しっとりふわふわ! 極上のロールケーキに出逢える、名店出身シェフによるロールケーキ専門店【白金高輪】

2018年11月18日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • 東京
  • 白金高輪
  • スイーツ
  • カフェ
  • 手土産
しっとりふわふわ! 極上のロールケーキに出逢える、名店出身シェフによるロールケーキ専門店【白金高輪】
Summary
1.オーナーは白金高輪の人気パティスリー『パッション ドゥ ローズ』のシェフ
2.有名店を渡り歩いた敏腕シェフの「ロールケーキ」をイートインスペースで堪能できる
3.“ドット”の可愛らしさもプラス! おいしさ・日持ち・持ち運び、三拍子そろって手土産にピッタリ

国内外の名だたる店で経験を積んだシェフによる、ポップでキュートなケーキ屋さんが誕生

場所は東京メトロ南北線・都営三田線の白金高輪駅から徒歩約2分。白金から恵比寿方面へ向かうバス通り沿いの交差点にあるのは、赤と白を基調にした外観がひときわ目を引く『ROSE ROULE(ローズ ロール)』だ。

『ローズ ロール』は、同店から徒歩圏内にある人気パティスリー『Passion de Rose(パッション ドゥ ローズ)』のオーナー・田中貴士シェフパティシエが手がけた、ロールケーキ専門店。

田中シェフ(写真上)は『Taillevent Robuchon(タイユバン・ロブション)』(現『シャトーレストラン ジョエル・ロブション』)でお菓子作りの基礎を学んだ後、渡仏。『DES GATEAUX ET DU PAIN(デ・ガトー・エ・デュ・パン)』でスーシェフ(副料理長)を務め、製菓・製パンともに磨きをかけた。帰国後はアラン・デュカス氏が手掛ける『BENOIT(ブノワ)』に入り、『PIERRE HERME PARIS(ピエール・エルメ・パリ)』ではスーシェフとして活躍するなど、数々の有名店で経験を積んできた敏腕シェフ。

2013年には若干33歳の若さで白金に『パッション ドゥ ローズ』をオープンさせた(現在は白金高輪に移転)。フランス伝統菓子をベースにした、美しく独創的なメニューを取り揃えている『パッション ドゥ ローズ』はたちまち評判となり、地元のみならず多くのスイーツ好きを魅了してきた。

クラシカルで高級感あふれる雰囲気の『パッション ドゥ ローズ』とは対照的に、『ローズ ロール』の店内はポップで可愛らしい造りになっている。

明るい店内は気軽に入りやすい雰囲気で、ショーケースには色鮮やかなロールケーキと焼き菓子が並ぶ。

カウンターには6席のイートインスペースがあり、ロールケーキ以外にも『パッション ドゥ ローズ』のパンを使用したサンドイッチやソフトクリームを楽しむことができる。それぞれドリンクとのセットメニューもあり、ロールケーキを一切れだけ食べたい人にもオススメだ。

しっとり、ふわふわ! 期待の斜め上をいく「至極のロールケーキ」

「田中シェフが作るロールケーキを食べてみたい!」というお客の声にこたえる形でオープンした『ローズ ロール』。その熟練の技で完成させたロールケーキは、味はもちろん、可愛らしい見た目で早くも話題になっている。

▲写真上・手前左から「ローズロール」「カフェ」「ナチュール」 

「ナチュール」はシンプルなロールケーキ(写真上)。ふんわりしたキメの細かい生地に、甘さ控えめの北海道産の生クリームが口の中で絶妙なバランスで溶けていく。シンプルなお菓子だからこそ、素材の選び方やシェフの技が光る極上の一品だ。

田中シェフがロールケーキで特にこだわったのは、生地の柔らかさ。
ふわふわとした淡い口どけのスポンジはシフォンケーキの生地と同じ作り方をしているという。程よいしっとり具合と軽い口当たりは、バターではなく植物性オイルを使用しているからこそ。

▲軽くフォークを添えるだけでも、フォークが吸い込まれそうなほどの柔らかさ

店名にもなっている看板メニューの「ローズロール」(写真上)は、スポンジの内側に染み込んだラズベリーソースの甘酸っぱい風味が、ローズウォーター入りのクリームの爽やかさを引き立てている。控えめで上品なローズの香りが、かすかに優雅な潤いを残して消えていく。

ローズとドット柄が好きだという田中シェフ。真っ赤なバラを思わせる赤色のドット柄になるよう、同ケーキは生地に米粉を使い、発色や色づきの良さにこだわったそうだ。

黄色の生地がパッと目を引く「プリンロール」(写真上)。芳醇な卵の味わいが感じられ、滑らかな舌触りのプリンがふんわりとした生地に包まれて、濃厚さをプラスしている。こどもからお年寄りまで愛される、優しく懐かしい味わい。

持ち運びやすく、可愛らしい包装で手土産にピッタリ!

