「うーん…ゴマ!」と叫んでしまう! 約9,000粒ものゴマ入り超濃厚アイスクリームが人気【原宿】

2018年05月27日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • 東京
  • 原宿
  • スイーツ
  • カフェ
「うーん…ゴマ!」と叫んでしまう! 約9,000粒ものゴマ入り超濃厚アイスクリームが人気【原宿】
Summary
1.「1cup」(カップ)に約9,000粒のゴマ! 世界で最もゴマ濃度の高いアイスクリームが原宿に登場
2.パフェや天ぷらなど、バリエーションメニューもゴマ尽くし
3.“スイーツ天国”原宿では貴重な、ワンコインでも楽しめる憩いの場

「1cup」に約9,000粒のゴマ! 世界で最もゴマ濃度の高いアイスクリームが原宿に登場

サプリなどに使われていることから、健康というイメージが定着してきたゴマ。タンパク質、各種ビタミン、カルシウムやミネラルなどが含まれ、血中コレステロールを下げたり、皮膚の健康を保ったりという効果が期待されるバランス食材だ。
そのゴマが、「1cup」に約9,000粒も入った超濃厚アイスクリーム専門店がある。2018年2月に表参道から原宿に移転し、リニューアルオープンした『GOMAYA KUKI(ごまや くき)』だ。

ゴマのアイスクリーム2スクープが1セットになった「1cup」が基本メニュー(写真上)。ラインナップには白ゴマ、黒ゴマがあり、それぞれ「超濃厚」「濃厚」と“ゴマ度”にバリエーションが付けられている。ほかにも、しっとり炊いた雑穀9種で食感に遊び心を加えた「つぶつぶ雑穀」や、新鮮なミルクとたっぷりの黒ゴマに塩を練り込んだ「ごま塩」といったオリジナルメニューが揃う。

さらに、ゴマ粒をアイスの上に散らす「追いごま」やソースのようにかける「追いごま油」を自由にトッピングできる。
ゴマを特に強く煎り、伝統的な圧搾製法100%で仕上げた「純正ごま油」なのだが、市販されているもののなかでは最高レベルのゴマ濃度だ。
アイス自体はゴマの風味が舌と喉に直撃する印象だが、この油をかけるとさらに芳醇なゴマの香りが鼻に抜けるように感じられる。

店舗スタッフによれば、初めて食べたお客さんの感想の多くは、おいしいかどうかよりも、「うーん…ゴマ!」の一言。
濃厚なのはわかっていても、食べてみると想像していた以上に、ゴマのインパクトが強いのだ。

「初めての方は、黒か白のどちらかを“超特濃”にして、もう片方を“特濃”あるいは“つぶつぶ雑穀”とセットにすると、自分とゴマの濃さとの相性がわかるのでオススメです」とのこと。だが、すかさず「リピーターの方は結局、“超特濃”しか頼まなくなるんですけどね」と笑った。

老舗ゴマ総合メーカーだからこそできた、ゴマを満喫できるアイスクリーム

こんな一点突破のすごいアイスクリーム専門店を立ち上げたのは、明治19年創業の老舗ゴマ総合メーカー『九鬼(くき)産業株式会社』。ゴマ本来の香りと味を引き出すために、手間と時間がかかっても、ゴマへの圧力だけでゴマ油を搾りだす「圧搾法」を貫き続けてきた、強いこだわりをもつメーカーだ。

「ゴマの食文化をさらに発展させたいとオープンしたのが、この『GOMAYA KUKI』です」と語るのは、東京支店長の三厨(みくりや)幸治さん。もともとは表参道にオープンしたが、テイクアウト専門店だった。そのため、より多くの人にゆったりとゴマの魅力に触れてほしいと、2018年2月、原宿に移転。カウンター席などイートインスペースを設けた。

それにしても、ここまで突き抜けてゴマに特化することに、迷いはなかったのだろうか? 「ゴマのメーカーですので、原料のゴマはふんだんに持っています。出し惜しみなくやりたかったんです」と三厨さんは話す。
実際、これ以上混ぜたらアイスクリームとして固まらなくなるギリギリの限界まで、ゴマを詰めたのが、『GOMAYA KUKI』のゴマアイス。となると、このゴマアイスは、ゴマの濃度として世界一のアイスクリームと言っても過言ではない代物だ。

パフェや天ぷらなど、バリエーションメニューもゴマ尽くし

ストレートなゴマアイスだけでなく、オリジナルのバリエーションメニューも楽しい。

カウンター限定メニューの「GOMAYA KUKIの和風パフェ」(写真上)も人気だ。生クリームや白玉などほかの素材との対比で、ゴマの印象が際立つところがおもしろい。

「ザクザク衣のごまアイス天ぷら」(写真上)や「超濃厚ごまアイス天ぷら」もゴマ尽くし。彼女と一緒に来た男性などが頼むことが多いそうだが、実はかなりのクオリティ。アイスクリームの天ぷらといえば、高級和食店などでしかお目にかかれないメニューだ。それを気軽につまめるのはうれしい。

スイーツ激戦区・原宿で貴重な存在。ワンコインでも一息つける憩いの場

ドリンクには、ハンドドリップしたこだわりのコーヒーやほうじ茶もあるが、「6000粒の黒ごまラテ」や豆乳とゴマアイスからできた「ソイスムージー」など、この店ならではのオリジナルメニューがラインナップされているので、気軽にドリンクだけ楽しむのも良い。

ちなみに、食物繊維や鉄分、カルシウムたっぷりのこの「黒ごまラテ」(写真上)は、牛乳や豆乳で溶くだけの顆粒状の商品で、店頭で購入できる。

ご存知のとおり、原宿は人気スイーツ店の出店が相次ぐ激戦区。それにともなって各店の商品単価もますます上がっているが、この『GOMAYA KUKI』では、ワンコインでも一息つけるのでうれしい限り。ショッピングに疲れたら、気軽にゴマチャージ!がツウな原宿スタンダードとなりそうだ。

【メニュー】
くろ 超特濃/くろ 特濃/ごま塩/しろ 超特濃/しろ 特濃/つぶつぶ雑穀 から2種セット 500円
ザクザク衣のごまアイス天ぷら(しろ天・くろ天) 550円
超濃厚ごまアイス天ぷら(しろ天・くろ天) 500円
GOMAYA KUKIの和風パフェ 1,000円
6000粒の黒ごまラテ 550円
ソイスムージー(しろ・くろ) 600円

GOMAYA KUKI

住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目26−22 原宿Hビル1F
電話番号
080-7961-8516
営業時間
11:00〜19:00 (カウンター限定メニュー&天ぷらは18時ラストオーダー)
定休日
無休
公式サイト
http://gomayakuki.jp/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

全米一と評されたケーキは絶品! 甘党3兄弟がはじめたアットホームなケーキ屋がNYで瞬く間に人気に
全米一と評されたケーキは絶品! 甘党3兄弟がはじめたアットホームなケーキ屋がNYで瞬く間に人気に

【連載】NYスタイル、進行形  世界最新の食トレンドを生み出し続ける、ニューヨーク。日々新しいスタイルが提案されるこの街で、生き残るのは至難の技。そんなニューヨークのトレンドに敏感な街の「賢人」の琴線に触れた店とは?

杉本佳子
ファッションジャーナリスト兼美容食研究家