いい店にめぐり逢うために知っておきたいこと

【店づきあいの倫理学】店は生きものであり「おいしさ」や「楽しさ」は数値化できない。だから顔の見えない他者からの情報「評価」を比較して店や食べるメニューを決めたりすることは無効だ。その店だけの「固有の身体感覚」のようなものがあり、その場その時の「代替不可能な店側/客側のコミュニケーション」が、その店の真価を決定づけている。「店と客の関係性」をもとに「よりおいしく食べるための店づきあい」の方法とは?

2016年05月30日
カテゴリ
コラム
  • 食文化
  • プレミアム記事
  • 京都
  • 連載
いい店にめぐり逢うために知っておきたいこと
Summary
1.フランスの哲学者・サルトルと店の関係?
2.本当の「口コミ」
3.リアルなネットワーク作りが生む「おいしい」への近道

「一見さんの店」と「情報リテラシー」の関係

新しくオープンした店でも古くからある店でも、本来、飲食店というものは「一見では入りにくい」ものだ。
とくにレストランや割烹料亭、鮨屋など、「値が張りそうな」店は、行って料理そのものや雰囲気が自分に合わなかった場合、相当なダメージが残る。

はっきり言うと「うまいもん屋」だと判断して(思い込んでいて)入った店の料理が、まずくって高かったりした場合などは、誰にどう怒っていいのかココロのやり場すらなくなる。

事実、そんな店が多い。やっぱり知らん店は行かないに限るな。
いや待てよ、人というものはもともと店など知らん状態で世に放り出された存在なのだ。
などと、サルトルは言ってなかったか? というような不条理に見舞われるのだ。

だからこそグルメ誌やタウンガイド、ネット検索があるという「情報収集」に行ってしまいがちだが、ちょっと待ってほしい。
「店の入口」という場合を考えると、「情報リテラシー」は半分当たっているようで当たっていない。

「知らない店」に行く場合は、一番確かなのはやはり「口コミ」だ。
その口コミは「食べログ」のそれではない。
「知っている人」からの情報だ。「知っている」というのは、自分と具体的な顔と顔の関係があり、また店との確かな関係があるという、ダブルの「知っている人」のことである。
一番良いのは「知っている」先輩や友人に、知らない店に「連れて行ってもらう」ことだ。

この記事にはまだ続きがあります

今すぐ続きを読む

プレミアム記事をすべて読むには、ぐるなびプレミアム会員登録が必要です

関連記事

店から「人間として小さい」と思われる客にならないための「客力」の鍛え方
店から「人間として小さい」と思われる客にならないための「客力」の鍛え方

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

【京都のホントの遊び方】カネのことばかりを考えて遊んでいる限り、祇園や先斗町への道のりは遙かに遠い
【京都のホントの遊び方】カネのことばかりを考えて遊んでいる限り、祇園や先斗町への道のりは遙かに遠い

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

【寿司好きは知っておくべき名店】大阪を代表する寿司「バッテラ」発祥の店が30年ぶりの復活
【寿司好きは知っておくべき名店】大阪を代表する寿司「バッテラ」発祥の店が30年ぶりの復活

【連載】正しい店とのつきあい方。  店や街とのつきあい方がわからない人が増えている。初めてなのに常連と同じように扱われないと怒る人や金さえ払えば何でもしてくれると思う人。お客様は神様、などではない。客としてのあり方を街と店に深い考察を持つ江弘毅氏が語る。

なぜ正月に「雑煮」を食べるのか? 日本人なら知っておきたい、雑煮のルーツと江戸雑煮のおいしい作り方

日本古来の伝統食は、日本の気候や風土、歴史によって長年育まれてきた大切な食文化です。中でも、暮らしの節目節目にくり返される「行事食」には、日本人のスピリットが凝縮されています。本連載は、日本の伝統食、行事食にスポットを当て、知っておきたい基本知識について、日本料理研究家の柳原尚之さんにお話しいただき、さらに覚えておけば日々の食ライフがランクアップする、日本料理の基本レシピも随時紹介!

柳原尚之
江戸懐石近茶流嗣家(きんさりゅうしか)/「柳原料理教室」副主宰