京都観光で行きたいおすすめ「スイーツ」店3選! 有名ショコラトリーの新店からクリームパン専門店まで

2019年01月02日
カテゴリ
レストラン・ショップ
  • カフェ・パン・スイーツ
  • まとめ
  • スイーツ
  • 京都
京都観光で行きたいおすすめ「スイーツ」店3選! 有名ショコラトリーの新店からクリームパン専門店まで
Summary
1.有名洋菓子店のシェフや海外の有名店が手がけるチョコレートショップ
2.お土産にピッタリの品が揃う! アメリカ生まれの『ダンデライオン・チョコレート』
3.老舗ハチミツ店が作るこだわりのクリームパンは、こだわりカスタードが決め手!

いま京都で行きたいスイーツ店3選!

国内外からの観光地として人気を博し、この土地ならではの有名お菓子も多数存在する京都。昔からある馴染みのお菓子だけではなく、続々と新しいスイーツが誕生し、話題を呼んでいる。

今回は、有名ショコラティエが手がける関西初の店舗や、老舗ハチミツ店のこだわりクリームパンなど、いま京都で食べたいスイーツを厳選して紹介する。

京都観光のお土産や食べ歩き、“おもたせ”に利用したい店が勢揃いだ。

チョコレートのスペシャリストが手がけるガトー&ショコラにハマる!『ショコラトリーヒサシ』

2018年4月京都・東山にオープンした『Chocolaterie HISASHI(ショコラトリー ヒサシ)』は、関西の有名洋菓子ブランド『クラブハリエ』に在籍し、チョコレートのスペシャリストとして数々の賞を受賞した小野林範(ひさし)さんがオーナーシェフを務める店。

ピスタチオムースにアプリコットやブラッドオレンジのフィリングが入った「ガチャP」など、さまざまな食材が複雑なおいしさを生むガトーが魅力。

ケーキは2週間に1回ラインナップが変わっていくので、訪れるたびに出逢いがあるはずだ。また、全18種類の中から選べる「ボンボンショコラ」も見逃せない。

【店舗情報】
Chocolaterie HISASHI
住所:〒605-0033 京都府京都市東山区夷町166-16
電話番号:075-744-0310

>>>この店を特集している記事を読む

アメリカ生まれの『ダンデライオン・チョコレート』、関西1号店はギフトが充実

2010年にアメリカ・サンフランシスコで誕生し、「Bean to Bar」ブームの火付け役となった『ダンデライオン・チョコレート』が関西に初出店。 2018年4月に京都・東山一念坂に新店をオープンした。

同ブランド初のギフトショップとなる同店は、看板商品のチョコレートバーをはじめ、寒い日に嬉しいホットチョコレートミックスなども販売している。

ギフトスペースに隣接するカフェでは、この店のみのオリジナルドリンク「マイコホットチョコレート」をぜひ注文しよう。

また『ダンデライオン・チョコレート』での世界初の試み「CACAO BAR」で、カカオを使ったスイーツとアルコールのペアリングも楽しめる。自分へのご褒美やお土産に、幅広く活用できるチョコレート店だ。

【店舗情報】
ダンデライオン・チョコレート 京都東山一念坂店
住所:〒605-0826 京都府京都市東山区桝屋町363-6
電話番号:075-531-5292

>>>この店を特集している記事を読む

三条通りに誕生した『キンイロ』が作る、ハチミツ専門店のこだわりクリームパン

三条通りにあるハチミツ専門店『ミールミィ 三条本店』の一角にオープンした『クリームパン専門店 キンイロ 三条店』。

こだわりのハチミツを生かした、金色のクリームパン「kin・iro」(写真下・左)と真っ黒なクリームパン「kuro・iro」(同・右)の2種のみを販売している。

「kin・iro」は、カナダ産ブルーベリーハチミツを使用し特製カスタードが詰まっており、クリームの滑らかな口あたりと、ハチミツの濃厚な甘み・コクが魅力だ。

1日限定50個の「kuro・iro」は、コーヒーハチミツのカスタードと大分産「蘭王卵」を使ったスペシャルカスタードで、”苦み、甘み、コクの相乗効果”が楽しめる。
街歩きや手土産として早くも人気の兆しが出ており、今後の成長が楽しみなショップだ。

【店舗情報】
クリームパン専門店 キンイロ 三条店
住所:〒604-8083 京都市中京区三条通富小路西入中之町21(富小路通り沿い)
電話番号:075-221-7739

>>>この店を特集している記事を読む

関連記事

今行きたい「鮨店」はこの5軒! 話題の新店から予約の絶えない超人気店まで、注目の「鮨店」まとめ
今行きたい「鮨店」はこの5軒! 話題の新店から予約の絶えない超人気店まで、注目の「鮨店」まとめ

1.人気店出身の店から日本初上陸のアメリカ発店舗まで、今食べておきたい東京の鮨店を厳選 2.妙技が光る逸品ぞろい! 鮨・肴、見事な接客がファンを捉えて離さない 3.“鮨と肴を交互に”“握りだけ30貫以上”など、各店独自の提供スタイルで人々を魅了

dressing編集部

「だし巻き玉子」と「厚焼き玉子」の違いって? お弁当にピッタリのおいしい「玉子焼き」の作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