月26日(金)~2月14日(水)
場所:ザ・リッツ・カールトン東京1階『ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ』
価格
・ザ・リッツ・カールトン東京 オリジナル チョコレート(2個) 1,318 円、(6個) 3,197 円、(10個) 4,298 円
・ザ・リッツ・カールトン東京 オリジナル チョコレート ファンシー(6個)3,348円
・ハート型缶入りチョコレート(5個) 3,456円 
※価格はすべて税込

問い合わせ:03-6434-8711

ザ・リッツ・カールトン カフェ&デリ

住所
東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン
電話番号
050-3312-6246
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
11:00~20:00
イートイン 11:00~20:00(L.O. 19:00)
定休日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/d205symv0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

5.幅広い年代に喜ばれる「ホテルニューオータニ」のスイーツ

「ホテルニューオータニ」のグランシェフ・中島眞介氏が手掛ける『パティスリーSATSUKI』の「パティスリーSATSUKI オリジナルボンボンショコラ」(写真上)は、ガナッシュひとつひとつの味わいにこだわった作品。

ミルクチョコレートのガナッシュとフランボワーズジュレを2層に仕立てたフランボワ、フルーティな酸味が独特なチョコレートのメキシック、とろりとした質感のキャラメルにマンダリンの優しい味を閉じこめたキャラメル・マンダリンのほか、アールグレイ、マッチャ、パッション、パレ・ドール、ユズ、キャラメルヴァニイユなど全9粒を楽しめる。

バレンタイン限定パッケージの「ガトーショコラ」(写真上)もおすすめ。クルミ入りチョコレート生地にベルギー産の高級チョコレートをしみこませ、しっとりと焼き上げている。口にすると、もっちりとした歯ごたえがあり、濃厚なチョコレートの余韻がふわりと広がる。チョコレート粒とクルミの心地よい食感も魅惑的。

ボックスにさりげなく配されたハートのデザインが、バレンタイン気分を盛り上げてくれる。王道を極めたチョコレートスイーツだ。


【概要】
予約期間:2018年1月5日(金)11:00 ~ 2月11日(日・祝)21:00
※ご予約は、受け取り希望日の3日前まで
引渡し期間:2018年2月1日(木)~2月14日(水)
場所:ホテルニューオータニ ザ・メイン ロビィ階『パティスリーSATSUKI』 
※2月14日(水)のみ、事前のご予約・お支払い済みのお客さまに限り早期引渡しあり 8:00~ コーヒーショップ『SATSUKI』(ザ・メイン ロビィ階)
価格:
・パティスリーSATSUKI オリジナルボンボンショコラ(9個)2,376円、(24個)8,100円
・ガトーショコラ(2個)1,080円、(4個)2,160円 ※限定180個 
※価格はすべて税込

問い合わせ:03-3221-7252

パティスリーSATSUKI

住所
〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ  ザ・メイン ロビィ階
電話番号
03-3221-7252
営業時間
11:00~21:00
定休日
無休
公式サイト
http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/p_satsuki/index.html

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

6.愛らしいスイーツに、素材の個性を落とし込む「ザ・ペニンシュラ東京」

昨年10月に「ザ・ペニンシュラ東京」のエグゼクティブ ペストリーシェフに新しく着任した、パスカル・シャルデラ氏の手掛けるバレンタインのスイーツも見逃せない。

フランス語で“ハートのイチゴ”を意味する「クール ド フレーズ」(写真上)は、愛らしい見た目のフレッシュケーキ。ストロベリーピューレで赤くコーティングされたムースは、チョコレートとヘーゼルナッツのビスケットをベースに、程よい甘さのミルクチョコレートムース、爽やかな酸味のストロベリーコンポート、キルシュのきいた濃厚なカスタードクリームの4 種類の層で仕上げられている。

キュートな見た目とは裏腹に、砂糖は極力使用していないそう。素材それぞれの味覚と食感が絶妙にマッチした大人の味わいだ。

シャルデラ氏の発想力を感じられる「チョコレートセレクション」(写真上)も要チェック。
緑色のチョコレートは、台湾・凍頂烏龍(トンティン ウーロン)の茶葉を粉砕したパウダーとミルクチョコレートで作っている。芳醇な香りがほんのりと広がり、茶葉の苦みとミルクチョコレートのコクが絶妙に調和する斬新な一品。

茶色のコーヒービーンズチョコレートは、挽きたてのエスプレッソやミルクの深い味わいが素晴らしく、赤色のチョコレートはアルマニャックで漬けたレーズン、ダークチョコレート、プラリネを組み合わせたボンボンショコラ。
バレンタインらしさを感じさせる見た目ながら、素材の個性を引き立てた一つのショコラとしてまとめあげる手腕はさすがのひと言。個性的な大人の男性に似合いそうだ。

【概要】
販売期間:2018年1月20日(土)~2月14日(水)
場所:ザ・ペニンシュラ東京 地下1階『ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ』
価格:
・クール ド フレーズ(Sサイズ)675円、(ホール)4,536円
・チョコレートセレクション(4個)1,890円、(9 個)3,942円、(16 個)6,696円 
※価格はすべて税込

問い合わせ:03-6270-2717

ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ

住所
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-8-1 ザ・ペニンシュラ東京 地下1階
電話番号
03-6270-2717
営業時間
11:00~18:00
定休日
無休
公式サイト
http://www.peninsula.com/boutiqueandcafe/jp

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

7.日本の伝統美を表現する「ホテル雅叙園東京」の“和チョコレート”

「ホテル雅叙園東京」の提案する、日本の伝統文化を巧みにアレンジしたチョコレートは、まわりとはひと味違う個性でアプローチしたい人向け。
江戸文化の華やかさを現代の技で表現した「手毬チョコ」(写真上)は、ペストリー料理長である生野剛哉氏の独創性が光る逸品。表面は和柄のチョコレートで彩られ、大きな手毬はヘーゼルナッツのクランブルをガナッシュクリームで、また桜柄の小さな手毬は抹茶のガナッシュを桜風味のガナッシュクリームでそれぞれ包んである。七宝の柄をモチーフにした下の台座もチョコレート。丸ごと味わい尽くしたい。

小さなケーキのような味わいを表現したネオジャパネスクな「ボンボンショコラ」(写真上)は、ひと粒ひと粒が和のテイストで芸術的。山椒や柚子といった和の食材をはじめピスタチオ、木苺、カルヴァドスなどが楽しめる5個セットと、さらに黒糖キャラメル、カシスフィグ、生姜を加えた8個セットが用意されている。そのほか、抹茶酒粕、紫蘇、モルトウイスキーなどの全16種から好きなものを選んで詰め合わせることも可能。相手の好みに合わせてチョイスできるのも魅力だ。
素材の味を活かし、余計なものを足さずに美しく彩る。そんな、日本的な発想で作られたチョコレートは、大人の男性の心をしなやかに掴んで離さない。

【概要】
販売期間:通年 ※「手毬チョコ」は3日前までに要予約
場所: ホテル雅叙園東京 1階『PATISSERIE「栞杏1928」』
価格:
・手毬チョコ 3,240円
・ボンボンショコラ(5 個) 2,160円、(8 個) 3,024円
※価格はすべて税込

問い合わせ:03-5434-5230

PATISSERIE「栞杏1928」

住所
〒153-0064 東京都目黒区下目黒 1-8-1 ホテル雅叙園東京 1階
電話番号
03-5434-5230
営業時間
10:00〜20:00
定休日
無休
公式サイト
http://www.hotelgajoen-tokyo.com/lien

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。