こんなラーメン食べたことない! 「シビれ系麻婆麺」や「海老出汁麺」など、東京の個性派ラーメン3選

2018年05月20日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • ラーメン
  • まとめ
こんなラーメン食べたことない! 「シビれ系麻婆麺」や「海老出汁麺」など、東京の個性派ラーメン3選
Summary
1. 山椒が主役! シビれがクセになる麻婆麺『SHIBIRE NOODLES 蝋燭屋』
2. 甘エビを40尾も使用した、濃厚海老だし麺『海老麺総本家 JIMOTOYA』
3.イタリアンやエスニック風のアレンジがユニークなラーメン『Ramen ドゥエ Edo Japan』

日本のソウルフードといっても過言ではない「ラーメン」。定番のラーメンはもちろんおいしいが、たまには個性的なラーメンも楽しみたくなる。「こんなラーメン食べたことない!」と思わず前のめりになるような新感覚のラーメンがいただける、東京でいま大注目な3つの個性派ラーメンを3店ご紹介しよう。

シビれる辛さにハマル人続出中! 「山椒」が主役の麻婆麺 『SHIBIRE NOODLES 蝋燭屋』

中国料理一筋20年の店主が誇る、国内外の香辛料を駆使した個性的な麻婆麺をいただける『SHIBIRE NOODLES 蝋燭屋(しびれぬーどる ろうそくや)』。人気メニューは、漢源山椒と呼ばれる四川の花椒(ホアジャオ)に自家製のラー油を合わせた「麻婆麺」だ。

麺を覆い隠すほど麻婆豆腐がたっぷり。身体中に電気が走るような山椒のシビれと、ふわりと漂う花椒(ホアジャオ)の香りに、さらに食欲が刺激される。

ゴマの風味豊かなスープが自慢の「担々麺」や、酸味と辛みのバランスが絶妙な「酸辣湯麺」など、麻婆麺以外のメニューにも使用する山椒は、四川産や和歌山産など、メニューによって味や香りを使い分けている。
“シビれ”の世界観に魅了された店主渾身の一杯を堪能しよう。

【店舗情報】
SHIBIRE NOODLES 蝋燭屋(しびれぬーどる ろうそくや)
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-16 第1島田ビル1F
電話番号:03-6263-2970

>>>このラーメンを特集している記事を読む

飲み干さないともったいない! 濃厚なエビのだしが自慢の『海老麺総本家 JIMOTOYA』

函館発祥のラーメン店『海老麺総本家 JIMOTOYA』がついに東京にやってきた。看板メニューの「濃厚海老出汁麺」は、北海道産の甘エビが1杯につきなんと40尾も使われているという、とびきり贅沢なラーメンだ。

香ばしく濃厚なスープからは、甘エビのうまみをダイレクトに感じることができる。食べごたえのある中太麺との相性も抜群だ。

「いくら丼」や北海道産のジャガイモを使用した「ポテトサラダ」など、北海道の食材を存分に味わえる一品料理も充実している。
ラーメンのみならず、北の美味も心ゆくまで味わおう。

【店舗情報】
海老麺総本家 JIMOTOYA
住所:〒106-0045 東京都港区麻布十番1-3-8 F PLAZA 1F
電話番号:050-3312-8194

>>>このラーメンを特集している記事を読む

ラーメンに生ハムとチーズ!?  “1杯のなかのフルコース”がテーマのラーメン『Ramen ドゥエ Edo Japan』

ジャンルにとらわれない「新感覚ラーメン」が話題の『Ramen ドゥエ Edo Japan』。
同店で人気の1杯は「らぁ麺 生ハムフロマージュ」だ。

生ハムにとろとろのチーズ、そして鶏がらスープが混ざり合い、クリームスープのような状態への変化を生み出している。

〆にはリゾット用の雑穀ごはんをイン! 1杯で2種類の楽しみができるのも魅力だ。そのほか、パクチーや世界一辛いと言われる一味を使用した「酸っぱ辛い香草いっぱいレモン舞妓らぁ麺」など、ユニークなメニューの数々にも挑戦したい。

【店舗情報】
Ramen ドゥエ Edo Japan
住所:〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-6 日比谷パークフロントB1
電話番号:03-6205-4810

>>>このラーメンを特集している記事を読む

関連記事

天才と呼ばれたフレンチシェフが新橋で開いた居酒屋のあらゆる酒と料理のウマさにシビれる

【連載】幸食のすゝめ #052 食べることは大好きだが、美食家とは呼ばれたくない。僕らは街に食に幸せの居場所を探す。身体の一つひとつは、あの時のひと皿、忘れられない友と交わした、大切な一杯でできている。そんな幸食をお薦めしたい。

森一起
ライター/作詞家/ミュージシャン
フランス・ボルドーのサンテミリオンの東で日本人醸造家が造る、レアワインの生まれる土壌とメルローの秘密

【ワインマニアック講座 ~禁断のテロワール~】マニアがドンドン深みにハマって逃れられないワインの世界。ならば、もっとズボズボっと深みにハマるのも一興。世界中のワイン生産者に出逢い、ワインについて様々な経験・知識を持つ日本屈指のワインジャーナリスト・柳忠之さんが“禁断”のテロワールについて、知られざる話をそっと教える。