焼鳥の名店『鳥しき』出身者による話題の3店! 腕利き料理人が創り出す新たな美味を体感すべし

2019年04月28日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 東京
  • 目黒
  • 六本木
  • 三軒茶屋
  • まとめ
  • 焼鳥
焼鳥の名店『鳥しき』出身者による話題の3店! 腕利き料理人が創り出す新たな美味を体感すべし
Summary
1.本店から受け継ぐ焼きの極意をおまかせで。『鳥しき』分店『目黒 鳥かど』
2.六本木に『鳥しき』のさらなる分店がオープン。『鳥おか』の締めはオリジナルご飯
3.看板メニューの水炊きと焼き鳥を一緒に。三軒茶屋『鳥とみ』

焼鳥の名店『鳥しき』出身者による話題の3店

『ミシュランガイド東京 2019』で一つ星の評価を受けた焼鳥店『目黒 鳥しき』。食通の間で、”予約が最も困難”と言われる焼鳥の最高峰だ。
今回は、この『鳥しき』で修業した腕利き料理人たちが独立し、東京都内にオープンさせた店を紹介する。

どの店も食通の間で話題を呼び、予約必須の人気店となっている。本店にはない逸品や、新たな看板メニューも魅力的だ。腕利き料理人たちが受け継ぐ名店のDNAを感じてもらいたい。

『鳥しき』の「焼き」を継承した分店『目黒 鳥かど』は、オリジナル一品メニューも魅力

JR目黒駅の近く、目黒川エリアにある『目黒 鳥かど』は、『鳥しき』出身の小野田幸平さんがオープンさせた『鳥しき』の分店。

『鳥しき』から継承した「近火の強火」で焼き上げられる串の数々はおまかせコースで堪能できる。レアに焼かれたささみにわさびを乗せた「さび」などが人気。

コースの合間に出てくる「温かいポテトサラダ」などの、オリジナル一品メニューは分店ならでは。テイクアウトのお弁当や個室メニューなど、新たな試みにも注目が集まっている。

【店舗情報】
目黒 鳥かど
住所:〒153-0063 東京都目黒区目黒2-8-7 鈴木ビルB1F
電話番号:050-3313-8075

>>>この店を特集している記事を読む

六本木にオープンした分店『鳥おか』、締めの土鍋ご飯はここだけ!

『鳥しき』の分店としてオープンした六本木の『鳥おか』。店主の黒崎法行さんは『鳥しき』での修業、『鳥かど』の立ち上げを経て『鳥おか』を任された。

『鳥おか』では、炭火焼きに適した東北産の「伊達鶏」を紀州備長炭で焼き上げる。
肉のポテンシャルを最大限に引き出す人気メニューは「血肝(レバー)」「手羽先」など。

おまかせコースの最後は、ここでしか味わえない「土鍋ご飯」だ。極上の鶏スープとともに、極上の時間を締めくくりたい。

【店舗情報】
鳥おか
住所:〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウェストウォーク 5F
電話番号: 03-6447-2933

>>>この店を特集している記事を読む

『鳥しき』出身の職人が開いたのは水炊き店?三軒茶屋『鳥とみ』

三軒茶屋から少し歩いたところに2018年11月にオープンした『鳥とみ』は、『鳥しき』『鳥かど』で修業を重ねた土屋宝さんが店主を務めるが、看板メニューは焼鳥ではなく水炊きという珍しい店だ。

計15時間かけて完成させる鶏スープで作る水炊きは、濃厚だが油っぽさがなく、鶏のうまみとコクだけをしっかり味わえる。

また、『鳥しき』仕込みの焼き加減が絶妙な焼鳥も楽しめる。オープンからまだ間もないが、食通が殺到し早くも人気店に。予約の上で訪れたい。

【店舗情報】
鳥とみ
住所:〒154-0001 東京都世田谷区池尻1-11-8 ワコーハイム 105
電話番号:03-6805-5283

>>>この店を特集している記事を読む


※上記情報は、各記事の取材時点でのものです。

関連記事

六本木の丘に焼き鳥旋風が巻き起こる! 名店『鳥しき』のDNAを継ぐ焼き鳥店『鳥おか』
六本木の丘に焼き鳥旋風が巻き起こる! 名店『鳥しき』のDNAを継ぐ焼き鳥店『鳥おか』

1.焼き鳥界のカリスマ『目黒 鳥しき』で修業し、『目黒 鳥かど』の立ち上げに加わった店主が分店『鳥おか』をオープン! 2.こだわりの紀州備長炭の火と香りをまとった極上の焼き鳥が味わえる! 3.メニューはおまかせのみ。締めの「土鍋ご飯」はなんとここだけ!

佐川 碧
ライター
食通殺到で早くも話題! 焼鳥の名店『鳥しき』『鳥かど』出身店主による水炊き専門店『鳥とみ』
食通殺到で早くも話題! 焼鳥の名店『鳥しき』『鳥かど』出身店主による水炊き専門店『鳥とみ』

1.焼鳥の名店『鳥しき』『鳥かど』出身の店主が、水炊きの専門店をオープン 2.名店仕込みの焼鳥も楽しめる! 良質な鶏を堪能できる絶妙な焼き技 3.計15時間かけて完成させる鶏スープは、濃厚でありながら上品なコクがあり、すっきり淡麗な味わい

桑原恵美子
ライター
【京都・いま一番話題になっている京料理店にて】真新しい店で常連になるための近道はどうすればいいのか?

【京都で恥をかかない遊び方】日本はもちろん世界中から観光客が訪れる京都。雑誌や書籍にもインターネット上にもさまざまな情報が飛び交い、もはや京都のことは誰でもわかる時代になった、、、と思いきや京都には1,000年の都ゆえの深~い伝統と流儀、そしてマナーがある。そんな京都でいかにして恥をかかずに愉しめるか?京都在住で関西の食文化に精通するコラムニスト・門上武司さんが知識を伝授する。