【連載】東京・最先端のワインのはなし

ヴァンナチュール。自然派ワインとも訳されるこのワインは、これまでのスノッブな価値観にとらわれない、体が美味しいと喜ぶワイン。そんなワインを最先端の11人が紹介する。

2015年09月14日
カテゴリ
賢人コラム
  • ワイン
  • 日本橋
  • 連載
【連載】東京・最先端のワインのはなし
Summary
・トップバッターは日本橋蛎殻町から
・41歳の天才醸造家
・フランス・サヴォワ地方のオレンジワイン

Jean-Yves Péron les Barrieux2011(ジャン=イヴ・ペロン レ・バリュー)

東京の最先端ワインといえる、ナチュラルワイン(ヴァンナチュール、自然派ワイン)を紹介してくれるトップバッターは、日本橋・蛎殻町「ラ・ピヨッシュ」店主・林真也さん。
彼が紹介してくれるのは、自身もフランス時代にワイン造りに携わった若き天才醸造家、ジャン=イヴ・ペロンだ。

<林さん>
好きなワイン、好きなもの、はいつでも飲みたい。だから、今日飲みたいもの、と訊かれても答えはそうそう変わるものじゃない。
特別な時にでもなく、当たり前にグラスに注いであってしかるべきもの。
自分が働いて、自分が植えたぶどうが入っているというのも大きい。

しかし、そんなことを抜きにしてもこのワインは旨い。
味は、黒ブドウで赤ワインを造るように、果皮も一緒に少し漬け込んでいる分、果実味に厚みがある。
サヴォワの地品種・ジャケールでは普段感じられないアロマ、例えばカリン、マンゴーなどのトロピカルさがあるし、白茶などの半発酵茶のような、ふんわり、少し華やかな感じもする。
同じように果皮を漬け込みイタリアのワインに比べると、軽やかでミネラルや酸があるのが特徴だ。
決して重くなく、飲み心地がいい。
何より、添加物が入っていないので体への入り方が違うのを感じてもらえるはずだ。

ジャン=イヴ・ペロンは、今年41歳。
ティエリー・アルマンやジェラール・シュレール、レオン・バラルで修業の後、ニュージーランドやジュランソンを経て、2004年に独立した人物だ。

このレ・バリューは、品種は年によって違うが、ほぼルーサンヌと少しジャケールが入っている。
2週間ほど醸して(=マセラシオン。果皮とともに果汁を漬ける)あるので、多少オレンジがかった色調。
年によるが10~30hl/haと収穫量が少ないのでエキスが詰まっている感じ。


「オレンジ色の旨いやつ」。生産量が少ないため、林さんの店「ラ・ピヨッシュ」など限られた店舗にしかないが、機会があれば飲むべき一本だ。

関連記事

フレンチ仕立ての絶品「餃子」に騎士団オフィシエも唸った、最強のマリアージュを仕掛けた一軒!

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯5:「餃子」と「シャンパーニュ」のマリアージュ

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
「ワイン」選びに迷ったら?ワインナビゲーターが死ぬまでに飲んでおきたい、コスパ抜群な「新世界ワイン」

みんな大好き「お酒」だけれど、もっと大人の飲み方をしたいあなた。文化や知識や選び方を知れば、お酒は一層おいしくなります。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエによる「お酒の向こう側の物語」 ♯4:アルゼンチン・メンドーサのオススメ「ワイン」

岩瀬大二
ワインナビゲーター/酒旅ライター/MC
「いなり寿司」は関東と関西で形が違う!?「初午」(はつうま)の2/7にこそ知るべき、いなり寿司の由来

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
なぜ節分に「恵方巻き」を食べるのか? 全国に広まった理由は? 恵方巻きのルーツとおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰
全国200以上の蔵を訪問した、唎き酒師・女子アナがこっそり通う、ヒミツの日本酒酒場『サケストーリー』

唎酒師、一級フードアナリストの資格をもち、大の日本酒好きとして各メディアで活躍中のフリーアナウンサー・あおい有紀が、選りすぐりの和酒のお店を訪れ、お店とお酒、人の魅力に迫る! #1:『SAKE STORY』

あおい有紀
フリーアナウンサー/一級フードアナリスト/酒サムライ/唎酒師/焼酎唎酒師