本格鮨が「1万円以下」で楽しめる! キャリア25年以上の職人技を気軽に味わう『上野 榮(さかえ)』

東京でコスパよく、(回らない)おいしい寿司を食べたい! そんな人におすすめしたいのが『上野 榮』。お試しコースは9,000円、おまかせコースは12,000円と、東京の鮨とは思えないほどのコストパフォーマンスが話題。高級感たっぷりのカウンター席のほか、プライベート感のある個室も完備しているので、落ち着いた大人のデートにもぴったり。鮨好きはもちろん、鮨初心者でも存分に楽しめるおすすめの一軒だ。

2020年06月26日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • レストラン
  • 寿司
  • 和食
  • 上野
  • 御徒町
  • 東京
本格鮨が「1万円以下」で楽しめる! キャリア25年以上の職人技を気軽に味わう『上野 榮(さかえ)』
Summary
1.有名鮨店での修業歴の長い大将が作るおまかせ鮨コースは美味尽くし!
2.品の良いカウンター席と、プライベート感のある個室を完備
3.季節毎の食材を取り入れたおつまみは盛り付けも華やか

味と場所とコスパ、すべてが叶う全方位においしい鮨店!

東京のターミナル駅である上野駅を筆頭に、御徒町駅、上野広小路駅、上野御徒町駅からもアクセスが良い「上野クロードビル」の12階にある鮨店『上野 榮(さかえ)』。

2020年1月に日本料理店から鮨店にリニューアルオープンした同店は、場所の便利さはもちろん、味もコスパも良い、ぜひ押さえておきたい一軒。

店主を務めるのは遠藤尚人さん(写真上)。職人歴25年のキャリアを持ち、老舗鮨店で長く修業した実力派だ。

店内は12階という立地もあって明るく、2~6名で使える全4室の個室(写真下・右)と白木の清潔感あふれるカウンター席(同・左)があり、接待はもちろん、デートから家族での会食、おひとり様まで多用途に使える。

日本料理の経験もある遠藤さんが出す料理はつまみと握り、どちらもランダムに楽しめる。

しかも、握り中心の「おためしコース」が9,000円、存分に旬の味を味わえる「おまかせコース」が12,000円と、数万超えが当たり前になりつつある東京の鮨業界では驚愕のコストパフォーマンス!

果たしてその内容とはどのようなものか? おまかせコースの一部を見せてもらった。

旬を味わうおつまみでまずは一献! お酒もすすむ「季節の4点盛り」

『上野 榮』では定番のおつまみ「季節の4点盛り」(写真上)からスタート。

箱型の器に盛り付けられているのは、右上から時計回りに、「富山県産の甘えび 塩麴漬け」、「天草産するめいかの塩辛のルイベ」、「平塚産真蛸の小豆煮」、「自家製クリームチーズの西京味噌漬け」の4品。

内容は季節や仕入れごとに変わり、その時の旬の味を少しずつ楽しめる構成になっている。

食材そのものの味を生かしながら、例えば甘えび(写真上・左)は塩麴を合わせてまろやかな塩味を、するめいか(同・右)は3日干したものを塩辛にし、さらに冷凍にかけてルイベ(魚介を凍ったままで味わう、北海道の郷土料理)にするなど、手間と時間をかけ、味に深みと食感を加えている。

真蛸(写真上・左)は、小豆の素朴な風味を加えながらやわらかく炊き、クリームチーズ(同・右)は味噌漬けにしてから表面を炙る。

ひと工夫ある味わいが実に楽しく、一品ずつ、あれもこれもとつまんでいるうちに思わず、お酒も進んでしまう。

大きなどんぶりで楽しめる! 白魚と楽しむシンプルな茶碗蒸し

次の料理は、なにやら大きな丼ぶりが登場! ちょっとした丼メニューに使われるような大きさの丼ぶりを開けると、ほのかに透き通った白魚が。

こちらは「白魚(しらうお)の茶碗蒸し」(写真上)。取材時(3月)に旬を迎えていた、富山県産の白魚を使っている。

食べごたえのある茶碗蒸しの中身は、ゆり根や銀杏などをシンプルに。白魚のほろ苦さと茶碗蒸しの地のだしと卵のうまみ、白魚にさっと塗られたかば焼きのタレの甘みと散らした山椒の風味が、これまた抜群の組み合わせ!

食べ進めていると、だんだんと白魚の身に熱が入っていき、味や食感の変化が楽しめるのもうれしい。

スラっとした美しい握り! まずは塩釜の中トロを

握りは「中トロ」(写真上)。同店では、豊洲市場で厳選したネタだけを仕入れているそうだ。

今回使っているマグロは、名産地・宮城県塩釜産のもの。

シャリは赤酢をベースに、酸味・塩味・まろやかさのバランスがよく、スッとした細めのシルエットも食べやすくとてもいい。

塗られた煮切りはうまみがあるタイプで、だしと昆布、鰹、醤油を合わせて作っているそう。

すっきりとしたシャリとほどよいコクのあるマグロとの相性も抜群で、何貫でも食べられそうな味わいだ。

大トロは、炙って塩でいただく

握りの主役とも言える大トロは、まずは細かく何筋も包丁を入れる。その表面を炙って岩塩をちらせば、「大トロ」の握りとなる。

さて、その味はというと、岩塩と組み合わさることで身の甘みが引き立ち、炙った効果か大トロらしい脂のコクもすっきり引き締まる。脂がしっかりのっているにもかかわらず、なんとも爽やかなあと味だ。

大将は利き酒師の有資格者! ぜひ料理に合わせたおすすめを楽しんで

すっきりと飲みやすく、料理に合う日本酒を揃えているという『上野 榮』だが、実は遠藤さんは利き酒師の資格を持っている。その日の気分やネタに合わせ、ぜひおすすめを伺ってみよう。

▲色とりどりのおちょこも気分に合わせて使いたい

コストパフォーマンスという言葉以上の味に出逢える『上野 榮』。16時から24時までという営業時間も、立地のよさも頼もしい。

仕事仲間や家族とも訪れやすい、気さくな雰囲気も魅力的。鮨好きはもちろん、鮨初心者にもぜひ訪れてほしい一軒だ。


【メニュー】
▼コース
おためしコース 9,000円
おまかせコース 12,000円~

▼ドリンク 
日本酒 一合 1,500円~
他、焼酎、ビール、ソフトドリンクなどあり
※本記事に掲載された情報は、掲載日時点のものです。また、価格はすべて税・サ別です

上野 榮~さかえ~

住所
東京都台東区上野4-4-5 12F
電話番号
050-3463-1331
(お問合わせの際はぐるなびを見たというとスムーズです。)
営業時間
16:00~24:00
25日(月)より通常営業時間に戻ります。
皆様のご来店心よりお待ちしております。
定休日
日曜日
第2水曜日、第4水曜日
ぐるなび
http://r.gnavi.co.jp/1fbg00zt0000/

上記は取材時点での情報です。現在は異なる場合があります。