「激辛・中華メシ」で暑さを吹き飛ばせ! シビれすぎてもう箸がとまらない、東京「激辛・中華料理店」3店

2019年08月17日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 中華料理
  • 中国料理
  • 錦糸町・住吉
  • 蔵前
  • 神田
  • まとめ
「激辛・中華メシ」で暑さを吹き飛ばせ! シビれすぎてもう箸がとまらない、東京「激辛・中華料理店」3店
Summary
1.2019年夏の激辛グルメは「激辛・中華メシ」で決まり!
2.激辛メシが食べられる、東京「本格中華料理店」3選
3.王道の「四川麻婆豆腐」から激辛「湖南料理」や中国本場の「魚麺」まで!

この夏こそ絶対に食べたい、東京の「激辛・中華メシ」まとめ

いよいよ夏本番。今年も「激辛グルメ」の季節がやってきた。激辛グルメフェスをはじめ激辛ブームの勢いは加速する一方だが、2019年夏のイチオシは「激辛・中華メシ」!

一昨年から続く中国由来の花椒(ホアジャオ)を使った「シビれ系四川料理」の人気度は増すばかりだが、この勢いを駆って、最近ではよりマイナーな中国料理、いわゆる「マニアック中華」に関心の目が向けられている。

その意味では、「激辛・中華メシ」は2019年の夏を代表する料理と言ってもいいだろう。そこで今回は「激辛・中華メシ」が食べられる、東京の本格中華料理店をまとめて発信。この夏のトレンドをおさえるためにも絶対に訪れておこう。

1.青唐辛子の辛さが痛快! 湖南料理をじっくり味わう『李湘潭 湘菜館』【錦糸町】

中国八大料理のひとつ「湖南料理」は、中国人にとって比較的ポピュラーな地方料理。そんな湖南料理がじっくり楽しめる中国料理店が『李湘潭 湘菜館(りしょうたん しょうさいかん)』だ。

同店の湖南料理の辛みの特徴として挙げられるが唐辛子。料理に合わせて生の青唐辛子や赤唐辛子、乾燥小粒唐辛子などを組み合わせて、量の加減で辛さの幅を自在に調整する。

聞くだけで舌がしびれそうだが、こちらのメニューは「湘潭剁椒魚头(鯛のカマの唐辛子蒸し)」(写真上)。魚頭を左右に開き湖南の伝統唐辛子漬けをたっぷりのせ、料理酒をかけて蒸しあげたもの。

唐辛子漬けと鯛からでたうまみたっぷりのスープだしがうまい。魚の身を食べ終わったら骨をきれいに取り除き、〆にビーフンを追加注文してみよう。未知なる辛さが待ち受けている。

李湘潭 湘菜館(りしょうたん しょうさいかん)錦糸町

住所
東京都墨田区錦糸2-7-12 徳重ビル1F
電話番号
050-3374-4773
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
火~木
ランチ 11:30~14:00
ディナー 17:30~23:00
(L.O.22:00)

金・土
ランチ 11:30~14:30
ディナー 17:00~23:30
(L.O.22:30)


ランチ 12:00~14:30
ディナー 17:00~22:00
(L.O.21:00)
定休日
月曜日
月末最終週の火曜日は定休日となります。
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/846e1kg70000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

2.酸味と辛みに食欲が掻き立てられる! 本場中国の味を貫く『漁見』【蔵前】

「日本人がまだ知らない中国料理」が食べられると評判の店。それが『漁見(ユジェン)』。中国国内に7店舗を構える中国レストランで、2018年12月に日本に初上陸した本格の中国料理店だ。

看板料理は「花椒香る老坛酸菜鱼(ラオタンサンツァイユ)」(写真上)。白身魚と高菜を煮込んだ郷土料理で、たっぷりの赤トウガラシと花椒(ホアジャオ)、酸っぱさの元である酢漬けのトウガラシが加えられている。魚とスープを一緒に口に含むと、酸っぱさと辛みを感じたあとに、花椒由来のシビれがやってくる。

魚の下に隠れているサツマイモ春雨(サツマイモ澱粉が原料の麺)を、スープと一緒にすすって食べると満足感も倍増。

ランチタイムなら、ラーメン風にアレンジした『酸菜鱼麺(サンツァイユメン)』と、酸菜鱼をご飯にのせた『酸菜鱼飯(サンツァイユハン)』が食べられるので、お昼時もオススメ。それぞれ限定10食なのでランチタイムはお早めに。

漁見 ‐YUJIAN‐(ユジェン) 浅草蔵前本店

住所
東京都台東区蔵前3-13-14 冠輝ビル1F
電話番号
050-3461-9744
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
月~土
11:30~14:30
※平日ランチはランチメニュー中心の営業となります。ディナーメニューも対応可能ですが、ご用意にお時間を頂戴します。また、仕入の状況により提供できない料理がございます。
17:30~22:30
(L.O.22:00)

日・祝日
11:30~14:30
17:30~22:00
(L.O.21:30)
定休日
不定休日あり
年末年始・他
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/5u5vf2pb0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

3.本場「四川麻婆豆腐」にシビれる! 名店出身シェフの『覇王 神田本店』【神田】

シビれ・うまみ・辛みがクセになる本場・四川の味が楽しめる『覇王 神田本店』。あの名店『四川飯店』で腕を磨いたシェフが開いた中国料理店だ。

同店には「本格麻婆豆腐」「覇王麻婆豆腐」「激辛麻婆豆腐」と味付けが若干異なる3種類の麻婆豆腐を置いているが、ラー油ではなく香辛料と自家製調味料で味付けするのが基本。なかでも「覇王麻婆豆腐」(写真上)は、本場・四川の味に仕上げられている。

麻婆豆腐は、コースならグループ単位で辛さ・シビれともに調整可能。アラカルトで注文する場合は、「本格麻婆豆腐」や「激辛麻婆豆腐」と食べ比べながら、いろいろな辛さとの出逢いを愉しもう。

覇王

住所
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-26 ラシーヌ神田 B1
電話番号
03-6260-9443
営業時間
月~金 11:20~15:00 (L.O.14:45)、17:30~22:30 (L.O.22:00) 日・祝日 11:20~15:00 (L.O.14:45)、17:30~21:30 (L.O.21:00)
定休日
土曜
ぐるなび
https://r.gnavi.co.jp/skbcte5c0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。

関連記事

無我夢中で食べ尽くしたい! 錦糸町から新たな「中国料理」旋風を巻き起こす『SOUTH LAB 南方』
無我夢中で食べ尽くしたい! 錦糸町から新たな「中国料理」旋風を巻き起こす『SOUTH LAB 南方』

1.中華ファンが既に大注目! 香港料理の新しい可能性を体感できる、錦糸町『SOUTH LAB 南方』 2.中国・香港を知り尽くしたプロデューサーと一流店を渡り歩いたシェフによる最強タッグ 3.東南アジアで食べられている香港料理を独自にブラッシュアップさせた料理が愉しめる

桑原恵美子
ライター
これぞ職人技! スープたっぷり熱々小籠包が絶品の『なかの中華!Sai』【腕利き料理人が通ううまい店】

【腕利き料理人が通ううまい店】世の食いしん坊たちを魅了する腕利き料理人こそ、選ばれし生粋の食いしん坊。好奇心を刺激しに、疲れた身体を癒しに通う店には、間違いない味と心意気がある。料理人から料理人へ、バトンを受け継いでとっておきの一軒を追う。

須永久美
ライター