カレーマニア感涙のおいしさ! 都内でもぶっちぎりにうまい「インドカレー」専門店まとめ

2017年06月18日
カテゴリ
トレンド
  • まとめ
  • カレー
  • エスニック
  • 東京
カレーマニア感涙のおいしさ! 都内でもぶっちぎりにうまい「インドカレー」専門店まとめ
Summary
1.カレーマニア感涙のうまさ! 水道橋の『桃の実』2号店のマトンカレー
2.伝説の店『たんどーる』が初台で復活! ますます昇華した実力の味とは
3.三軒茶屋の『シバカリーワラ』は、本場インド仕込みの味と日本食材が絶妙マッチ!

欧風カレーからスープカレー、牛丼チェーンのカレーまで、カレーとひと口に言ってもそのスタイルは実にさまざま。とはいえ、やはりルーツといえるインドカレーは、カレーマニアにとっては別格の存在ではないだろうか。スパイス香るインドな空間で、本格自家製マサラやチャイと合わせてカレーをほおばるひと時は、暑い季節こそ格別! 今回は、マニアなら押さえておきたいインドカレー店を3店ご紹介しよう。

1. 『カレー&オリエンタルバル 桃の実』が放つ、ガツンとスパイス香るインドカレー

独創的なスパイス料理で知られる『桃の実』から新しく誕生した『カレー&オリエンタルバル 桃の実』は、とことんカレーにこだわり、南インドの味をベースにチキン・キーマ・マトンの3種類を提供。

一番人気はマトン。初めはクローブやブラックペッパー、2種のカルダモンなどの鋭い風味が体を貫き、その後マトンの濃く骨太なうまみがいつまでも続く。

ディナータイムではカレー以外のスパイス料理も登場する。「牛ハチノスの八丁味噌マサラ煮込み」は、八丁味噌×マサラのユニークながらも抜群の相性にワインが進む。

緑と水に溢れる南インド・ケーララ州の有名ホテルでカレー作りの基礎を学んだシェフによる渾身の味に、魅了されること間違いなし。

>>>詳しい記事はこちら

2. 感動の復活! ファンを魅了してやまない、和印コラボの斬新インドカレー『たんどーる』

『アジャンタ』や『天竺や』など数々の名店で修業を積み、東京・沼袋で『新・印度料理 たんどーる』を10年手掛けた店主が、病から復活を遂げて2016年に初台で再オープンした。

本格インド料理に、梅や昆布、ひじきなどの和素材を重ねる独特の手法は健在。

水・木・金のみの営業で供される週替わりカレーは「カボチャと豆のカレー 焼きミニトマトのせ」「鶏ひき肉とナンコツのキーマカレー」など。スパイスと食材の調和に、シソやミョウガなどのオリジナルの和テイストが光る逸品ばかりだ。

>>>詳しい記事はこちら

3. 行列必至のカレー専門店『シバカリーワラ』の味は、アジアを旅して新しい味を求めるオーナーの熱意から

昼も夜も行列が絶えない三軒茶屋のカレー専門店『シバカリーワラ』。移動屋台カレー店としてスタートし、2013年に現在の地に店舗を開いた人気店だが、その秘訣は自らインドを旅してカレーを食べ歩いたオーナーが繰り出すオリジナルの味だ。

メニューは日替わりで4種類~5種類のカレーが並ぶ。インドでは食べられない魚介類を使った「あさりとホタルイカのマルバーリ」など、日本だからこそ味わえるオリジナルのインドカレーが楽しめる。

ディナータイムに味わえるタンドール料理やパクチー料理も見逃せない。

>>>詳しい記事はこちら

関連記事

じっくり焼き上げた「塩麹ローストポーク」が絶品! 発酵食を活かす「隠れ家レストラン」がすごすぎた
じっくり焼き上げた「塩麹ローストポーク」が絶品! 発酵食を活かす「隠れ家レストラン」がすごすぎた

1.東京・狛江で創業116年の老舗酒店『籠屋 秋元商店』がレストランをオープン 2.料理のテーマは”発酵”。麹や酒粕を使ったヘルシーかつ満足感のあるメニューがそろう 3.クラフトブルワリー併設。料理と共にオリジナルのクラフトビールを堪能しよう

中村結
ライター
『bills 横浜赤レンガ倉庫』に春色パンケーキが登場!海外で話題の”マイクログリーン”をトッピング
『bills 横浜赤レンガ倉庫』に春色パンケーキが登場!海外で話題の”マイクログリーン”をトッピング

1.『bills 横浜赤レンガ倉庫』でしか食べられない「ベリーベリーパンケーキ」が、3月末まで期間限定レシピで登場! 2.ストロベリーを主役にした、まるでイチゴ畑のような見た目に大変身 3.トッピングに使用した「ムラメ」は、海外で”マイクログリーン”と呼ばれる人気の食材

dressing編集部