デコレーションケーキに比べるとロールケーキは崩れにくく持ち運びにも最適。日持ちは3日間と長く、そのおいしさをゆっくり楽しめる。ロールケーキを入れる持ち帰り用のボックスやバッグ(写真上)の可愛さも、手土産として人気の所以。新たな白金スイーツとしてお土産にも重宝しそうだ。

ロールケーキのフレーバーは季節ごとに変わる予定で、田中シェフの構想では旬の果物や和素材など50種類程度はすでにイメージしているとか。今後も新商品との出逢いが楽しみで目が離せない。


【メニュー】
▼テイクアウト
ナチュール   1,200円
ローズロール  1,600円
プリンロール  1,500円
マロンショコラ 1,600円
フレーズ    1,600円
カフェ     1,400円
▼イートイン
ロールケーキ(1/4カット)300円~
ドリンクセット(ロールケーキ+ドリンク)600円〜
※価格はすべて税込

ROSE ROULE (ローズロール)

住所
〒108-0072 東京都港区白金1-25-16 1F
電話番号
03-6456-4369
営業時間
10:00~19:00
定休日
無休
公式サイト
https://www.facebook.com/pages/category/Dessert-Shop/ROSE-ROULE-2161416627438920/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

トリュフ香る極上の一杯! 『江戸前つけ麺 銀座 魄瑛』の「つけ麺」に、早くもファン続出
トリュフ香る極上の一杯! 『江戸前つけ麺 銀座 魄瑛』の「つけ麺」に、早くもファン続出

1.ラーメン界のカリスマがプロデュース、『江戸前つけ麺 銀座 魄瑛(はくえい)』がオープン 2.これぞ珠玉の一杯! こだわり食材が味わい深い「特製つけ麺」 3.贅沢で濃厚な「トリュフ卵かけ御飯」、ラグジュアリー感満載の「銀座プレミアム三点盛り」も見逃せない

Kyoko Maruyama
ライター/フードアナリスト
フランス人パティシエが目の前で仕上げてくれる!魅惑のスイーツカフェ『ヌメロサンク・パリ』
フランス人パティシエが目の前で仕上げてくれる!魅惑のスイーツカフェ『ヌメロサンク・パリ』

1.土日祝日限定オープン!フランス人パティシエ、マチュー・パンソン氏による魅惑のスイーツLABO 2.カウンターのイートインスペースは、シェフの手仕事が間近に見られる特等席 3.味も見た目も自信あり!こだわりの焼き菓子は本物志向の手土産として注目

Kyoko Maruyama
ライター/フードアナリスト
美しい「進化系おはぎ」にファン殺到! 大注目のおはぎ専門店『タケノとおはぎ』が学芸大学に進出
美しい「進化系おはぎ」にファン殺到! 大注目のおはぎ専門店『タケノとおはぎ』が学芸大学に進出

1.SNSで話題沸騰中! 桜新町のおはぎ専門店『タケノとおはぎ』の2号店が誕生 2.常時7種のおはぎをラインナップ。美しい見た目と素材のおいしさが魅力 3.ホームパーティや手土産にもぴったり! 上品だけど懐かしい日本のソウルフードを再発見

Kyoko Maruyama
ライター/フードアナリスト
『モンサンクレール』のスーシェフが独立!香りを愉しむパティスリー『ラトリエヒロワキサカ』【武蔵小杉】
『モンサンクレール』のスーシェフが独立!香りを愉しむパティスリー『ラトリエヒロワキサカ』【武蔵小杉】

1.いますぐ食べたい! 名パティスリー『モンサンクレール』の元スーシェフが作る絶品スイーツ 2.繊細かつ芸術性の高いスイーツは、素材の良さを引き出す“香り”に注目 3.焼き菓子も充実! 焼き立て「フィナンシェ」と大人気の「ガトーブルトン」は必食

Kyoko Maruyama
ライター/フードアナリスト
戸越銀座周辺の食べ歩きにおすすめ!「酒粕」を気軽にたのしむ、新潟発の古民家風カフェスタンドが話題
戸越銀座周辺の食べ歩きにおすすめ!「酒粕」を気軽にたのしむ、新潟発の古民家風カフェスタンドが話題

1.東京・戸越公園駅から3分。新しい発酵ライフを提案する酒粕専門店『お米や Hacco to go!』が登場 2.ここでしか味わえない味! 発酵食品「酒粕」を使った100%植物性の「醸グルトシェイク」 3.日々の生活にも取り入れたい発酵パワー。手軽な調味料や酒粕ドリンクはお土産に最適!

Kyoko Maruyama
ライター/フードアナリスト